北陸に国鉄と昭和を見た

久しぶりに一泊二日ですが北陸に出掛けました。
東京駅10:24発のかがやき509号で金沢駅まで。
初めて北陸新幹線に乗車しましたが、昔の移動からすると嘘のようです。

金沢駅から北陸本線で粟津駅へ。
懐かしい感じがする幹線の中駅といった感じ。
こういう駅の記憶が、製作している模型の駅のイメージの元になっているかもしれません。

20170402_161451.jpg




粟津駅から歩いてすぐの粟津公園の「いしかわ子ども交流センター」が目的地です。
この公園の中に廃線となった尾小屋鉄道の車両が動態保存されています。
「なかよし鉄道」という名称で「じどうかいかんまえ」と「なかよしの森」の間の
数百メートルですが、尾小屋鉄道のキハ1に乗車できます。
土休日は2回運転があるので、午後の15:30の回に乗車しました。

20170402_144450.jpg

発車の5分前になると車庫からキハ1が出てきます。
ホームに車両が入ると改札口を職員の方が開けて乗車開始です。
距離は短いのですが、軽便鉄道の気動車に乗車することが出来ます。

17553690_1817766038543092_4715626932077293975_n.jpg
17553924_1817766258543070_8797161082555877905_n.jpg


市の職員と思われる女性の方が運転し、やはり職員の方がアナウンスします。
児童公園の施設なので、アナウンスも「森に隠れている動物を探そう」といった内容です。
想像以上のエンジンの騒音と震動を感じながらの数百メーターの移動でした。

到着し、乗客が降車した後にお願いして写真を撮らせてもらいました。
ところどころ手を加えられていますが、現役当時の雰囲気が伝わってきます。

17635430_1817765865209776_6340770057298364066_o.jpg
17629708_1817766148543081_9212873122795093967_n_20170404211808a2c.jpg
20170402_154225.jpg


写真を撮っていたりしていたのが自分だけだったので目立っていたのか、
市の職員の方が話しかけてきてくれました。
これから先ですが、5月のこどもの日と8月の最終日曜日に
機関車と客車を出しての運転を予定しているそうです。
是非とも行きたいところです。
鉄道会社ではなく、自治体が運営していて、車両や線路の維持も
大変かと思いますが、末永く動態保存を維持してほしいところです。


このあと、粟津温泉に行く予定でしたが、子供の着替えが入ったバックを金沢駅から
小松駅まで乗車した「しらさぎ」の車内に忘れるという大失態をしてしまいました。
子供の着替えと妻も楽しみにしていた焼き鳥の名門「秋吉」に寄るべく、
野々市駅まで移動しました。
野々市駅で下車し、大型量販店で子供の着替えを購入し、「秋吉」へ。
「秋吉」、どこも人気店なのか、ここもしばらく待ちましたが、
念願の「秋吉」の焼き鳥を食べることが出来ました。

17757294_1817766341876395_2186989696226832729_n.jpg
17757446_1817766498543046_6892156962207119107_n.jpg

野々市駅に戻り、その日は兼六園近くのホテルに宿泊しました。

翌日

金沢駅から富山駅まで普通列車で移動。
西高岡駅近くの「国民の国鉄」の看板も薄くなりましたが、健在。

17760980_1818195405166822_792982570973512909_o.jpg


列車は富山行ですが、あえて高岡駅で下車。
高岡駅始発の413系の普通列車に乗り換え。
ちょうど城端線も到着し、国鉄型の車両が揃いました。
「あいの風とやま鉄道」の駅ですが、こう見るとJR時代と全く変わりません。
むしろJRより国鉄の雰囲気を味わえる駅です。

わずかな時間ですが、高岡駅から富山駅まで国鉄型の車両の短い旅。
IMG_0329.jpg

20170403_092805.jpg

17795949_1818229435163419_2770610717819170531_n.jpg


富山駅につ着いてからは「富山ブラック」を食べに駅近くの店に。
この店の特色でしょうか、色は黒いのですが思ったより辛くありません。
「富山ブラック」を食べた後は富山地方鉄道で新黒部駅へ。

17796275_1818195551833474_3155634757752119455_n.jpg


子供からのリクエストで「ダブルデッカーエキスプレス」に乗車。
2号車の二階建て車両は指定席で、特急料金の他に220円の指定席
料金が必要です。事前に電話で予約しました。

17522539_1818196348500061_831891627012944947_n.jpg


電鉄富山駅で乗車券、特急券、指定券を発見している間に普通列車が到着。
もそあつさまのブログ、「もそっと撮り鐵」で見た車両が。
運よく、最古参の車両を見ることが出来ました。


540048_1818196605166702_428197617543562095_n.jpg
IMG_0334.jpg


「ダブルデッカーエキスプレス」の発車時間が近づいたころに改札が開始。
ホームに入ることが出来ました。
指定席の2号車に乗車しましたが、座席の向きが固定されているので、
上市駅までむしろ向きのまま進みます。
ちなみに,、平日とあってか指定席の乗車は我が家の4名のみでした。
貸切にできたと思えば非常に安いものです。

17759949_1818196111833418_3149044726317199824_n.jpg
17760001_1818196191833410_6369698944771386593_n.jpg


新黒部駅で下車した後は、隣接している「黒部宇奈月温泉駅」へ移動して
北陸新幹線に乗車しました。

今回、北陸への一泊二日の旅でしたが、
国鉄と昭和の雰囲気を味わうことが出来ました。









スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

コメントをくださった方へ。

コメントいただき、ありがとうございます。
家族を連れての鉄道旅行、私は尾小屋鉄道の車両、子供たちは粟津公園、息子はダブルデッカーエキスプレス、妻は秋吉と富山ブラックとそれぞれの目的があるので、今回の北陸への旅行を決めました。
尾小屋鉄道、もう一ヶ所保存されている所がありますが、今回は公開日ではないので、行けませんでした。そちらには遠州鉄道から来た車両もあるそうです。富山地方鉄道、まだまだ見たいところがありましたが、今回は新黒部までの移動だけでした。富山地方鉄道、じっくりと見たいこところですね。

No title

おじゃまします。
北陸は運賃を別にすれば本当に近くなりました。
食も、そして鉄道趣味的にも魅力的な地域だと思います。
地鉄最古参、ラッキーでしたね。
塗装もかたちも、良い感じのまとまり感がたまらんです。
次に好きなのがダブルデッカーです。3両でもやっぱりカッコいい。
この塗装は本当に風景に映えます。

魅惑の北陸エリア

もそあつさま、コメントありがとうございます。
富山地方鉄道yの14720系、まったくの予想外でした。
ダブルデッカーエキスプレスの改札を待っていたら到着しました。
もそあつさまの記事で見たことのある車両と思い、ブログで確認させていただきました。
いわゆる湘南顔と呼ばれる前面の好ましいスタイルですね。
たまたま駅で撮れましたが、もそあつさまのように沿線で撮りたくなりました。
ダブルデッカーエキスプレスの昔の京阪電鉄の色も落ち着いていて良い感じですね。
金銭的なこともありますが、北陸新幹線の開通で以前より行きやすくなった感じがします。
古い駅舎も多く残っているので、富山地方鉄道はまた訪れたいと思います。
プロフィール

キネ

Author:キネ
房総から昭和を求めてへようこそ!






国鉄標準型時計


リンクを貼っていただく際にはご一報願います。

関係のない、悪意あるコメントは削除します。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

なんとなく鉄道びより。

房総横断鉄道の夢に乗る

もそっと撮り鐵
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR