FC2ブログ

客車列車と秘境駅

9月13日に大井川鉄道で運転された「大井川納涼ビール列車」に乗車してきました。

乗車の前に、前から行きたかった「尾盛駅」に行ってきました。

金谷駅9:01分発の千頭行の普通電車で千頭駅へ。
個人的には残念な元東急の電車でした。

千頭駅からは5分ほどの乗り換えの井川線の列車で尾盛駅へ。
平日にも関わらずそれなりの乗車率でした。

川根両国からは先は初めての乗車です。
山間を縫っていて景色はいいのですが、もし何かあったらと思うと
少し心配になります。

71111844_2419505518369138_1394556742636929024_o.jpg

千頭駅から1時間ほどで念願の「尾盛駅」に到着です。
井川線はそれなりの乗車率だったので、ほかにも降りる人が
いるのかと少し心配しましたが、降りたのは自分だけでした。
せっかくの秘境駅、できれば一人で秘境感を味わいたいので。
それもあって平日に来ました。


70651202_2419503575035999_4302748642868985856_o.jpg

ネットで見たとおりの秘境駅でした。
ホームと呼べないような乗降場や道すらない駅周辺など。
あえて狸の置物が写らないように撮ってみました。

70356946_2419503428369347_1320850568352104448_o.jpg
70091020_2419503258369364_1157126470863159296_o.jpg

唯一の建物の保線詰所は、万が一、クマが出た時の避難場所として
立ち入れるようになっており、駅ノートとレインコートが置いてありました。

70589680_2419505665035790_6376263114261790720_o.jpg

列車の本数が多いとは言えませんが、上下列車の組み合わせでは
滞在時間も短くてすむ場合もあります。
自分も20分ほどの時間で、尾盛駅を後にしました。
行ってみて、写真を撮ったりしましたが、20分では短すぎました。

70534540_2419506131702410_3492879082570383360_o.jpg

尾盛駅、行くまでが遠くて大変でしたが、念願かなって到着できました。
ただ、列車が来なかったらと思ったらゾッとしました。
(一応、ライトやマッチ類、水と食料は持っていきましたが)

上り列車で千頭駅を目指します。
帰りに乗った車両は自分以外の誰もいませんでした。
記念に車掌さんから、車内補充券を購入しました。
ちなみに、金谷駅から尾盛駅までの往復で、一日フリー切符(大井川周遊きっぷ)の
元が取れます。

70018051_2419513155035041_7328575509745369088_o.jpg

千頭駅からはビール列車の始発駅の新金谷駅までSL急行に乗車します。



少し、昔に乗車した山陰本線をイメージした写真を貼ります。

空いているローカル列車の車内。

IMG_20190913_143449.jpg

当時の切符と変わらないデザインの缶コーヒー。

70477011_2419874511665572_6415438498811084800_o.jpg


下夜久野~上夜久野間のイメージ

70981422_2420437434942613_7078738846979981312_o.jpg

終点間際で誰も乗っていない車内。

IMG_20190913_150132.jpg

終点に着いた列車。

IMG_20190913_204434.jpg

そして本番の大井川鉄道のビール列車「大井川納涼ビール列車」です。
新金谷駅を18時に出発し、千頭駅まで2時間以上かけて往復してきます。
乗車できる車両も「旧客」、「お座敷」、「展望車」と別れていますが、
迷わず「旧客」にしました。

空いている、夜の旧型客車のイメージを体験したくて、
空いている日を選びました。

ちなみに当日、旧型客車に乗車していたのは自分を含めて4組でした。

70201038_2420605938259096_3136627900602646528_n.jpg


ビールも飲み放題で、おつまみもついていました。

69921414_2420606141592409_8735161867367874560_o (1)

そして、何より良かったのが、照明が白熱灯の車両だったこと。
あえてこの車両を指定しているのでしょうか。
薄暗い車内は昭和30年代の客車列車のイメージです。

70333257_2419874651665558_6789252596621115392_o.jpg

ビール列車は20時40分頃に新金谷駅に到着します。
そして、接続列車がすぐに発車します。

昨日は藤枝市に宿泊し、今日は東海道線を乗り継いて帰宅しました。
普通電車だけだと結構距離もあるので、途中、「特急踊り子」号に乗車しました。
もう先が見えている国鉄特急型に乗車するので、切符もこだわってみました。
乗車券は写真のものの他に実際に使用するもの(三島田町から)を別購入しています。

70378946_2420606688259021_4909495713542438912_o (1)


長くなりましたが、大井川鉄道を満喫した一日でした。
客車の維持も大変ですが、一日も長く活躍してほしいものです。





スポンサーサイト



テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

久我原駅

8月の終わりでしたが、TV番組で秘境駅に滞在するコーナーを見て気になったのか、
子供が「久我原駅」に行きたいと言い出したので行ってきました。

自宅からクルマで40分ほどで「久我原駅」に到着しました。
途中、いすみ鉄道の撮影地の近くを通りましたが、撮影者を多く見ました。
国道から脇道に入ったところに「久我原駅」があります。


IMG_20190831_133658_201909081138537c6.jpg


意外にも久我原駅には数人、先客がいました。
先にいた方と話をしましたが、「今日はキハ52だけで動くんですよ!」と
言われて、今日(8月31日)がキハ52が単行で動くことを思い出しました。
6月に撮って以来、すっかり忘れていました。
撮影者が多かったわけです。

カメラを持ってきていなかったので、タブレットで数枚撮影しました。

IMG_20190831_132853_2019090811392068f.jpg
IMG_20190831_132939_201909081139343f8.jpg


キハ52の単行は忘れていましたが、キハの時間に合わせてきたので
しばらくしてキハ52の普通列車が。

IMG_20190831_133255_201909081140056bb.jpg


1人乗車し、1人降車しました。
乗車したのは先にいた撮影者ですが、降車したのは地元の方のようです。
数年前にテレビで紹介した際には高校生が一人だけ定期的に利用していたようですが、
たまに地元の方も利用しているようです。

昔見たことのある図鑑の1ページを思い出しました。

IMG_20190831_133320_201909081140358da.jpg



秘境駅にはやはり古い気動車が似合います。
もし休日に訪れる際にはキハの時間に合わせるのをお勧めします。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

キハの旅人

Author:キハの旅人
房総から昭和を求めてへようこそ!







現在の閲覧者数:


リンクを貼っていただく際にはご一報願います。

関係のない、悪意あるコメントは削除します。

写真の転用はお断りいたします。
無断使用禁止

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

なんとなく鉄道びより。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR