気がつくと消えているもの

最近、運動不足解消を目的に休日にウォーキングを始めました。
ウォーキングしながら、以前から気になっている古い建物を撮影しました。
すべて茂原市内です。

今回は茂原駅南口から、国道128号線を進みます。

まずは、茂原駅前の食堂を併設した旅館。
以前、「寅さんが泊まるような駅前旅館が無くなってきている」とある映画監督が
話していたのを思い出しました。
茂原駅周辺も新しい建物ばかりですが、昔ながらの駅前旅館として頑張っています。

20161129_121151.jpg

千代田町の交差点から木更津方向に国道128号線沿いに進みます。
茂原小学校近くの写真館。
数年前の「月9」ドラマのロケ地として使用されました。

20161129_121921.jpg

その後ろの信用金庫。
20161129_125926.jpg

128号線沿いを進みます。
一つ一つの説明はしませんが、茂原小学校から茂原交差点辺りまで
通り沿いに古い建物が点在しています。
クルマで出かけて、帰りにこの辺りを走ると「ほっ」とする好きな場所です。
残念なことにメガネ店の意後ろの建物は解体が始まっていました。


20161129_122902.jpg
20161129_122755.jpg
20161129_122921.jpg
20161129_123009.jpg

千葉銀行茂原支店の交差点を一歩入ると、すでに閉店していますが、
看板建築の商店が並んでいます。

20161129_125017.jpg

ここだけではありませんが、歩いていると蔵をいくつか見つけました。

20161129_125122.jpg

千葉銀行茂原支店から少し進んで裏通りに入ると、駄菓子屋さんが。
今では駄菓子屋さん自体が珍しくなったのかと思います。
戸が閉まって張り紙がしてあるので、閉店してしまったのかと思っていたら、
3時から開店するという張り紙でした。
このお店、1915年創業だそうです。
すでに営業開始から100年を超えています。

また営業時間に再訪したいと思います。

20161129_123213.jpg
20161129_123144.jpg

また看板建築の前を通って、茂原郵便局方向に向かいます。
近代的な市役所がなければ、
昭和40年代の地方都市のような雰囲気だと思います。
赤いのぼりが立っていますが、茂原で400年前から4,9のつく日に行われる
「六斉市」という農産物などの露店が出る市がこの辺りで開催されています。

20161129_124819.jpg
20161129_124713.jpg
20161129_124628.jpg
20161129_124850.jpg
20161129_124436.jpg

茂原駅周辺は新しい建物が多いのですが、少し離れたところには
まだまだ古い建物が点在しています。
今回、鉄道模型のジオラマ作成の際の参考としても建物を撮影してみました。
いつも見る風景も、気がつくと変わってしまっているかもしれません。
撮れるときにとるというのは列車と同じだと思います。


スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

11月の大雪

昨日から降雪予報が出ていましたが、7時過ぎから外は雪景色。
雪予報が出てもいつもは雨で終わるのですが、この地方では珍しく雪、
しかも今日は11月24日!!11月に降雪なんてありえません。

上総牛久駅前に停まっているバスですが、まるで雪国の路線のよう。
11月の千葉県とは思えません。

IMG_0085.jpg

慣れない雪道だと思いますが、バスはしっかり走ってくれました。

20161124_115647.jpg


列車は遅れて運転していました。

IMG_0080.jpg

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

乗ったことのない路線へ(2)

前の記事からの続きです。

草津駅近くのホテルに泊まった次の日、早朝の草津線からスタートします。
7時ちょっと前の貴生川行ですが、座席が埋まって立ち客が出るほどの乗車率です。
緑色になっていますが懐かしい113系。
とくにこの編成は大幅にリニューアルされていないので、
懐かしい雰囲気でいっぱいです。

IMG_0029.jpg

便所窓が懐かしい形だったので撮影しました。
ちなみにfacebookに載せたらけっこう反響がありました。

IMG_0030_201611201128242d9.jpg

113系が継ぎ目の短いレールをそれなりのスピードで飛ばします。
懐かしい乗り心地を堪能して30分ほどで貴生川駅に到着です。


IMG_0032.jpg

貴生川駅からは近江鉄道に乗車します。
狙いは赤電ですが、どこを走っているか不明なので最低区間の切符を購入して乗車します。
水口あたりまでは学生でいっぱいですが、水口を過ぎるとガラガラになってしまいます。

img015_2016112011295239b.jpg

途中の日野駅では列車交換のため10分ほど停車。
古い駅舎なので赤電が来てくれれば絵になりますが、来ませんでした。

IMG_0033_201611201131580f4.jpg
IMG_0035.jpg

結局、終点の八日市駅まで乗車しました。
八日市駅から乗り換えた米原行に赤電が充当されていました。
早起きして貴生川駅から乗って正解でした。
乗車は出来ましたが、撮影場所がなかなか見つかりません。
走行写真は諦めて以前から気になっていた鳥居本駅で降りることに。

IMG_0036.jpg

無人化されていますが洒落た古い駅舎がある駅です。
米原駅からの多賀大社行を狙いました。

IMG_0039.jpg
IMG_0045.jpg

構内踏切は電車が到着すると閉まりっぱなしなので、
撮影してからの乗車は出来ませんでした。
駅のすぐ後ろを新幹線が走っていますが、タイミングが合わず来ませんでした。

IMG_0051.jpg

その後の米原行で米原駅まで移動し、彦根駅まで戻り、再度赤電を狙います。
赤電は彦根駅止まりで入区しますが一旦米原方に引き上げて
側線に入ったのちに車庫に入りました。
赤電がいつ動くかわからないまま来ましたが、
まず効率は良かったとおもいます。


IMG_0057.jpg

彦根駅からはまた米原駅まで移動し、乗り換えて大垣駅を目指します。
大垣駅からは初めて養老鉄道に乗車します。

近鉄のリバイバルカラーの車両が運行されていて、2編成とも2両編成なので、
日中帯の大垣~揖斐間で運用されていることが多いようです。

大垣駅から乗った揖斐行は地元の銀行のラッピングがされた派手な列車でしたが、
途中の東赤坂駅でリバイバルカラーとすれ違いました。
乗車しながら撮影場所を探していましたが、近江鉄道同様に架線柱が両持ちなので、
なかなかいい場所がありません。
東赤坂駅の揖斐方が順光で撮れるので、リバイバルカラーが
再度大垣行になるのを待ちます。
幸い、東赤坂駅の目の前に喫茶店があったので時間をつぶすことが出来ました。

IMG_0062.jpg
IMG_0066.jpg
IMG_0067_2016112011442588d.jpg

大垣行となったリバイバルカラーを撮った後、大垣駅に向かいました。

IMG_0070.jpg

もう一編成のリバイバルカラーが気になったので西大垣駅まで移動しました。
リバイバルカラーは西大垣駅の脇に入区していました。
駅の周りは工場の敷地のようなので、大垣駅に戻る車内から撮影してみました。

IMG_0076.jpg

リバイバルカラーは撮れませんでしたが、西大垣駅自体が古い駅舎だったので、
来て良かったと思います。

IMG_0071.jpg
IMG_0073_20161120115925ad7.jpg

西大垣駅の窓口で硬券の入場券を購入することが出来ました。
近鉄の入場券にそっくりな様式です。

img016_2016112011584004b.jpg

大垣駅でも硬券の入場券を購入し、お土産に「みそせんべい」も購入しました。
この「みそせんべい」、ほんのりと味噌の香りがするおいしい煎餅でした。

20161116_211209.jpg


大垣駅からは新快速で名古屋まで移動し、新幹線で東京に向かいました。

今回、北条鉄道、草津線、近江鉄道(貴生川~彦根間)、養老鉄道と
初めて乗車ししてきました。
どの路線ものどかで魅力的な路線でした。
また再訪したくなりました。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

乗ったことのない路線へ(1)

携帯電話のポイントが貯まったので、ポイントを航空会社のポイントへ移行しました。
結果、羽田空港から関西空港までの片道航空券に充当することが出来ました。
かねてから行きたいところがあったので、11月15日の早朝の便で関西空港へ。

関西空港に着いからはすぐに関空快速に乗車し、大阪駅を目指しました。
たまたま途中の和泉府中で待ち合わせをしていた普通電車が103系だったので、
先回りして美章園で撮ることにしました。
あまり光線状態はよくありませんが、なんとか撮れました。

IMG_9932.jpg

その後、折り返しとなったその103系に堺市駅まで乗車し、折り返して天王寺駅から大阪駅へ。
大阪駅からは新快速で加古川駅へ。
加古川駅からは加古川線で粟生駅に向かいました。
粟生駅からは最初の目的である「北条鉄道」に乗車します。
北条鉄道に乗るのは初めてです。
時刻表どうり、加古川線からの接続を取るとすぐの発車です。

田園風景の中を進む北条鉄道にほっとしました。
とくに加古川線が1両で混雑していたので尚更です。

IMG_9939.jpg

まずは播磨下里駅で降りてみます。
こじんまりとした小さな木造駅舎が素敵な駅です。
クリスマスに向けてイルミネーションの準備をしていました。

IMG_9946.jpg
IMG_9944.jpg
IMG_9945.jpg



今度は粟生行の上り列車に乗車して法華口駅に向かいます。
法華口駅に着きましたが、駅にあるパン屋さんは臨時休業していました。
残念ですが、駅の雰囲気は素晴らしく、素敵なスタンプも設置されていました。
法華口駅ですが、かなり昔に買ったプラモデルの箱庭の駅に似ていると感じました。

IMG_9967.jpg
IMG_9955.jpg
IMG_9947.jpg

IMG_9962.jpg
IMG_9963.jpg
img010_2016111713181574c.jpg

それと、法華口駅に降りた理由の一つに鉄道模型雑誌「シーナリィ・ストラクチャーガイド」
に出ていたからです。
20年以上前に発刊された「シーナリィ・ストラクチャーガイド」の写真では荒廃したような
イメージでしたが、実際は秋の日差しもあってか、とてものどかな雰囲気でした。
法華口駅からは終点の北条町駅に向かいます。

IMG_9954.jpg


乗車した列車は時間帯のせいか学生で満席でした。
初めに乗った列車には4名ほどしか乗車していなかったので
正直、心配になりましたが、安心しました。
北条町駅では記念入場券を購入。北条鉄道には普通乗車券は存在しないので。

img007_20161117132101da1.jpg

北条鉄道、初めてきましたが、古い木造駅舎とのどかな沿線風景が
とても気に入りました。また来たくなりました。

北条町駅からは折り返しではなく、バスで播但線の砥堀駅へ。

IMG_9976.jpg

バスに乗車すること30分ほど、砥堀北というバス停から歩くこと4,5分で砥堀駅へ。
暗くなりましたが、下りにヘッドマーク付の列車がきました。
自分が乗る上りの播但線も夕方でしたが2両編成のワンマン列車。
かなり混雑していました。

IMG_0001_20161117132356518.jpg
IMG_0003.jpg


姫路駅に着いてからは新快速で大阪駅に向かいますが、その前に晩御飯。
知人から評判を聞いて以前から気になった「えきそば」を食べました。
うどんのつゆにラーメンのような麺が入っている変わった「そば」です。
賛否両論といったところでしょうか。

20161115_182153.jpg
20161115_181830.jpg
20161115_181807.jpg

姫路駅からは新快速電車に乗車。
草津にホテルをとっていましたが、そのまま草津に行かずに大阪駅で下車。
大阪駅でわざわざ降りたのは理由があります。
特急「びわこエクスプレス2号」に乗車するため。
この特急は特急はまかぜが向日町の車両基地に回送するのを利用しています。
全区間、電化区間を走る「気動車の通勤特急」です。
自由席2両、指定席1両が基本ですが、はまかぜ自体が増結していたので、
今日は自由席2両、指定席4両という編成です。

IMG_0015.jpg
IMG_0021.jpg
IMG_0023.jpg

割高感もあるのか指定席はガラガラでした。
定刻通り、大阪駅を発車した「びわこエクスプレス」は複々線を快走し、
50分ほどで草津に到着しました。

20161115_202707.jpg

草津到着後は上り方面に回送されていきました。
「びわこエクスプレス」を降りて草津駅からホテルに向かう途中に
気になる飲み屋さんがあったので立ち寄ってみました。
草津市、想像していたよりも大きな町でした。

20161115_221823.jpg
20161115_222442.jpg


次の日に続きますが、それはまた別の記事にします。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

さよなら「TRAIN CAFE」

千葉県八千代市にある「TRAIN CAFE」が12月で閉店するようです。
平成26年8月に訪れて記事にしていましたので、再掲します。
とても雰囲気の良いお店だったので非常に残念です。
以下は当時の記事。


昨日、都電の今昔といった内容の古本を購入しました。

そのなかで千葉県八千代市の都電の車両を利用したカフェを紹介していました。

さっそく八千代市の「TRAIN CAFE」に行ってきました。
京成電鉄勝田台駅からほど近い場所にありました。


IMG_7442.jpg

狭い階段を上がると、都電の車体を利用したTRAIN CAFEがあります。
塗りなおされていますが都電8000形です。
台車やビューゲルなどそのままです。
塗りなおされていなければ更にいいのですが…。

IMG_7438.jpg

店内は、バスの座席を使用した部分と元のロングシートを活かした部分があります。
狭いながらも、音楽がかかり落ち着いた雰囲気です。

IMG_7436.jpg

さっそくアイスカフェオレ(550円)を注文しました。
甘過ぎずおいしい。
本日のケーキ(チョコレート)も注文しましたが、子供にほとんど食べられてしまいました…。

IMG_7431.jpg

室内は大幅に改造されていますが、ところどころに都電の面影が。

IMG_7432.jpg
IMG_7433.jpg

そして方向幕も当時のままです。

IMG_7439.jpg

都電を利用したカフェということで利用しましたが、落ち着いた雰囲気と
ケーキなどの飲食物もおいしいのでまた利用したくなりました。

(写真撮影とブログ掲載はお店の方の許可を取りました。)

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

朱色の急行(いただいた写真から)

先日、いすみ鉄道のキハ52に四国で使用されていた急行のヘッドマークを
付けて運転したようです。

先輩から頂いた写真に朱色の気動車にヘッドマークを付けた写真があったのを
思い出して探してみました。
写真の裏側に書いてあったメモから
「601D 急行うわじま1号 キニ561 高松 S56,7,14」
といことから日時と車両が特定できました。

img003_20161110132306a06.jpg

また、急行ではありませんが、同じような荷物気動車の写真がありました。
やはりこちらもメモがありました。「 S56,7,15 高松」と書いてあります。
入換中か単行運転中かわかりません。

新しい建物がない周りの風景がいかにも「昭和の地方」といった風景です。
いまは地方に行っても新しい建物やコンビニなどがあってなかなか地方に来たというのを
感じることが減りました。

img004.jpg

2枚の写真を見ていたら、久しぶりにいすみ鉄道の朱色の気動車に
昭和を感じに行こうかと思いました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

第30回長生村産業まつり

本日、11月5日に第30回長生村産業まつりが開催されました。
すっかり忘れていましたが、知人の方のfacebooKの記事で気が付きました。

会場は以前と同じ長生村文化会館付近です。
例によって駐車場の村役場と会場を結ぶボンネットバスが運行されました。

以前の例だと、その日のうちに所有者に回送されずに翌日はいすみ鉄道沿線に
出没したりしていました。


14990928_1724473461205684_449150317816280709_o.jpg

日差しが強い日でしたが、窓を開けて進むバスの車内は心地よい。

14906973_1724474141205616_3109430330331811197_n.jpg
14907077_1724474181205612_7954469679109733255_n.jpg

ものの数分で会場に到着しますが、以前より飲食の出店が多いような気がします。

14956393_1724473507872346_3472761072875436110_n_201611051807013f0.jpg

14963291_1724473557872341_7280571680226145011_n.jpg

数は少ないのですが、以前はなかった旧車の展示もありました。

14991919_1724473917872305_5981862143360602343_n.jpg
14956571_1724473994538964_5859590886499626165_n.jpg

会場では移動交番を含めて警察車両の展示もありました。
実際に白バイやパトカーに乗車できました。

14907556_1724473844538979_7050657042933604622_n.jpg

ちょっと悪ふざけしてパトカーの後部座席に乗って撮ってもらいました。
実際には乗らないようにしないと・・・。
イベントとはいえ警察車両とは思えないほど自由に乗車できました。
別の鉄道会社のイベントでは子供限定でした。

14976401_1724489104537453_1462692897369241764_o.jpg

天気もいいこともあり、多くの人で賑わっていました。
自分たちも家族で楽しめました。
また来年も開催してほしいものです。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

キネ

Author:キネ
房総から昭和を求めてへようこそ!






国鉄標準型時計


リンクを貼っていただく際にはご一報願います。

関係のない、悪意あるコメントは削除します。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

なんとなく鉄道びより。

房総横断鉄道の夢に乗る

もそっと撮り鐵
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR