旅行貯金

以前、旅行や出かけた際に郵便局を訪問し、郵便通帳に貯金をしたときに、
通帳に局名印、主務者印等を押印してもらう「旅行貯金」をしていました。

郵便通帳は以前から持っていましたが、以前いた職場の友人で
熱心にしている人がいて、出かけた記念になるのではと始めてみました。

一番初めは、和歌山県の金屋郵便局。
熱心に旅行貯金をしている友人と有田鉄道に乗りに「急行銀河」で出かけました。
金屋郵便局は有田鉄道の金屋口駅から歩いたところにあります。

その次は、野上電鉄の登山口駅近くの下佐々簡易郵便局。
廃線が間近になった野上電鉄に乗車しに来たのがわかります。

001 (2)

img037_201312272228369cb.jpg
007.jpg
(写真は重根駅)

それ以降も熱心にやっていた時期もありました。
旅行のときだけでなく、近場の局を回ったりもしました。
郵便局の局印も局によって色や大きさも様々です。
関西空港ターミナル局のようにイラストが入っているものもあります。
ルールはとくにありませんが、自分なりにルールを作っていました。
同じ日に同じ町の名前の局を回らないとか。
(竹田駅前局と竹田局が続いたときにそう決めました。
違う地名の局が続いたほうが移動の記録として残るかと考えて)

005.jpg

今にして思えば、ずぼらで記録が苦手な自分にとっては、
旅行の記録が残ったのでやっていてよかったと思います。

この通帳はオンラインと表示されています。(昭和61年に新規預け入れ)

001.jpg

昭和61年当時でもほとんどの郵便局がオンライン回線でつながっていたようですが、
平成に入ってもオンライン化されていない「オフライン局」がありました。
オフラインの郵便局も訪れたりもしましたが、別の機会に記事にしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

あまありき

上総村上駅に寄った後は海士有木駅にも寄りました。
海士有木駅も小湊鉄道によくある小さな木造駅舎です。
この駅も上総村上駅と同時期に無人化されました。

DSC08960.jpg

無人化されていますが、駅舎内には花が飾られていました。

DSC08961.jpg


駅舎がホームより低い位置にあるので他の駅とイメージが違います。
行き違いの設備の他に過去に貨物を扱っていたであろう側線も残っています。
この駅もレイアウトに作りたくなるような駅です。

DSC08967.jpg
DSC08963.jpg
DSC08962.jpg
DSC08966.jpg


ここも木製の駅名板がありますが、ホーローのものもありました。
海土有木(あまありき)駅、珍しい駅名で紹介されることもあります。

DSC08965.jpg
DSC08964.jpg


この駅は初めて訪れたのですが、以前イベントで購入した使用済み乗車券のセット
(10枚で200円ぐらいだったような)に海士有木駅の硬券が入っていました。
無人化が残念でなりません。

n.jpeg

こじんまりした海士有木駅もいい雰囲気を出しています。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

上総村上駅

小湊鉄道の上総村上駅に行ってきました。
上総村上駅は始発駅の五井駅の次の駅です。

市原市の中心の五井駅の隣の駅とは思えないほどののどかさです。
小湊鉄道で一駅来ると風景が一変します。

DSC08949.jpg

無人化されてしまいましたが、小さな古い駅舎は健在です。

DSC08947.jpg

奥は駅の事務室で、手前の部分が待合室です。
自動販売機が大きく見えます。

DSC08959.jpg

駅舎の前にトイレがあります。
便所という表記が渋い。ちなみに汲み取りです…

DSC08948.jpg


無人の改札を通り、構内踏切を渡って下りホームから駅舎を。
模型にしたくなるほどこじんまりしています。

DSC08955.jpg

平成25年3月まではパートの駅員さんがいました。
硬券の入場券や乗車券を何回か購入しましたが、パートの駅員さんから
使用済みの切符などを頂いたこともありました。

DSC08951.jpg

以前購入した乗車券です。

img060_20150516233603185.jpg

硬券の入場券もありました。
実際に使う人はほとんどいないと思われ、ほとんどが趣味購入だったと思います。

img062_20150516234338a64.jpg

こんな入場券を発売したこともありました。

img061_201505162347398c2.jpg


以前はほとんどが硬券でしたが、五井駅の自動改札を詰まらせないようにと
五井駅に関わるものは薄い紙の物に変わっていました。
無人化されてしまったので、この乗車券ですら購入出来ませんが、
小湊鉄道ではほかに無人化された駅の入場券とセットとなった
ものを有人駅で発売していますし、イベントなどで使用済み硬券
をまとめて発売しているので、もしかすると無人化された駅の乗車券も
入っているかもしれません。

img065_2015051623420542e.jpg

「また乗車券が発売されないかな」と思っていたら、ちょうど上り列車が来ました。

DSC08957.jpg

わずかな乗客を乗せ、ゆっくりゆっくりとエンジンを唸らせて発車していきました。

DSC08958.jpg

のどかな風景はいつまでも残ってほしいものです。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

「臨時」

連休中には各地で様々な臨時列車が走ったようです。

5月6日に東武線の1800系と「足利大藤まつり」号を撮影しに出かけてきました。

まずは東武日光線新栃木駅まで。
1800系は連休中に浅草~東武日光間を臨時快速として運転します。
下り列車として日光駅に到着後、上り列車までの間は新栃木駅へ回送します。
東武日光駅までの回送列車を新栃木駅近くで狙います。
13時過ぎに 新栃木駅に到着したら駅脇の側線に入区していました。

IMG_8550.jpg

新栃木駅近くで狙うといっても次への移動を考えて降りたので、
撮影場所のあてはありません。
撮影場所を探していたら合戦場駅近くの踏切まで来ていました。

14:50過ぎに東武日光駅に向けた回送電車が通過していきました。
回送ですが、前面の表示は自動で変えられないため「臨時」のままです。
それを狙ってあえて回送電車でも撮影に来ました。

IMG_8558.jpg

場所的には合戦場駅の近くですが、新栃木駅を境に列車の本数が減るので、
新栃木駅まで歩いて戻り、東武線で新大平下駅まで移動しました。

新大平下駅からは両毛線の線路を目指して1歩きます。
今度は両毛線の臨時快速「足利大藤まつり」号を狙います。
今月末で引退する485系T18編成を使用しているとのことです。

新大平下駅から歩いて10分ほどの陸橋近くで待つことに。
バックに山が入り、駅からも近く、初めて来ましたが気に入りました。
ただ、晴れていたら完全に逆光の場所です。
新栃木駅近くもそうですが、曇り予報だったので来ました。
17時過ぎに「足利大藤まつり」号が来ました。

T18編成の特徴である4灯ライトを光らせて。
ヘッドマークはこちらも「臨時」でした。日によっては「快速」の日もあったようです。
字幕ですが、最後になって走行写真を関東で撮れました。

IMG_8569.jpg

東武1800系の臨時快速電車と、「足利大藤まつり」号、そう離れていないところを
走っていたため、効率よく撮影できました。

来年はどんな臨時列車が走るのでしょうか。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

キネ

Author:キネ
房総から昭和を求めてへようこそ!






国鉄標準型時計


リンクを貼っていただく際にはご一報願います。

関係のない、悪意あるコメントは削除します。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

なんとなく鉄道びより。

房総横断鉄道の夢に乗る

もそっと撮り鐵
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR