新宿わかしお92号

外房線鎌取駅最寄りのゴルフ場で、大きなゴルフ大会が今日と明日と開催されます。
鎌取駅始発の特急「新宿わかしお92号」が運転されるので様子を見てきました。

DSC07770.jpg

普段は特急列車の停車しない鎌取駅ですが、大きなゴルフ大会が開催されると
特急列車が臨時停車します。

鎌取駅は国鉄末期の頃に駅舎が建て直されました。
今では宅地開発が進んで、朝のラッシュ時には鎌取駅からの乗客をさばくために
外房線の本数が増えたといっても過言ではありません。
そんな新興住宅地の近代的な鎌取駅ですが、かろうじて国鉄時代の看板が残っていました。

DSC07769.jpg


駅のみどりの窓口は1つしかないので、特急券の臨時発売があるのかと思っていたら、
案の定、「特急券はホームでも係員が発売しています」と駅の放送がありました。

ホームで駅員氏が昔の車掌さんが持っていた「がま口」のような鞄を持って
発売していました。

今でもあるかわかりませんが、海浜幕張駅でもイベントがある際には同じように
ホームでの臨時発売があり、その際は昔の回数券のような切符を発売していました。

img212.jpg


今回も同じような切符を期待していましたが、残念ながら事前にマルスで発券された券を
手売りしていました。

img211.jpg


「新宿わかしお92号」自体は14:45の発車で、発車3分前ごろに誉田駅方面から
回送列車で到着しました。
E257系の5両編成で、ヘッドマークも通常の「新宿わかしお」と同じもので、
鎌取駅から発車する以外は特に変わった様子はありません。
ただ、停車駅は特別で、津田沼、船橋、錦糸町、秋葉原、新宿で、蘇我駅どころか
千葉駅も通過します。(運転停車はするかもしれませんが)

DSC07775.jpg

発車するときに外から車内を見ていましたが、満席にはなっていませんでした。

鎌取駅始発の特急もイレギュラーですが、12月7日にも長者町発両国行の特急も
運転されるので、その際も様子を見に行きたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

走行音

いすみ鉄道の大多喜発大原行の快速列車100Dに乗車してきました。
DMH17のエンジン音を含めた走行音を記録しようと動画を撮影しに行きました。

IMG_7782.jpg

快速列車を選んだ理由は

・12分前に大原行が発車しています。(実質、送り込み回送のようなもの)
 何回か沿線で写真を撮影しましたが、乗客がほとんどいないように見えました。

・運転開始日にも乗車しましたが、観光急行と違い、観光案内の車内放送がない。

・冷房を使わない時期になったので。

静かな車内で走行音が撮れると思ったからです。

案の定、今日は大多喜駅では自分の他に一人しかいませんでした。
エンジンが2機あるキハ52に乗車しましたが、貸切状態でした。

IMG_7786.jpg

コンデジで撮影しましたが、フル充電で新しいSDカードを使用していたのですが、
なぜか、西大原駅手前ぐらいで録画停止となっていました。。。

また再チャレンジしたいと思います。



テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

土佐電鉄

10月1日に土佐電鉄と高知県交通、土佐電ドリームサービスの3社が統合し、
「とさでん交通」として再スタートしました。

平成元年の8月、夏休みを利用して四国を訪れた際に乗車しました。
どこからどう乗ったかは忘れてしまいましたが。

桂浜へバスで行ったときに回数券を購入しました。
土佐電鉄と高知県交通の共通の回数券ですが、まさか25年たって統合されるとは
思っていませんでした。

img206.jpg
img207.jpg

路面電車で数路線あるところでは、乗り換えても運賃を通しで計算する
「乗換券」があります。
乗り換えるときに運賃を払い乗換券をもらえば、乗り換えた後の電車で
追加に運賃を支払うことはありません。

img208.jpg
img209.jpg


都電6000形と同じ形の車両です。
非冷房車らしく、そこらじゅうの窓が開いています。
現在も運行されているようですが、行先がLED化されてしまっています。
ちなみに現在も非冷房車はあるそうです。
この車両を目当てに乗車した気がします。

img204.jpg

そして702型
下関の路面電車「山陽電気軌道」から来た車両です。
たぶん後免町停留所だと思いますが…。

img205.jpg

25年も経つと記憶がおぼろげな部分があります。

たまたまインターネットで「とさでん交通」の発足を知りました。
会社は変わったようですが、当時の車両がいまだに健在のようです。
これからも会社ともども頑張ってほしいと思います。


テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

昔降りた駅(9) 岳南江尾駅

先日、テレビを見ていたら岳南電車が出てきました。
終点の岳南江尾駅も出てきましたが、25年前に訪れたときと変わっていない様子でした。

平成元年の9月に岳南江尾駅を訪れています。
小田急ロマンスカーで御殿場へ、御殿場から、沼津、富士から身延線を回って
の旅行で、その途中で岳南鉄道に寄っています。

img201.jpg

吉原駅から乗車しました。
実際に乗車する切符と記念に最低区間の切符を購入しました。

img203.jpg

工場と住宅の中をゆっくりと進むと終点の岳南江尾駅です。
駅のすぐ後ろを東海道新幹線が通っていますが、東海道新幹線に乗車しても
全く気が付きません。

img198.jpg

駅舎はありますが無人駅で、乗り降りする人もいなかった気がします。
吉原駅からの切符の裏面にもボールペンと赤線が引かれていました。
しばらく売れていないようです。
なんでここが終点なのかと思うような場所です。

img197.jpg

当時は東急から来た5000系電車のみで運行されていました。
この電車は岳南江尾駅に留置している車両です。
吉原から乗車し来た電車で降り返さず、1本あとの電車に乗車したようです。

img196.jpg

当時はワンマン運転もされておらず、車掌さんが乗務していました。
帰りに車内で購入した車内補充券ですが、車掌さんの名前がフルネームで
ハンコで押されていたのが印象的でした。

img202.jpg

岳南鉄道も岳南電車と社名を変えて、貨物輸送をやめてしまって心配ですが、
今後も鉄道事業を継続してほしいですね。

硬券も引き続き発売されているようなので、また訪れてみたいと思います。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

キネ

Author:キネ
房総から昭和を求めてへようこそ!






国鉄標準型時計


リンクを貼っていただく際にはご一報願います。

関係のない、悪意あるコメントは削除します。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

なんとなく鉄道びより。

房総横断鉄道の夢に乗る

もそっと撮り鐵
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR