小湊鉄道バス 時刻改正

21:20に東京駅から茂原駅までの高速バスがあるので、東京駅の八重洲口まで行ってみると…

バス停の電光掲示板を見てみると茂原駅行のバスの表示がありません。

改めてバス停の表示をみると21:20発の茂原駅までの便が無くなっていました!!。
さらに22:45発のバスが23時の発車になり深夜バスの表示が。

大幅に時刻がいきなり変わっていたのでビックリしました。

仕方なく、八重洲から京葉線のりばまで歩き、京葉線からの最後の直通快速で帰宅しました。

帰りの電車の中で携帯電話で調べてみたところ、7月23日に時刻改正を行っていたようです。


深川車庫~東京駅~茂原駅の路線も1日上り3本、下り4本に減り、
東京駅23時発のバスが深夜バスとして割り増し運賃での運行となっていました。

不便になったような印象でしたが、茂原駅5:50発の東京駅までのバスが4:45発になり、
これに乗れば東京駅に6:15に到着出来ます。

これは非常に助かります。今までより早い時間の新幹線などに乗れます。


小湊鉄道バスはいすみ鉄道や小湊鉄道沿線にも路線があるので、
バスを使っての移動を考えている方は小湊鉄道のホームページをご確認ください。

120507_141526.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

気が向いたら行けるローカル線

21日にいすみ鉄道で和菓子列車が動いたので乗車して来ました。
休日の急行列車の指定席ですが、指定席料金ではなく参加費を払うと
貸切り車両になった車両に乗車でき、和菓子が出されます。

DSC07294.jpg

DSC07252.jpg
DSC07251.jpg

ホーム入口で参加費を払って指定席車両の2号車に乗車します。
キハ28のデッキに入った瞬間に独特な懐かしい匂いがしました。

DSC07261.jpg

車内は1ボックス以外は埋まっていました。
発車してまもなく、お茶と和菓子が運ばれてきました。
甘くておいしいのですが、もう一品かお土産に最中がもらえればというのが正直な感想でした。

DSC07265.jpg

上総中野まで乗車した後に大多喜駅に寄り、新たに発売となった
「キハ28運行一周年記念急行券、乗車券」を購入しました。

DSC07295.jpg

23日

所用があって休みを入れていて、用が済んでから「いすみ鉄道」の撮影に向かいました。

夏休み期間中の平日のうちの数日はキハ52が1両で臨時の急行列車とします。
時間的に最後の列車のみとなりましたが、大原駅に向かいました。

大原駅に停車中のキハ52
珍しく1番線に停車しています。
平日の昼間の臨時列車ということもあり、ホームに人影はありません。

大原方の前面には大糸線をイメージした表示が。
個人的にはちょっと‥。

IMG_7358.jpg

反対側はマークや表示もなく、本線と別れた閑散としたホームに首都圏色のキハ52が
停車している姿なので、まさに国鉄のローカル列車です

IMG_7357.jpg
IMG_7353.jpg


ガラガラの単行のローカル列車を見ていると、乗りたい!!という衝動に駈られました。
家族でクルマで来たので出来ませんでしたが…。

大原駅を後にして国吉~上総中川駅間の四之町踏切に向かいました。

正面がちに撮影しましたが、冷房装置がわからないように撮影出来たので
国鉄時代といっても通じそうです。

IMG_7365.jpg
IMG_7365_201407232317353d8.jpg


キハ52も首都圏色になって魅力が薄れたように思えましたが、
昔、実際に見た姿をまた見れて、国鉄時代を思い出させます。
首都圏色のキハ52は単行のほうがいいと思います。

距離的にも近く、キハ52とキハ28も定期的に動いてくれているので、
気が向いたら乗りに行ったり撮りに行ける「いすみ鉄道」は有難い存在です。

千葉にブルートレインがやって来た

今日、7月20日で総武線の市川~佐倉間は開業120周年を迎えました。
千葉駅をはじめとして、いろいろなイベントがありました。

千葉駅、佐倉駅、船橋駅、市川駅では記念入場券の発売がありました。
千葉駅に8:30頃に到着しましたが、数分待ちで購入出来ました。
その他の駅でもすぐに購入出来ました。

IMG_7342.jpg

グッズもいくつか購入しました。
記念入場券についているカードを4枚集めると裏面のSLの写真が完成します。
おまけをつけてくれる駅もありました。

IMG_7343.jpg

千葉駅をはじめ他の駅やNEWDAYSの中にも昔の写真を飾っていました。

IMG_7311.jpg

自分には非常に懐かしい千葉駅。

IMG_7312.jpg


市川駅~佐倉駅間では「市川~佐倉120周年号」が走りました。
佐倉駅で記念入場券を買った後、物井駅方向に歩いてトンネルの手前で撮ることに。
DE10に牽かれた24系客車が来ました。
千葉では客車自体が珍しいのですが、寝台列車用の客車が来ることなど滅多にないことです。

IMG_7323.jpg


撮り終えた後、千葉駅に向かいました。
たまたま、120周年のヘッドマークをつけた209系が来ました。

IMG_7328_201407201745122a6.jpg

「市川~佐倉120周年記念号」、佐倉駅に到着後、折り返し回送列車として千葉駅へ。
その後は団体の夜行列車として青森駅へ向かいます。
千葉から夜行列車に乗りたい気がしましたが、値段と行程を考えて諦めました。
千葉駅に寝台列車が入線しました。

IMG_7331.jpg

千葉駅で寝台列車を見たのは平成3年頃に臨時のアルプス号を見て以来です。
千葉駅では発車の時刻表に表示されていた他、乗車案内も用意されていました。

IMG_7329.jpg
IMG_7341.jpg

入線から5分経たないほどで発車して行きました。
千葉駅からの寝台列車を実感する間もないほどの時間です。
乗るならもっとゆっくり乗りたいものです。

IMG_7337.jpg

千葉駅からの発車を見送って帰宅しました。
千葉駅から寝台列車が発車するのはこれで最後なのでしょうか…。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

昔乗った電車

平日に休みを入れて関西に出かけてきました。

JR東海ツアーズの個人旅行のパックを利用しました。
このパックの基本料金は往復の新幹線とホテル代込みで18800円ですが、
往復の新幹線で「こだま」以外を利用すると追加料金がかかります。
7000円以上の追加料金がかかり、結局合計で26600円ほどかかりました。
それでも往復の新幹線代ほどなのでホテル代はタダみたいなものですが‥。

初電で東京駅まで向かい、7:00の「のぞみ」で京都まで向かいました。
京都駅からは奈良線で奈良駅へ、105系を撮りに奈良駅からは桜井線で帯解駅まで向かいました。

DSC07218.jpg

帯解駅で降りたのはネットで撮影地を調べたからです。
曇りだったので、帯解駅に停車中に撮り、折り返しを駅間で撮ることにしました。
お目当ては常磐緩行線で走っていた103系の姿のクハですが、なかなか来ませんでした。
待つことしばらくしてお目当ての車両が来ました。
色は塗り変わっていますが、常磐緩行線で使用されていた面影があります。

IMG_7205.jpg

折り返し列車をネットで調べた場所で撮ろうと向かいましたが、
夏草が生い茂っていたので、別の場所から狙いました。

IMG_7209 (2)

帯解では昼になったので、駅近くのお好み焼き屋へ。
10人入れないぐらいの狭い店でしたが、すでに地元の先客がいました。
肉玉(600円)を注文しました。目の前で焼いてくれます。
ふんわりした感じで肉も大きく美味しかったです。

DSC07219.jpg
2014071312010000.jpg
2014071312070000.jpg

とりあえず地域色と呼ばれる水色の車両を撮影出来たので、いったん奈良駅まで移動します。
奈良駅からは一駅奈良線に乗り、平城山駅に移動します。
平城山駅の京都方で103系を狙います。
望遠レンズを使用しましたが、これ以上は大きくなりませんでした。

IMG_7219 (2)

平城山駅から再度奈良駅に戻り、桜井線に乗車し京終駅に向かいました。
このときは常磐緩行線から来た車両に乗車できました。
懐かしい雰囲気です。

DSC07221.jpg

京終駅、無人化されていますが、立派な駅舎です。

京終駅、帯解駅も子供の頃に見ていた小学館「駅名全百科」
載っていた駅ですが、初めて訪れることができました。

DSC07222.jpg

京終駅でも停車中に撮影し、奈良で折り返しとなった列車を駅間で狙います。
105系も地域色に塗り替えられた車両が増えてきていますが、
このときは国鉄時代に電化されたときの塗装の車両が来ました。
ただ、貫通扉には和歌山線のキャラクターのシールが貼られています。
個人的にはいらないと思います…。

IMG_7224.jpg

走行写真は周囲に住宅が多いのですが、帯解駅までの駅間で撮影。

IMG_7230.jpg

ちょうど奈良行の電車が行ったばっかりなので、京終駅から歩いたバス停から
奈良駅に向かいました。
電車に乗っていたときには気が付きませんでしたが、駅自体は高架化されていますが
駅前のロータリーに昔の奈良駅が残っていました。

DSC07224.jpg

とりあえず桜井線の105系と奈良線の103系を撮影出来たので大阪のホテルに向かうことに。
ただ、途中で天王寺駅の阪和線ホームの立ち食い蕎麦屋を思い出し、寄りました。
25年以上ぶりに食べました。味は覚えていませんが、
ホームにある店の雰囲気は変わっていない気がします。

DSC07225.jpg

次の日

早起きして湖西線の117系を狙いにおごと温泉へ。
朝の時間に集中的に運用されているので狙いやすい。

IMG_7255.jpg

おごと温泉駅には湖西線40周年のポスターが貼ってありました。
臨時列車の運転などがあるそうです。
117系を待っている間にもヘッドマークをつけた車両も来ました。

DSC07226.jpg

おごと温泉で117系を撮影してからは113系に乗車し京都まで。
久しぶりに113系に乗車しましたが、リニューアルされているので別の車両のような雰囲気です。

京都まで来ましたが、113系が撮りたくて山科の撮影地に向かいました。
山科駅から歩くこと10分以上。東海道線と湖西線をまたぐ歩道橋に到着です。
まずは京都行の113系を狙いましたが、うまく撮れませんでした。
続けて117系が来ましたがこちらは撮れました。

IMG_7287.jpg

先ほど撮れなかった113系を上り列車で狙います。
40周年のヘッドマークを付けた車両を撮ることが出来ました。
ヘッドマークですが、この編成は両方付いていましたが、編成によっては片側のみという編成も。

IMG_7295.jpg

まだ追いかけたかったのですが、帰りの新幹線の時間を考え、
移動して大阪環状線の103系を狙うことにしました。
201系が増えたようですがまだまだ活躍しています。
大正駅で外回り電車を狙いました。
久しぶりにオレンジ色の103系を見た気がします。
まだ大阪のど真ん中で活躍しているのもすごいことです。

IMG_7304.jpg

103系を撮り終え、新大阪から新幹線に乗車し帰宅しました。

103系・105系・113系・117系・201系と国鉄時代から活躍していて昔乗った車両に
乗車したり撮影したりすることが出来ました。

JR西日本ではJR東日本からとっくに引退した車両に乗ることが出来ますが、
JR西日本も新型車両の導入を発表しました。
国鉄型の電車に乗れるのもそう長くはないのかもしれません。

快速「山梨富士3号」

7月5日、会社のレクリエーションで相模湖に行くことに。

相模湖までは遠いのですが、7月5日から千葉駅から「快速山梨富士3号」が運転していたので、
千葉駅まで行けば乗り換えなしで相模湖駅まで行くことが出来ました。

DSC07142.jpg

千葉駅始発ですが、念のため指定券を購入しました。
千葉駅に発車10分ほど前に到着しましたが自由席も指定席もガラガラでした。

DSC07187.jpg


久しぶりに千葉駅で189系の国鉄特急色を見た気がします。
ただ、特急のシンボルマークもなく、前面も側面も「快速」という少し残念な姿ではありますが…。

DSC07141.jpg
DSC07143.jpg

千葉駅を7:42に発車します。錦糸町までは快速電車と同じ停車駅に停車しますが、
思っていた以上にスピードを出します。
デッキの走行音を聞くと、以前の特急「しおさい」を思い出します。
ただ、スピードを出していたのも錦糸町までです。

DSC07149_20140707220856d5b.jpg
DSC07150_201407072210195d6.jpg


錦糸町駅から緩行線を渡り、再度お茶の水駅から急行線に入ると程なくして新宿駅に到着。
新宿駅からは大勢の人が乗車してきます。
三鷹駅では車内放送で「中ほどまでお進みください」と放送しているので、
自由席はかなり混雑しているようです。

立川まではトロトロと進みますが、立川からまたスピードをあげて走ります。

千葉駅から2時間弱で相模湖駅に到着。時間はかかりましたが、
直通と189系ということで疲れを感じませんでした。

まだ「快速山梨富士3号」は運転日があります。
189系に乗車出来る貴重なチャンスかもしれません。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

シバサキ模型 キハ10

今は閉業してしまった調布市の「シバサキ模型」。
クモハ40や小型ガソリンカーなどのキットをいくつか購入しました。
キハ10も購入したキットの一つで、なんとか形にしました。
下手で雑なのは十分承知で恥ずかしいのですが、記事にしたいと思います。

DSC07129.jpg


説明書どうりにKATO製のキハ20の前面とエッチングの側面を組み合わせました。
キハ10の特徴の一つ、キハ20と比べると小さな前面窓はキハ20の窓にプラ板を
はめ込んで小さい窓を表現。
製品のキハ20と並べるとかなりイビツですが、窓の大きさの違いがわかるかと思います。

DSC07131.jpg


その他の部分も今見ると雑でイビツなものですが、作った当時は製品化されていないのと、
側面に並ぶバス窓の姿に満足しました。
ただ、朱色の部分は市販のスプレーを使用したので、調合も行っていないため
色彩も違います。

DSC07130.jpg

仲間うちの運転会で走行させた事もありますが、周囲の反応は、地味で実際に見た事も無い
気動車にはまったく興味がない様子でした。

今の製品とは比較にもなりませんが、昔作った車両を出して見てみるのもいいものです。
製作したときの頃のことや完成した喜びを思い出します。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

キネ

Author:キネ
房総から昭和を求めてへようこそ!






国鉄標準型時計


リンクを貼っていただく際にはご一報願います。

関係のない、悪意あるコメントは削除します。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

なんとなく鉄道びより。

房総横断鉄道の夢に乗る

もそっと撮り鐵
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR