よいお年を

まもなく平成25年も終わります。
本年も当ブログをご覧いただきありがとうございました。

皆さまよいお年を。
スポンサーサイト

昔降りた駅(6) 有田鉄道金屋口駅

昔降りた駅、6駅めは和歌山県にあった有田鉄道金屋口駅。
紀勢本線藤並駅から金屋口駅まで走っていた有田鉄道。
和歌山から紀勢本線に乗車して藤並駅に近づくと、山側から線路が寄り添ってきました。
引き込み線かと思いましたが、藤並駅に着くとそれが有田鉄道の線路だとわかりました。

藤並駅では紀勢本線の下りホームに柵で区切られた有田鉄道の乗り場がありました。
小さな詰所があって、列車が到着すると車掌が乗車券を発売していました。
小屋でマンガを読んでいるのが車掌氏です。

img034_20131227211858388.jpg

藤並駅で購入した乗車券と金屋口駅で購入した乗車券。
藤並駅で車掌から購入した乗車券は若干薄いのですが、金屋口駅で購入したものは硬券。

DSC01452.jpg


富士急行から来たキハに乗り込むと、車内のあまりの埃っぽさに閉口しました。
青いモケットの座席には砂ぼこりが積もっていました。
富士急行から来たキハ、国鉄のキハを真似た車両ですが細部に違いが。

img033.jpg


そして発車時間になると、自分の他に地元の方と思われるお婆さんの計2名を乗せて発車。
状態の悪い線路をゆっくりと船のような揺れかたをして15分ほどで終点の金屋口駅に到着。

到着して記念に乗車券を購入すると、しばらく列車が無いので窓口はすぐに閉鎖。
駅の裏手の土手から金屋口駅を撮影。
帰りは列車がしばらくないので、バスで藤並駅へ。

img037_201312272228369cb.jpg


img035_20131227212206cc3.jpg

img038_20131227222903a9b.jpg

まったくもって鉄道としての存在意義を疑う有田鉄道でありました。

その後、新しいレールバスが導入されましたが、しばらくして第2、第4土曜日と休日は
全面運休となり、最後は1日2往復の運行で平成14年には廃線となってしまいました。

幸いにも、乗車した有田鉄道のキハ58003は有田川町鉄道公園で動態保存されているので、
いつか訪れたいと思います。
さすがに車内はきれいになっているでしょうけど。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

国鉄デザイン復刻バス 「赤いつばめ」

館山まで国鉄復刻バスを見に行ってきました。

運用が固定されているので、今日は東京駅9:50の便を見に行きました。
館山駅には時刻どおり11:45に到着です。12:05発の安房白浜行の普通便になります。
駅前の降車場に停車して東京からのお客さんを降ろし、安房白浜行の乗り場に移動します。

IMG_6380.jpg

バスとしては珍しく乗車券売場があります。
ここにも国鉄復刻バスのポスターがありますが、実物の写真入りです。
記念乗車券も発売されています。佐野線と同じものですが、乗車券の文字が違います。

IMG_6402_20131222181756bd8.jpg

IMG_6403_201312221819137ff.jpg

機械で発券した切符ではない切符が欲しくて、窓口にお願いして子供の回数券を購入しました。
JRの鉄道用と同じ様式で、久しぶりに紙の綴りの回数券を見た気がします。
わかりづらいのですが、緑色なのでグリーン回数券のようです。

IMG_6431.jpg
DSC01425.jpg


館山駅に併設のJRバス関東の乗車券売場の脇には売店があるので、今夜の晩酌のツマミに
しようと「クジラのたれ」を購入。

IMG_6429_20131222183640470.jpg


形式写真のように撮りたいので、安房白浜まで行くことにしました。
安房白浜駅です。バスですが駅を名乗っています。
出札口やホームのような乗り場は鉄道駅のようです。

IMG_6404.jpg
IMG_6405.jpg
IMG_6415.jpg
IMG_6416.jpg

館山駅からのバスが到着し、バスがお客さんを降ろして駐車したので撮影しました。
国鉄の文字とマークがいい!!。
ただしピカピカの状態なので、撮影している自分も写ってしまうので要注意です。

IMG_6418_20131222191110b73.jpg
IMG_6412.jpg

IMG_6389.jpg
IMG_6388.jpg
IMG_6396_201312221832268ea.jpg

この赤いつばめ、試験塗装ということで実際には営業運転は
しなかったそうですが、青いイメージの国鉄バスからすると斬新で、
この塗装もかっこいいと思います。


館山に戻り、気になるところがあったので寄ることに。
元「安房南高校」です。
「鉄子が呼吸するとき」のいな穂さまのブログ記事を拝見して行きたいと思っていました。
11月に公開日があったようですが、今日は公開日ではないので入れませんでした。
門越しに撮りましたが、かなり立派な校舎です。

IMG_6426.jpg

そしてもう一か所「那古船形駅」です。
珍しい駅名と木造駅舎が以前から気になっていました。
ホーローの駅の看板がすごくいい。
ちなみに無人駅ではなく、委託の駅員氏がいます。

IMG_6427.jpg

IMG_6428.jpg

12月ですが暖かく、国鉄復刻バスや古い建物も見れたので、小旅行をした気分でした。



テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

10時発売

昨日、寝台特急「あけぼの」の定期運用終了が正式に発表されました。
もう一度乗りたいと思っていたので、一か月前の10時発売に合わせて駅へ。
発売前受付はしていないので、早めに駅に行き申し込むことに。
茂原駅は2つある窓口のうちの一つを10時発売の専用窓口のようにするので
10時少し前に受け付けてもらい待つことに。
希望は、無理だとわかっていてもA寝台個室のシングルデラックス。

いざ10時発売開始!!
10時少したってから呼ばれましたが、結果、シングルデラックスは満席。
そのかわりB寝台個室のソロが2室取れました。
参考に聞いてみましたが、すでにB寝台解放寝台も満席とのこと。
発車する日は平日なのに10時発売で満席…。

DSC01424.jpg



よく取れたな~。茂原駅、ありがとう。
プレス発表されたので、ますます寝台券が取れにくくなるかもしれませんが、
10時に並べば取れる可能性があります。

ただ、駅員氏によっては個室寝台の発売に手間取る可能性があるので、
事前に申し込み用紙に記入し、説明したほうがいいかもしれません。

あとは当日の天候…。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

昔降りた駅(5) 野上電鉄連絡口

昔降りた駅、和歌山県にあった野上電鉄の「連絡口」。
野上電鉄自体が平成6年に廃止されたので、「連絡口」も廃止
「連絡口駅」という表現にしないのは、一人前の駅ではなかったから。
隣の日方駅の構内の扱いで、すぐ脇の紀勢本線海南駅への乗り換え客のためだけ
に設置されていたため。

img031.jpg

写真を見ると、留置してある車両の先にはホームが見えている。
路面電車の停留所の間隔より短い。
JRの車両なら2,3両つなげば着いてしまうほどの距離。
ただ、登山口方面から乗車し海南駅まで行く場合、連絡口で降りないで終点の日方駅まで行くと、
踏切を渡ってぐるっと大回りしなければならないので、存在価値はあった。

img032.jpg

野上電鉄の廃止後、海南駅も高架化されて連絡口も日方駅も跡形も無くなったそうだ。

国鉄復刻バス

JRバス関東では12月11日から2台のバスに国鉄バスのラッピングをして運行をしています。
1台は国鉄ハイウェイバス、1台は昭和30年代の試験塗装です。
国鉄バスの復活です!!

DSC01372.jpg

記念乗車券も発売されました。
東京駅の高速バス乗り場でも発売しているので出勤前に購入しました。
東京駅から佐野新都市バスターミナルまでの佐野線と館山駅までの館山線のものがあります。
値段が安い佐野線(1400円)のものを購入しました。
バスのイラストが書かれた台紙に硬券の乗車券が入っています。

DSC01375.jpg
DSC01383.jpg

仕事帰りに実物を見ようかと思いましたが、仕事が終わらずに見れませんでした…
運用が今のところは固定されているので、近いうちに撮影したいと思います。22日に館山まで見に行き記事にしました。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

千葉の酒(2)

今日、木更津まで用があったのですが、大原駅に立ち寄りました。

今日運転の「のんでみっぺぇ南房総号」が大原駅で長時間停車するので見に行こうかと。

大原駅にずっと停車しているのかと思いましたが、いったん回送していたようです。
満員御礼のようで、駅近くの「木戸泉酒造」から多くの方が列車に向かっているのを見ました。

意外にも若い女性が多かったような気がしました。

DSC01353.jpg


停車している車内を見ると、みなさん日本酒をおいしそうに飲んでいる様子。
昼間から日本酒を飲んでいる様子はうらやましい限りです。
日本酒を購入して飲みたくなりました。


木戸泉酒造のお酒は以前購入して飲んだので、木更津まで行く途中に久留里を
通るので久留里の日本酒を購入することにしました。

久留里駅から鴨川方面に道なりに歩いたところにある「吉崎酒造」に行くことに。
昔からの酒蔵といった雰囲気です。390年の歴史があるそうです。


DSC01360.jpg
DSC01359.jpg
DSC01361.jpg

趣のある酒蔵ですが、残念ながら酒造見学は行っていません。
見学は出来ませんが、緑のビニールの雨除けがあるところで購入できます。

そしてこれが吉崎酒造の「吉壽」です。
吉崎酒造にははじめて行きましたが、久留里線の道沿いで「吉壽」の看板は見かけますし、
以前、実家の近くにワンカップの自動販売機があったので、馴染みがあるといえばあります。

DSC01364_20131214204152f7b.jpg

家に帰って飲んでみましたが、やはり水がいいからでしょうか飲み口がいい感じでした。


久留里は湧水が出ているので、吉崎酒造の他にも酒蔵があります。
機会があれば他の酒蔵のお酒も紹介したいと思います。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

小さな踏切

外房線の茂原駅と八積駅の間に小さな踏切、「東茂原踏切」があります。
茂原駅から2つめでクルマが通れない踏切です。

DSCF3773.jpg

上り線側から渡ると踏切の向こうに林の中に続く未舗装の道が続きます。


DSCF3768.jpg

ちょうど行ってみたのが16時頃の夕焼けの時間、焚き火の匂いがしてきて、
とても懐かしい雰囲気でした。
この踏切には来たことがありませんが、小さい頃の記憶を呼び戻すような
「原風景の踏切」でした。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

千葉の酒(1)

JR東日本千葉支社では、明日と14日にお座敷列車「ニューなのはな」を使用した
団体列車「のんでみっぺぇ北総号、南房総号」を運転します。
列車で千葉県内(日ごとに北総と、南房総に別れています。)を回り、酒蔵のある
駅に停車し、日本酒を堪能するという中身です。
日本酒が好きな自分にはたまらない内容です。
あいにく乗車は出来ませんが、今日、妻がいすみ鉄道の売店で日本酒を買ってきてくれたので
千葉の地酒を紹介したいと思います。
他にも千葉にはいくつか酒蔵があるので、別のお酒も機会があれば紹介したいと思います。

今回はいすみ市大原の木戸泉酒造のお酒です。

DSC01339_20131206224824176.jpg


ワンカップで「清酒」としか表示はありませんが、ホームページを見る限り
「本醸造裸まつり」だと思われます。
大原の名物祭り「はだか祭」の写真がラベルに印刷されています。

偉そうなことは言えませんが、飲み口がよく、スーと入っていく感じがして
後から辛口かなと感じます。呑みすぎる可能性があります。

気になる方は木戸泉酒造のホームページへ。
ワンカップ以外は通販も出来ます。


テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

昔降りた駅(4) 名鉄美濃町線 美濃駅

昔降りた駅、名鉄美濃町線の駅が続きましたが、最後は終点の美濃駅。
美濃駅、長良川鉄道の美濃市駅へも歩いていける距離でした。
路面電車が来るとは思えない古くて立派な駅舎です。高さは低くて短いのですが、
ホームは2面あり留置線もあったので、まさに「終着駅」といった雰囲気でした。

img027_20131203225735a78.jpg

img026.jpg
img025.jpg


写真を撮った時期には廃線が決まっていたので、チラホラと撮影している人がいます。
美濃和紙を使用した記念乗車券をお土産に買って友人に渡しましたが、賛否両論でした。
和紙を使っているので、券番が滲んでます。

DSC01247.jpg
DSC01249.jpg

裏には路線図も。全線廃止された今となっては関駅までの新線もむなしい。
DSC01250.jpg

美濃町線を全線乗車しましたが、途中から単線だったので交換駅ではタブレットを交換していました。
路面電車でのタブレット交換も珍しい光景でした。

img024_20131203230149130.jpg


旧美濃駅に保存されているモ593です。全線廃止時に市ノ坪の車庫で許可を得て撮影しました。

img028.jpg



名鉄美濃町線、残念ながら廃止されましたが、モ593や
旧美濃駅が保存されているのが救いです。
プロフィール

キネ

Author:キネ
房総から昭和を求めてへようこそ!






国鉄標準型時計


リンクを貼っていただく際にはご一報願います。

関係のない、悪意あるコメントは削除します。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

なんとなく鉄道びより。

房総横断鉄道の夢に乗る

もそっと撮り鐵
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR