リベンジ

今年の6月に会社の旅行で北海道に行き、711系の写真を函館本線の峰延駅付近で撮りました。
撮れたといえば撮れたのですが、気になる事が…。
下手なのは承知していますが、よく見ると2両めの車両の窓から手を出してる人が…

IMG_5833_20131028225246929.jpg


気にしなければいいのですが、気になってしょうがない。
また撮りに行こうと前から思っていました。
10月になれば涼しくなって窓を開ける人もいなくなるだろうから、仕事に影響の無い日に
休みをずらして行く事に。
割引の航空券を購入したいので、かなり前に日にちを決めて航空券を購入。
天気も運用もわからないまま…。

そして10月27、28日に行って来ました。
羽田空港を6:50の新千歳空港行の飛行機で出発。
こんな朝早くても、茂原駅からは圏央道経由のバスがあるので羽田空港まで到着出来ます。

DSC01078.jpg

定刻に羽田空港を離陸して、8:20には新千歳空港に。走って快速エアポートに乗ったので、
9時過ぎには札幌駅に。
季節は1カ月以上進んでいる感じです。

DSC01079.jpg


初めて新千歳空港から北海道入りしましたが、あまりにあっけなくて北海道にいる気がしません…。
とはいっても本当に北海道にいるので711系を追いかけることに。
事前に掲示板等で調べた情報では、前日に運用の流れから外れたらしく所在不明。
とくに岩見沢や札幌運転所に入区すると運用が差し替えられる事がよくあるそうです。
ここまで来て撮れずじまいは避けたいところ。
そんな状況ですが、来ていきなり、札幌駅の苗穂方に引き上げているのを確認。
慌てて、回送列車で手稲駅付近の札幌運転所まで行く前に先回りを。

手稲までは列車本数が多く、被る可能性があるので、被る可能性のない琴似駅で撮ることに。
北海道まで来て駅撮りと思う方もいるかと思いますが、ここまで来て失敗は避けたいところ。
手稲までの沿線は住宅街なので、周りも大差ないかも。
突然、雨が降りだすなか、なんとか撮影。
前面の種別も回送に変えず「普通」のままなのがラッキーなところ。
雨に降られましたが、晴れていると琴似駅の上りは逆光になるので、逆に晴れていなくて良かった。

IMG_6233_20131028225155ec1.jpg


国鉄色の3両編成を撮りたいところですが、来たけど撮れなかったという最悪の事態は免れました。
この後、稲穂駅まで行き、もう一本の編成も入区しているのを確認したので、とりあえず711系の
追っかけは一休み。

札幌駅まで戻り、昼にラーメンを食べながら次は何をしようかと考えました。
お土産を買い、苗穂駅近くの鉄道用品の店をのぞき、すすきのまで移動して路面電車に乗ることに。
1両だけいる旧塗装の車両が来ることを期待して。

とりあえず来た車両に乗りましたが、途中でゼブラ色の物体とすれ違いました!!。
札幌市電名物の「ささら電車」!!。
すぐに次の停留所で降りて折り返してくるのを待つことに。
ゆっくりゆっくりと回転灯を回しながら「ささら電車」が来ました。

IMG_6242.jpg



「ささら電車」とは車両の前面にあるブラシを回転させながら除雪する車両です。
この車両が動くと冬支度の準備が始まるというニュースが流れますが、まさか見れるとは。
しかし、意表をつかれて「ささら電車」は撮れましたが、肝心の旧塗装は来ませんでした。

諦めて簡単に夕食を済ませてホテルに行き、部屋で乾杯をしながら明日の計画を立てました。
今日の回送の後、運用どうりにいけば23時すぎに岩見沢行に充当され、明日は岩見沢以北で
3両で運用されます。
部屋でビールを飲んでゆっくりしていましたが、再度確認のために23時頃に札幌駅に。
「よくやるよ」とお思いでしょうが、実際見て運用がわかるのなら行かねば。
行くと、やはり23時過ぎの岩見沢行に充当されていました。
日曜日だったので乗客も少ない。こういう列車で帰宅できたらいいなぁ。

IMG_6244.jpg
IMG_6246.jpg

そして次の日。

朝の江部乙発岩見沢行に充当されるのを期待して、特急オホーツク号で岩見沢へ。
この列車、7:21の発車ですが、7時を過ぎたあたりに早々と入線。
入線時には数名しか乗車していませんが、発車の頃には通路まで立客が。
一番前の展望がいい座席に座ると隣に女子高生が。他にも数名乗車しています。
通勤の他にも通学で利用する人が多いのが意外でした。
発車をすると、特急電車に比べれると加速が悪いのですが、唸りをあげて網走を目指します。

IMG_6252.jpg
IMG_6250.jpg


30分もしないうちに岩見沢に。
岩見沢からはすぐに接続する普通列車で峰延へ。
以前撮影した同じ場所へ。
20分ほど待つと、来ました国鉄色の3両編成が!!
岩見沢で運用を変えられる事なく来てくれました。

リベンジ達成しました!!。

IMG_6260_201310282245328ff.jpg


駅まで戻ると次の上り列車まで約1時間待ち。
特急列車が頻繁に通過しますが、それ以外は静かなもの。昔は長い編成の客車列車が停車して
いた長いホーム。解放感があります。

IMG_6265_2013102822264003c.jpg


とくにすることもなく、誰もいない駅に1人でいましたが、少し肌寒いけれど、駅のまわりの
木々も色づいていてさわやかな気分に。
1人でぼーとしていると、忙しい毎日を忘れさせてくれます。
誰にでもこういう時間って必要だと思います


IMG_6264.jpg
IMG_6266.jpg


駅近くのJAのスーパーが9:30に開店したので行ってみると、気になるノボリが。
美唄名物の焼きそばのようですが、午後に入荷するとの事で手に入らず。
地元では有名なものなのでしょうか。

DSC01085.jpg


とくにすることもないので、美唄まで行くことに。
美唄駅の脇のスーパーで手に入りました。1つ105円。
買ってから、以前テレビでやっていた袋入りの焼きそばだった事を思い出しました。
本当はフライパンで炒めるのですが、そのまま食べても美味しかった。
30日までは賞味期限があるのでお土産に購入。(要冷蔵ですが涼しいので…)
峰延駅の近くのJAのスーパーのノボリのおかげです。

DSC01098.jpg


再度、岩見沢駅まで戻り、滝川行普通列車で711系のお別れ乗車を。
朝の国鉄色が充当されます。前の記事の「赤電」とイメージが被ります。
来年には引退してしまうので、日中の空いた普通列車で最後の乗車を。
最後のほうになると騒がしくなるかも。
IMG_6274.jpg
IMG_6268.jpg
IMG_6279.jpg
IMG_6284.jpg
IMG_6288.jpg

滝川からは新千歳空港行の直通列車で。

北海道、初夏がいい季節かと思っていましたが、秋も爽やかでいい季節です。

DSC01084.jpg

今回、当てもなく日程を決めましたが、予想外にいい結果に。
リベンジしてよかった。

やはり、「思い立ったが吉日」「行きたくなったら行く」です。

長文となりましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。



スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

赤電

前の記事の写真で一番左に小豆色の417系が写っています。
いただいたコメントに返信していたら小豆色の電車、通称「赤電」を記事にしようと思いました。
常磐線の上野口の中距離電車もかつてはこの色でした。
「野暮ったい」感じのする色ですが、個人的には好きな色です。

国鉄時代、赤電が走っていた区間では車両のカラーに合わせて駅名板の縁取りが小豆色でした。
最近まであった土浦駅にあったものは無くなりましたが、以前水戸線の結城駅で見かけたものは、
今でも残っているのでしょうか…。

img176.jpg


常磐線の赤電塗装もつくば万博の輸送を機に、白い小田急線のような塗装に塗り替えられました。
そんななか、平成13年に常磐線勝田電化40周年記念で4両1編成が赤電塗装になりました。
常磐線に久しぶりに赤電が復活しました。img177.jpg

img175.jpg

この車両、運用範囲も広かったので、たまたま見たり乗れたりしたらラッキーな車両でした。
なんとか運用がわかり撮影した一枚です。

img027_20131024192835928.jpg

上野駅地平ホームでボンネット型との並び。
国鉄常磐線のイメージ。

img179.jpg


赤電というか415系(鋼製)の車両自体も数年前に常磐線から引退してしまいました。
仙台の赤電、417系もJR線からは引退してしまいましたが、阿武隈急行に1編成が譲渡されました。
最後の1編成なので、イベントで赤電塗装にしてほしいところです。


テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

ヘッドマーク

13日に常磐線で485系を使用した「ひたち50周年記念号」が運転されました。
個人的にシールのヘッドマークがどうも好きになれなくて撮りに行きませんでした。

やはりヘッドマークは国鉄時代からのデザインの幕でないと。
以前、485系の幕のヘッドマークを撮っていましたが…
回転中に撮ったわけではなく、途中で止まった状態でした。


img174.jpg

残念な状態でしたが、今見ると475系、485系、417系の並びが懐かしい。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

旧白川信号場と米沢牛

山形に芋煮と米沢牛を食べに行きました。
東京から約2時間、板谷峠を越えて米沢に到着です。
事前に調べた米沢駅前の店に入りました。
肉そば、芋煮、焼き肉と米沢牛づくしです。
やはり芋煮は絶品です。値段も良心的でした。

DSC00987.jpg


DSC00984.jpg
DSC00986.jpg
DSC00985.jpg



と目的は果たしたので「鉄」的要素に。
米沢から出ている米坂線も新型車両に置き換わりました。

実は米坂線には以前乗車した事があり、気になっていた所がありました。
今泉駅から坂町方にある、山形鉄道との分岐点で、
昭和50年代後半には廃止され、今泉駅構内となった(旧)白川信号場です。
レンタカーを借りていたので、クルマで向かいました。
もちろんナビに旧白川信号場なんて入れても検索されませんが、山形鉄道と別れる地点は
地図で見てもすぐにわかります。
場所はわかりますが、近くには未舗装の道しかなく、進めるかどうか不安だったので、
途中でクルマを停めて歩いて近くまで。
周りが田んぼなので離れた場所からでも存在が確認出来ます。

IMG_6226.jpg



(旧)白川信号場です。
廃止されてからしばらく経っていますが、荒廃した様子はありません。
米坂方に歩いて河原の土手から全体を撮ってみました。
分岐の真ん中に島のように建物があり、その手前には盛り上げられたホーム状の場所が。
廃止前はこの場所でタブレット交換がなされていた事でしょう。
信号場と名乗っていても、単なるポイントだけという箇所がほとんどですが、
模型で再現したくなる好ましいスタイルなのが(旧)白川信号場です。

IMG_6229_201310100143550ba.jpg
IMG_6230.jpg

IMG_6231.jpg

帰って本屋に行ったら、偶然にも鉄道ピクトリアルの記事に白川信号場の事も載っていました。
(旧)白川信号場を後にして、今泉駅に寄ってみました。
山形鉄道も乗り入れますが、JRというのを強調しているように見えます。

DSC00998.jpg

ホームには古いホーローの案内も。
このアングルで撮影するとまさに国鉄の駅です。

DSC00997.jpg

たまたま米坂線が遅れてきたので、キハ110の単行が撮影出来ました。
キハ110も取り立てて珍しい車両ではありませんが、そういう車両こそ気がつくと少なくなったり、
姿を変えたりしているものです。
この車両は転落防止幌もなく、行き先も幕のままです。

DSC00996.jpg



新型車両に置き換えられても、やはりローカル列車には心惹かれます。
米沢牛のついでに寄りましたが、予想以上に「鉄」的に満足する結果になりました

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

キネ

Author:キネ
房総から昭和を求めてへようこそ!






国鉄標準型時計


リンクを貼っていただく際にはご一報願います。

関係のない、悪意あるコメントは削除します。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

なんとなく鉄道びより。

房総横断鉄道の夢に乗る

もそっと撮り鐵
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR