焼きまんじゅうから秩父鉄道

先日、高崎に出張した際に家族にお土産に買った「焼きまんじゅう」が好評だったので、
出来立てを食べようということになり、前橋まで行ってきました。


高崎までは新幹線を利用して、高崎からはレンタカーを利用しました。
高崎駅のお土産売り場でこんなお菓子を見つけました。

特急ならわかりますが、115系、211系をデザインした箱も。

2013052511220000.jpg

2013052511220001.jpg

レンタカーで前橋市内の「敷島公園」を目指します。
「敷島公園」、自分は知りませんでしたが、かなり大きな公園。

公園内の池には足こぎボートがあり、子供と乗ってみました。


2013052513450000.jpg

なぜ、敷島公園にしたかというと、妻が以前、公園の脇で焼きまんじゅうを
出している店をテレビで見たと言っていたので。

ここがその「敷島亭」です。
幟にあるように「焼きそば」「ラーメン」などもあります。


2013052513410000.jpg

そしてこれが「焼きまんじゅう」
お店で焼いてくれるので、焼き立てを食べられます。
外は甘辛いタレでカリカリで、中は柔らかいおまんじゅうです。
おいしい。

2013052513180000.jpg

その後、以前も行った佐野市の「いもフライ」を食べに行くのですが、途中、上毛電鉄の大胡駅
に立ち寄りました。
車庫にいるデハ101が、ホームからでも見れるかと思って。

IMG_5780.jpg

ホームからは車庫が少し離れているので、写真に撮ってもあまりよくわかりません。
偶然にも車庫を見学している人が見えたので、駅の改札で聞いてみると、車庫に連絡していただき
見学させていただくことに。

デハ101をはじめとした貴重な車両を見ることが出来ました。

IMG_5771.jpg
IMG_5772.jpg
IMG_5773.jpg
IMG_5775.jpg

なお、帰宅してから上毛電鉄のホームページを見ましたが、大胡電車庫見学は予約制で
13時~15時の間に見学できるそうです。

今回は時間外で予約なしでしたが、ご厚意により見学をさせていただきました。

ありがとうございました。

IMG_5779.jpg


なお、見学の際には170円の入場料金(駅の入場券とは別)が必要です。
見学を終えると記念に「大胡電車庫」とゴム印が押された入場券がもらえます。


2013052619150002.jpg

大胡駅を後に北関東道で佐野市を目指します。
16時過ぎに佐野市に到着。

少し遅いおやつです。
前回も来た、「いもフライ大しま」です。

2013052516450000.jpg

そして1本60円のいもフライです。

2013052516250000.jpg

今回初めて見た「さのまるポテチ」。
いもフライ味の厚切りポテトチップです。
500円と値段は高めですが、箱の中に3袋入っています。
味は濃く、いもフライの味が良くでています。

2013052521210000.jpg

いもフライを食べたらまた北関東道で高崎に戻り、高崎市内のホテルに宿泊。

翌日、レンタカーを返却して高崎駅へ。
高崎駅に着くと「SLみなかみ」号が入線。
115系と12系客車の並び。いかにも高崎といった並び。

IMG_5787.jpg

9:49発の八高線で寄居まで。

IMG_5781.jpg

寄居からは子供のリクエストで秩父鉄道で熊谷まで乗車。
ちょうどSL列車が到着するところだったので、東武東上線のホームから撮影。
「JNR]マークがかっこいい。

IMG_5795.jpg

1000系に乗せてあげたかったのですが、来たのは2両編成の7800系。
こちらのほうが確立は低いのですが、3本しかない1000系に乗車するのは難しい。

熊谷に着いても、1000系は見れず…。
以前は1本は必ずいたような感じでしたが、これが今の状況です。

1000系電車ですが、6月の土休日は「俳句列車」としてスカイブルーの編成が固定ダイヤで
運行されます。
乗車されたい方はこの電車を利用してみては。
詳しくは秩父鉄道のホームページの秩父鉄道ニュース6月号をご覧ください。


2013052611510000.jpg
スポンサーサイト

秩父鉄道リバイバルカラー

知り合いの方から秩父鉄道の1000系の床下機器などが写っている写真があれば…
というので探していたら、1000系のリバイバル塗装の写真が出てきました。

フィルムでも撮っていますが、探してスキャナーする時間が無かったので、
コンデジで撮ったものを送りました。
ついでに記事にしてみます。


秩父鉄道の2世代前の色です。

1000系も1世代前の色、黄色、スカイブルー、オレンジ、関西線色と塗装変更されましたが、
この色が一番好きでしたし、似合っていると思います。
知人に言わせると駅の売店で売っているダイキャストモデルみたいだという意見ですが…。

IMGP0722.jpg

IMGP0721.jpg

三峰口駅での旧塗装の並び。

左側の車両は引退して三峰口の車両公園に展示されているものです。

IMGP0724.jpg

数年前の「わくわく鉄道フェスタ」にて塗装変更中の姿が公開されていました。
個人的には「秩父鉄道」の文字がないほうが好きです。

IMGP0673.jpg


連結面も印象的でした

IMGP0678.jpg


このリバイバル塗装の車両も気がつけば引退してしまいました。

そして、記事を書いていたら模型が欲しくなりヤフオクで落札…

わくわく鉄道フェスタ(秩父鉄道)

秩父鉄道の広瀬川原駅を会場として行われた「わくわく鉄道フェスタ」に行ってきました。

高崎線の普通電車で9:20過ぎに熊谷駅に到着しましたが、凄い人の数。

並んで臨時発売の乗車券を購入。

IMG_5761.jpg

ホームに降りるとスカイブルーとオレンジの1000系の並びが!!。
すでに撮影会状態。
すぐに2枚ほど撮りましたが、撮った途端にスカイブルーが移動し始めました。
間一髪でした。

IMG_5710 (2)


9:42発の広瀬川原駅行きの臨時列車にはスカイブルーの1000系が充当されました。
さすが通勤型電車、ホームにいる大勢の乗客が一気に乗車出来ました。
冷房が無い混んだ車内で扇風機が回っている様子は、まさに昭和の通勤電車
もう1000系に乗車出来るのも最後かな?そう思って臨時列車に乗ってみました。

IMG_5713 (2)
2013051809400000.jpg



多くの乗客を乗せて広瀬川原駅へ出発。10分少々で広瀬川原駅に到着。
広瀬川原駅は通常の駅ではなく、秩父鉄道の車両基地を1日だけ乗降できるようにした臨時駅。
そのためホームが無いのでステップが用意され、そこから下車します。
もうすでに大勢の人が。
人がいないときを狙って電気機関車を撮影。

IMG_5714 (2)

そして秩父鉄道が所有しているC58型SLも撮影。
JNRマークが入れられています。

IMG_5717 (2)
IMG_5716 (2)


会場では色々な催しが。
来場者はボールペンとメモ用紙が入った袋がもらえます。(先着順ですが)

IMG_5760.jpg

イベントスペースでは埼玉県のB級グルメの露店が。
「熊谷ホルモン焼きうどん」など埼玉県はB級グルメの宝庫だから大好きです。

2013051810340000.jpg

早起きして小腹が減ったので、「行田のフライ」を買って食べてみました。
肉と卵の無いお好み焼きのようなものでした。素朴な味でおいしかったです。

2013051810360000.jpg

会場では1000系グッズのガチャガチャが設置されていました。
いくつか購入。
IMG_5715 (2)
IMG_5753.jpg

1000系がデザインされた名前が入れられるシールもありました。

img147.jpg


大手私鉄顔負けの充実ぶりです。

そして今回の目玉、1000系(旧国鉄101系電車)の並びです。
3本並ぶのも今回が最後です。

ヘッドマークが無ければ最高なんですが、交換も取り外しもしないとアナウンスがあったので、
並びを撮って帰ることにしました。


IMG_5719 (2)

会場では去年の「みんしあ」で一緒にボランティアをしたT電鉄のYさんにお会いしました。
他にも元職場の人を見かけたりしました。

イベントなどでは別にやましいことは無いので、正々堂々と知人を見かけたら声をかけたり、
逆に声をかけられたりたらしばらく雑談したりします。
思いがけない所で会うのは楽しいものです。



帰りは「ひろせ野鳥の森」駅まで歩いて向かいましたが、脇の土手からも1000系の並びが撮れました。
パンタグラフが無いクハのほうが個人的には好きなので、初めからこっちで撮れば良かった。

IMG_5730.jpg
IMG_5740 (2)

10分ほど歩いた「ひろせ野鳥の森」駅でも乗車券の臨時発売が行われていました。

IMG_5762.jpg


熊谷駅に到着すると「特急草津」の接近放送が。
急いでホーム端まで行くとあまぎ色の185系が。
185系の特急電車もいつまで乗れるかわからないので乗車しようかと思いましたが、
自由席が2両しかないのでやめました。

IMG_5750 - コピー (2)

今回、秩父鉄道の1000系の並びが最後ということで行きましたが、B級グルメの露店など
撮影以外でも十分楽しめるので、来年は家族で行こうと思います。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

特急、急行、準急

先日、いすみ鉄道の社長ブログでいすみ鉄道のキハ28の種別幕に「特急」があるのを知りました。

実際、キハ58系列の北海道版キハ56では、特急北斗の代走で特急幕を出して
走ったようですが、遠い昔のお話。


と思っていたら、10年以上前ですがJR西日本でもキハ58を特急列車で使用していました。
たしか豊岡駅だったと思いますが、「特急エーデル北近畿」のキハ587301を撮影していました。
さすがに種別に特急は無いので、白幕表示でした。
塗装を変えて座席もリクライニングシートに変えていますがどうみてもキハ58。
増結用とはいえ、2両目の改造されている車両と比べれば見劣りがします。
この時は乗車しませんでしたが、後日キハ58の特急に乗りたくなり、エーデル北近畿に
乗車しましたが、増結車のキハ58は連結されていませんでした。

特急「エーデル北近畿」
img144.jpg

そしてキハ58の本来の目的である急行列車としての使用。
山陰線の「急行丹後」です。

昔の急行列車の姿を残していた貴重な列車でした。隣りにはグリーン車のキロ28が連結された
編成も停車中でした。急行と呼ぶにふさわしい列車でした。
平成6年ごろに京都駅で撮影した写真です。今では駅ビルが上を覆い、空は見えませんが、
当時はまだ昔ながらの姿でした。

img146.jpg


そして、いすみ鉄道のキハ28の種別幕にもあるという「準急」
国鉄では昭和40年代に消滅していますが、小浜線に乗車していたときに、普通列車でも
きちんと「普通」表示にはせず、表示と表示の間の白い部分を表示している車両
(エーデル北近畿のキハ58のように)があり、「準急」の文字がちらりと見えてました。

ダメ元で、敦賀駅に到着した時に運転士さんにお願いして「準急」表示にしてもらいました。
運転士さんいわく「ボロ汽車やから、何がはいっとるかわからんよ」と言っていましたが、
快く、手動の幕を回してくれました。

img145_20130510225950.jpg


国鉄時代は画一的な幕しか入っていませんでしたが、JRになってからは地域、所属ごとに
行先や種別と行先のような多様な幕が入っていました。

いすみ鉄道のキハ28にも社長の遊び心で変わった幕が入っているかもしれませんね。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

圏央道を走ってみました

圏央道の茂原北IC~木更津東ICの区間を走ってみました。

茂原市内には開通を祝う垂れ幕が。


悲願というと大げさだし、ローカル線建設運動みたいですが、今まで外房から内房まで
行くとなると、国道409号線をはじめとした曲がりくねった山道を通らなければ
なりませんでした。なので、早く開通しないかとずっと待っていました。

ただ、以前よそ(横浜)の方がいうには国道409号線は渋滞も信号もないから、ずっと普通に
50キロぐらいで走行できるから走りやすいと言っていましたが、やはり山道は面倒な道でした。

2013050716310000_20130508211642.jpg


6日に君津に用があったので、茂原長南ICから利用してみました。
茂原長南ICは茂原駅から15分ほどで到着。
連休中ですがクルマは少なめでした。

助手席に座った子供が撮ったオモチャのデジカメの画像ですが、途中のトンネルの様子です。
まだ開通したばかりなのでトンネルも真新しい感じです。

IMG_0354_20130508211711.jpg


後部座席の妻に頼んで途中の様子を撮ってもらいました。
予想外の対面通行でした。途中追い越し車線のある区間もありますが… 。
周りは山、そして田園地帯を高い高架橋で突っ切ります。
帰りは茂原北ICまで利用しました。

2013050616480000_20130508211750.jpg


木更津東ICまでに小湊鉄道や久留里線の上を通りますが、ナビを見てもわかりませんでした。
非電化の単線ではわかりません。
小湊鉄道の高滝駅付近の高滝湖の畔に高滝湖PAを建設していますが、まだ完成していません。
なので、アクアライン方面から圏央道に入ると、トイレや休憩するエリアは無いので要注意です。

対面通行と70キロの速度制限は意外だし微妙ですが、今までの国道409号線の山道を越えての
外房から内房への移動が圏央道の利用でぐっと楽になりました。

いずれ東京駅からのバスも利用してみたいと思います。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

里見駅、駅喫茶復活

リンクさせていただいてる国吉駅助役さんの「房総横断列車の夢に乗る」の記事で
本日5月3日から喜動房クラブさんの駅喫茶が復活するのを知りました。

待ちに待った復活なので、さっそく行ってきました。

駅舎とは別のところに新しい建物が。

2013050311180000.jpg


ホームからも購入できます。
到着してしばらくして来た11時台の列車からも停車時間を利用して購入する方が。
列車交換で4分間停車するので、ちょうどいいかも。
2013050311590001.jpg

2013050311470000.jpg


販売しているものは、以前と同じ焼きそばやおにぎり、ケーキなど。

里見駅は有人化されたので、乗車券も購入できます。

乗車券類は新規に用意したのではなく、無人駅化される前ものを引き続き販売しているので、
在庫が残っていたものでは、「2等」表記のある40年以上前の乗車券もあったようです。
「2等」表記のものは収集家によって購入され、すでにありませんでしたが、「小」が
印刷された子供用の入場券も珍しいようなので購入。

2013050311160000.jpg


里見駅も交換設備が復活して休日は列車本数が増加したので、比較的訪れやすくなりました。
ちなみに、里見駅と市原鶴舞インターとの間を結ぶバス路線も開通したようです。

2013050312050000.jpg


ゴールデンウイークでしたが、ゆっくりとした時間が流れていました。
また訪れたいと思います。


2013050311220000.jpg


※喜動房クラブさんの活動は毎週末ではありませんのでご注意ください。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

キネ

Author:キネ
房総から昭和を求めてへようこそ!






国鉄標準型時計


リンクを貼っていただく際にはご一報願います。

関係のない、悪意あるコメントは削除します。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

なんとなく鉄道びより。

房総横断鉄道の夢に乗る

もそっと撮り鐵
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR