私鉄で乗る国鉄型

自分の3連休の最後の日。
以前、しなの鉄道のホームページを見ていたら、今日11月28日に169系が動くのを
知りました。

乗って、撮りたい。


ホームページに運用が出ていてありがたいのですが、最近は1月に数日しか動かない。
JR線へ乗り入れできなくなったので、運用が限定されてしまっています。

東京駅からあさま505号で上田へ。このあさま505号、途中停車駅は大宮、上田のみ。
上野や高崎、軽井沢さえも通過。そのせいか大宮でも窓側に座れるほど空いている。

上田には8:36に到着。この時間に上田駅にいると夜行列車で来たような錯覚が。
とりあえず立ち食いソバ屋で朝食のソバを。

しなの鉄道や上田電鉄の駅には「信州4私鉄」のピンバッジのガチャガチャが。
2回目に本日のお目当ての169系がデザインされたものが出てきました。

2012112808520001.jpg
2012112821170000.jpg

上田駅9:03発の軽井沢行で滋野駅へ。初めて降りる駅
なぜ滋野駅で降りたかというと、駅で撮影してそのまま169系の列車に乗ろうと。
ネットで探したところ、滋野駅の上田方で駅に進入してくるところが撮れるはずでしたが…。
いざ降りてみると、ホーム先端の使われていない部分は立ち入り禁止に、さらに上下線の間には
新たにロープが設置されていました。
しなの鉄道はほとんどの区間で上下線の間にロープがあります。

IMG_4792 (2)

失敗した~と降りて思いましたが、とりあえず駅を出ることに。
物はためしに駅脇の駐輪場の端で自転車の間から構えてみると撮れそう。かなり不審者ですが。

電柱と黄色い棒の間を望遠で抜いて撮ったので、アングル的には左側が大きく空いてしまったので、
帰宅してからトリミングしてみました。
背景には雪をかぶった山も入り、結果的には良かったのかも。

169系の軽井沢行。
IMG_4798 (3)

IMG_4798 (2)


滋野駅からの上り列車は10:12発の169系の軽井沢行の次は11:32発の小諸行まで
ありません。この後を考えると非常に効率が悪く、10:12発の軽井沢行に乗りたい。
一か八か、シャッターを切ったら猛ダッシュで駅の改札を抜け(無人)、地下道を走って
なんとか軽井沢行に乗車することが。
足は速くないのですが、目的があればなんとかなるんですね。

169系、車体は国鉄急行色ですが、車内は国鉄末期に改造されています。
カベは木目調、座席は新幹線の発生品の簡易リクライニングに。
IMG_4802 (2)

走り出すと、モーターの唸りと出足の良い加速感は急行型そのもの。

途中の小諸駅は自動改札もなく、駅のガラスに169系が写っているのを見ると
2昔前ぐらいの急行列車に乗っているよう。
IMG_4801 (2)

秋から冬へと変わる高原の林の中を走ること30分。終点の軽井沢駅に到着。
空いている車内と急行型の走りは快適そのもの。
軽井沢駅に到着すると回送になるとの案内が。
実際にはホームに停まりっぱなしですが、お客さんを降ろします。
その訳は…。
今では珍しくなった「サボ交換」のため。ホーム側は容易に取り換えられますが、
ホームと反対側も交換しなければならないため、ホームと反対側の扉も開けて
交換します。そのために回送として降車させられます。

IMG_4806 (2)
IMG_4805 (2)


あっけなく、乗る、撮るという目的を達成。時間は11時前。
このまま帰るのもと思い、新幹線で熊谷で下車して国鉄通勤型101系を見ようかと。

熊谷駅にはお昼頃に到着。駅脇の電留線に旧国鉄101系電車、秩父鉄道1000系が。
黄色のほうは旧秩父鉄道カラー、水色は京浜東北線カラー。

IMG_4809 (2)

個人的には、実際は短期間、少数の活躍だった京浜東北線の水色が一番のお気に入り。
後輩の103系と比べると前面の窓が大きく、どことなく優しい顔立ち。

IMG_4821 (2)

このまま、脇をオレンジ色の1000系が並べば絵になるのですが、数本待っても来ませんでした。
水色の1000系も運用に入ったので、熊谷駅近くの踏切で撮影。

IMG_4823 (2)

この列車、熊谷駅で10分ほど停車するので、駅まで戻り数駅乗車することに。
秩父鉄道も東急からの払い下げ車が増えて、乗車するチャンスも無くなるでしょうから。


103系よりも高く、静かなモーター音を唸らせ、継ぎ目の短い線路を走ります。
懐かしい、「国鉄の音」といった感じ。
時間に余裕があれば、終点まで行きたいのですが、途中で引き返し。
結局、オレンジ色は見かけませんでした。

熊谷からは、新幹線と特急わかしおで帰宅。

今日は、JR線ではなく、私鉄で国鉄型に乗車しました。




スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

別れを告げに(2)

昨日に引き続き、今日も久留里線のキハ30を撮影しに来ました。
場所も同じ下郡~小櫃間の賀恵淵踏切。

天気は昨日とはうって変わっての晴天。
933Dが来るころには順光に。しかし風が強いこと。

運用の流れどうり、933Dはキハ30の2両で来ました。
平日ということもあり、撮影者は10名ほど。
最終日の931Dあたりはすごいことになるんでしょうね。

自分的には今までで一番の出来ぐあい。

昨日も撮影できて満足しましたが、やはり晴天のほうがいい。

IMG_4779 (2)

沿線に出向いての撮影は今日でたぶん最後。
最終日の12月1日は午後から用があるので、午前中の927Dに充当されれば見送り
に行きたいと思います。
最後まで混乱なく動いてほしいものです。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

別れを告げに(1)

いよいよ、12月1日の在来車の引退まで数日となった久留里線。
やはり最後に見ておきたくなったので、久留里線沿線に出向くことに。
日曜日までの3連休は仕事、そして今日から3連休。

2日前からキハ30の2両が動いているようです。このまま運用どうりに行けば
最後の日(12月1日)の久留里駅での出発式の列車に充当されそうです。

今日、11月26日は日中に数往復する運用。しかし天気予報はあいにくの雨。

ところが起きてみると薄日がさして、明るい。
これならいけるかもと思い、クルマで下郡~小櫃間の撮影地へ。

雨予報の平日なので撮影者は自分の他にはいません。
ただ、到着と同時に雨が…。

だめか~と思いましたが、列車がくる数分前に雲の合間から太陽が!!。
列車通過時には明るくなり、なんとか撮影。

927D

IMG_4759 (2)

そしてクルマに乗り込むと雨が激しく降りだす。今日はついている。

そして、クルマで上総松丘駅付近まで移動。
産女踏切ちかくで待つことに。ここには先客が1名。

数分待つと追い抜いた下り列車が通過。
スピードを出しすぎての追いかけは危険極まりないので、無理な追っかけはしたくないのですが、
久留里線は速度が遅く、抜け道を使えば追い抜いてしまいます。

IMG_4763 (2)


移動中の久留里の町中にちょっと懐かしい自動販売機が。
最近、復活した「メローイエロー」や「はちみつレモン」が発売当初の時の自動販売機。
もちろん、使用停止です。

IMG_4766 (2)


また俵田駅の木の駅名板とキハ30を撮りたかったのですが、すでにワンマン運転用のミラーが。
ちょうど駅名板の目の前にあって邪魔。諦めました。

ならば馬来田駅へ。
木造駅舎とホーローの看板、そしてキハ30を絡めて。

やはり、木造駅舎には国鉄色が良く似合います。
ちなみに、晴れていればモロに逆光になります。

IMG_4774 (2)

あいにくの雨なので、行くのをやめようかとも思いましたが、列車が通過するときや
駅舎を撮影するときは雨が上がったりしましたし、撮影者も少なく窓から顔をだす人も
いなくてラッキーでした。

今日の運用は920D~953Dの運用で、明日は924Dからですが、
あしたも休みなので、運用どおりにいけば日中にも動くのでまた行きたいと思います。

里見駅 駅喫茶(2)

以前も記事にしましたが、気になることがあったので。

先日、日経新聞の記事で小湊鉄道里見駅の交換設備復活と列車の増発が発表されました。
周囲の学校の統廃合による列車での通学生の増加を見込んでのこと。

現在は上総牛久~上総中野間は1個列車での往復ですが、里見駅に駅社員を配置して、
列車交換を行うそうです。

そうなれば、毎月第1第3土曜、日曜日に駅舎の中で行っている駅喫茶はどうなってしまうのかと
心配になり里見駅に向かいました。

里見駅です。

IMG_4739.jpg
以前は奥のホームを使って列車交換を行っていました。
IMG_4718.jpg


駅周辺も少しずつ色づき始めました。

IMG_4715.jpg

11:44発 養老渓谷行です。車掌さんが低いホームにわざわざ降りましたが、
乗車も降車も0です。(男性は小湊鉄道のタクシーの運転手さん)
IMG_4726_20121117222527.jpg


色づきはじめた森へ。

IMG_4730.jpg

さて、肝心の駅喫茶のようすです。
喜動房倶楽部さんが行っています。
太巻き寿司、おにぎり、焼きそば、200円~300円程度とどれも安い。

IMG_4737.jpg

近くの農家の方が持ち寄った野菜や漬物なども。野菜は都会とは比べられないくらい安い。
駅舎の外にも多数。
かぼちゃも1つ200円でいいよと言ってくれましたが、切るのが大変だと言うと4等分に
切ってくれました。もちろん購入。

IMG_4736.jpg

購入した焼きそばです。200円です。いく度に購入する我が家の定番商品です。

IMG_4735.jpg

そして今回勧められた「コーンスープ」です。
喜動房倶楽部さんの農園で収穫したトウモロコシから作ったものですが…
今までの人生で一番と思うほどおいしい!!。
思わずもう一杯いただきました。一杯100円とは思えない。
IMG_4741.jpg

今後の活動予定です。
芋煮やハイボールガーデンなど楽しそうなイベントが。

2012111711400000_20121117221945.jpg

最後に、喜動房倶楽部の方に「駅を改良しても続けますか?」
「里見駅以外の他の場所でやらないんですか?」と聞いてみましたが、

「微妙なんですよ、小湊さんが貸してくれればね」とのこと。
ぜひ継続してほしいものです。

我が家の癒しの空間なので。
食べ物もいいんですが、なにより人がいい!!

今日も天気が悪かったのですが、クルマでチラホラと立ち寄って購入していく人もいます。
みなさん、楽しみにしていますから。

なんか、最近寂しさを覚えるようなことが多いなあ…。

貸切列車

本日、当ブログにリンクさせていただいてる「房総横断列車の夢に乗る」の管理人、
国吉駅助役さんからお誘いを受けてキハ52の貸切列車に家族で乗車してきました。

貸切列車は大多喜駅を9:28に発車して上総中野へ、上総中野から大原へ、大原から
大多喜に11:49に戻ってくるというもの。
今回は助役さんの意向で、上総中野方はヘッドマークなし、大原方は「房総の休日」
を掲出しています。

2012111111090000.jpg


途中の駅にはすべて停車します。

いすみ鉄道の「秘境駅」こと久我原駅。

2012111109380000.jpg

列車には「いすみ鉄道応援団」のみなさんが。
大多喜発車時からハイテンション。

各自持ち寄ったものを車内で配っています。

いろいろいただきましたが、いすみ鉄道応援団の団長さんからはポップコーンを。
キャラメル、カレー、塩味と3つも。左側のやや黄色いのがカレー。

2012111109370000.jpg



日本酒もいただきました。日曜日の朝から日本酒を…。
銘柄は忘れましたが、飲みやすくおかわりもいただきました。
しかも、足りなくなり大原駅の折り返しで売店でビールを買い足す始末…。
完全に出来上がっています。

2012111109340000.jpg

沿線の紅葉はまだまだ。キハ52はエンジン音をあげてゆっくりゆっくりと。

2012111109450000.jpg


国吉駅助役さんが車内放送を担当。本業から見ても様になってますよ。

2012111109570000.jpg

国吉駅からは車内販売で特製の「タブレットクッキー」が。
数に限りがありますが買うことが出来ました。
クッキーの形がタブレットの玉の形をしています。
国吉駅でタブレット交換を行っている栗原駅長の企画です。
食べたかったのですが子供に取られました。

2012111111140000.jpg


約2時間という時間でしたが、楽しくあっという間に過ぎてしまいました。
日本酒を飲んでしまったので妻の運転するクルマで帰宅しました。


誘っていただいた国吉駅助役さん、そして参加していた皆さん
どうもありがとうございました。



ちなみに貸切列車ですが、国吉駅助役さんがプレミアムオーナーなので土日に貸切が出来ました。
一般に貸切をするには平日に一往復を8万円で出来ます。
気の会う仲間で周りに気兼ねなく楽しめるので、人数さえ集まればそんなに高いものではない
と思います。


赤岩駅(追記)

JR時刻表11月号、黄色のページにも記載されていますが、奥羽本線の赤岩駅が
今年の冬から冬季営業休止になります。
昔の写真を引っ張りだす気になりました。数枚ですし、たいした写真ではありませんが。

確か平成元年ごろ。

現在の赤岩駅は本線上に短いホームと待合室がある小さい駅ですが、
以前は下り列車は本線からいったん引き上げてバックで入る、上り列車は駅到着後、
バックで引き上げ線に入り本線に戻るスイッチバックの駅でした。




現役当時の赤岩駅の駅名板です。現在もボロボロになって旧ホームに残っているようです。


PICT0006.jpg

赤岩駅の駅舎です。こう見ると線路に立ち入って写真を撮っているようですが…


PICT0008.jpg

実は赤岩駅には駅前に道路がなく、駅舎を出て階段を下るといきなり奥羽本線の本線上に
出てしまいます。


PICT0007.jpg

駅舎の中には閉鎖された窓口があり、車内で乗車券を買うようにとの看板が打ち付けてありました。
調べたところではJRに移行する前、国鉄時代の昭和59年には無人化されたようです。

PICT0009.jpg

当時の車内補充券。赤岩駅から峠駅までの子供用ですが、記念に購入したもの。
今のようなPOS券ではないので、区所ごとに様式や地図が異なっていて、乗るたびに
車掌さんに子供用を記念に購入していました。
よく見ると蟹沢(廃駅)や北上ノ山(現茂吉記念館前)といった駅名も。

2012111013140001.jpg


赤岩駅、行政上は福島市内ですが、周りはまったくの無人地帯。旧駅の裏から徒歩で
30分ほど行くと大平という集落があるそうですが、利用客は限りなく0に近いと
思われます。

なぜ、赤岩駅で降りたのか?。
山形新幹線の建設が始まるとスイッチバックがなくなると思い、しかもあえて降りる人が
いないような赤岩駅で降りてみようかと思ったのだと思います。

今のように「秘境駅」めぐりなんて言葉がなかった頃、山間の無人駅で降りるのは、
地元の人以外は相当の物好きだと思います。

こんな、何もない山間の無人駅に2時間近くもいる奴なんて「不審者」以外の何物でも
ありません。

商店も、民家も、自販機もない寒い駅で震えていた記憶があります。

でも、観光地でもなんでもない、こういう小駅に降りるのが好きなんです。



赤岩駅の冬季営業中止は来年の3月25日までとなっていますが、駅の利用客が
皆無な状態ですので、そのまま駅の廃止にならない事を祈ります。




キハ30と私

いすみ鉄道ではキハ28-2346の導入を記念して、「私の昭和、鉄道写真」を募集しています。
鉄道車輌と自分が一緒に写っている写真を募集だそうです。

整理下手なので、昔撮ってもらった写真などが見当たらない。

たまたまUSBにスキャナーして移していたポラロイドの写真が出てきた。

色があせていて見苦しい写真とへたくそな字が恥ずかしいが、昭和の写真として…。

確か小学2年生、昭和55年ごろ。汚い字でも書いてあるように国鉄木原線上総中野駅。
母親と小湊鉄道~木原線と乗り継いで旅行をしていた気が。
子供心にもいなかの車両だなと思っていたのを覚えている。
しかしそれ以降、気がつけば気動車ばかり追いかけていた。
写っている車両はキハ35100 よく見ると車両の所属配置は天カメ
天王寺鉄道管理局亀山機関区である。国鉄時代に行われていた全国規模の転属がわかる。

この写真から30数年。今も上総中野駅ヘキハの写真を撮りに行っているのを考えると
30年以上たっても同じようなことを…。

画像 011

そして、職場の大先輩から頂いた写真。
総武線、西千葉~稲毛間に存在した「千葉気動車区」。
キハ28とともにキハ30も。切れてしまっているが右端には撮影日75.3.3の日付が。

img090.jpg


ちなみに自分の実家は西千葉駅が最寄り。結婚式を挙げる際に親戚が集まった時に、
「小さいころにグズったりすると駅に連れて行ったよ、でも電車が来ないと泣くから、ディーゼルの
基地に連れて行くと機嫌が良くなったよ」という話が。

その時に今の自分(キハ好き)が確立されていたのか!!。

当時2歳。この写真のような気動車の並びは見ていたはず。

そんな40年近く前から見ていたキハ30系列がまもなくJR線から引退。
最近まで、つまらない車両として見向きもされませんでしたが、


鉄道趣味の原点のようなキハ30。ありがとう、そしてさようなら。

プロフィール

キネ

Author:キネ
房総から昭和を求めてへようこそ!






国鉄標準型時計


リンクを貼っていただく際にはご一報願います。

関係のない、悪意あるコメントは削除します。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

なんとなく鉄道びより。

房総横断鉄道の夢に乗る

もそっと撮り鐵
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR