最終電車

職場の後輩と仕事が終わった後に柏で飲んでいて、気づいたら22時を回っていました…。
柏から22:35の東武野田線船橋行で船橋へ。船橋からは総武快速線で千葉へ。
千葉駅には23:35ごろ到着。

外房線茂原行の最終電車は23:46発。外房線自体の最終電車はその後の大網行。
前回のダイヤ改正から211系5両から209系6両に変更。
5両編成では金曜日や年末など乗り切れないのじゃないのかと他人事ながら心配していましたが。

120929_233652.jpg

君津行最終電車と並ぶ茂原行最終電車です。
君津行最終電車だけが千葉駅から発車するE233系の列車です。
10両という長編成ですが、最終電車でトイレが無いのはいかがなものか…。

120929_233830.jpg

千葉駅を発車する時点では座席が埋まる程度でしたが、蘇我駅では立ち客が出るほど。
とは言っても次の鎌取駅で大勢降りて、大網駅を過ぎるとガラガラ。
永田、新茂原駅は無人駅状態。真っ暗です。
0:24に茂原駅に到着すると、回送列車として折り返して蘇我駅まで戻ります。
茂原駅には乗務員の宿泊施設がないのですが、ムダといえばムダかも。

120930_002430.jpg

茂原行の最終電車、東京からの快速電車の接続にあわせて23:46の発車に。
東京駅を23:04の電車に乗らなければ間に合いません。
以前、新宿に23:00近くまでいて、千葉駅に来たら間に合いませんでした。
終電は乗り遅れるのが怖くて利用しないようにしていたんですが…。
何年前からこの時刻になったか知りませんが、国鉄からJRになった頃は23:06の発車でした。
他線区でもバブル期に終電時刻の繰り下げを繰り返しおこなったようなので、
その頃に繰り下げたのかもしれません。

120930_192845.jpg


初めて乗車しましたが、なるべくお世話にならないようにしないと…。
スポンサーサイト

いすみ鉄道サポーター

いすみ鉄道にキハ52が導入されたときに入会した「キハ52サポーター」。更新しました。
もちろん5000円の。50万円のオーナーも年度ごとに更新なんですね。永久的だと思いましたが。
「キハ52サポーター」という名称でしたが、「国鉄形気動車サポーター」に変わりました。
いすみ鉄道のホームぺージから申し込みが出来ます。

申し込みをして数日でメール便が。


120928_114854.jpg

送られてきた中身です。この他に大多喜町や一ノ宮町の案内など。
上の3つは大多喜駅の入場券。その下は一日フリー乗車券。
どちらもサポーター限定です。

120928_121158.jpg

このフリー乗車券は有効期限があります。キハ52にちなんでか来年の5月2日までになっています。

120928_121207.jpg

フリー乗車券1000円、入場券3枚で計1510円は使おうと思えば使えます。
記念にとって置きますが…。
来月14日には、いよいよキハ28が大多喜に到着しサポーター対象のお披露目撮影会があります。
そのときの様子も記事にしたいと思います。

丸ノ内線454 その後

以前、いすみ市の卵販売所「ポッポの丘」に保存されている丸ノ内線454号車の写真を
撮りましたが、ネットで色を塗り直した画像を見たので、今日行ってきました。

IMG_3997.jpg



塗り直されて綺麗になっていました。


IMG_4312.jpg

IMG_4311.jpg



行先も入っていました。「中野富士見町」の表示でした。
末期は青い色のサボでしたが白のものです。確かに古い写真を見ると白です。
本物かどうかはわかりませんが。

IMG_4321.jpg


IMG_4323.jpg


反対側の幌がある側です。もっと離れて全体を撮りたかったのですが、すぐ後ろは崖。
これが限界です。こちらの行先は「新宿」

IMG_4324.jpg

ちょっと中を覗いたら車内はピンク色の壁で、座席等もそのままのようです。
店員さんに聞いたところ、今時点では車内の公開はしていないそうですが、近いうちに
公開したいとのことです。

西登戸駅

昨日、実家から歩いて「京成千葉線・西登戸駅」へ。

小さな駅と狭い駅前です。IMG_4273.jpg

左手に商店がありますが、いつも店先には猫が。
少なくても10年以上前からこの駅前の商店の店先には猫がいた気が。
いや、それどころか他の方のサイトで昔の白黒の写真にも写っているので、
かなり前から違う猫ですが、ずっと駅前の商店には猫がいるようです。
この猫の先祖たちかもしれません。

IMG_4276.jpg


乗り降りも少なく、クルマも入ってこないので居心地がいいのかも。

駅周辺は古くは別荘地として開発され、海が埋め立てられてからは閑静な住宅地に。
家が増えても昔の海岸近くの名残で松が目立ちます。
近くを走る総武線とは沿線の雰囲気が異なります。
京成千葉線自体も「京成のローカル線」と言われているくらいですから。

IMG_4284_20120923215643.jpg


昔の駅名は「千葉海岸」
かつてはこの道を多くの海水浴客が歩いた事でしょう。
自分の父親もよく海水浴をしたそうです。
IMG_4275.jpg


ちなみにこの駅の呼び方は「にしのぶと」。
高校生のとき、同級生に指摘されるまで南武線・小田急線の登戸駅は「のぶとえき」だと思い込んでいました。

IMG_4289.jpg

電車を待っていると3300系青電リバイバル塗装が。
時間があったので折り返し下り列車で来るのを待つことに。
IMG_4292.jpg
この色の電車が来ると一気に「千葉海岸駅」に逆戻りしたようです。

IMG_4294_20120923220116.jpg


時間があれば、沿線の松の木や古い建物とリバイバルカラー3300系を絡めて撮りたいと
思いますが、3300系の運用自体が複雑で捕まえにくいので…。

上総牛久駅点描・長南町

鶴舞病院に親戚のお見舞いの帰り、子供が駅に行きたいというので上総牛久駅へ。
鶴舞病院(循環器病センター)は鶴舞と名が付きますが、上総鶴舞駅は町はずれにあるので、
小湊鉄道上総牛久駅が最寄り。

市原市牛久は古くからの町で、現在も市原市南部の中心の町。
上総牛久駅からは各方面へのバス路線が。 茂原、勝浦、大多喜と出ているので、時間さえ合えば
かなりショートカットできます。羽田空港行のバスも発着。
120916_114802.jpg

沿線で一番大きな町ですが、駅舎は木造の小さなもの。
この駅で折り返し列車もあります。

120916_115212.jpg


下りと折り返し列車のホームへは構内踏切を通ります。

120916_115117_20120916143833.jpg

構内踏切には警報機がありますが、「きしゃにちゅうい」という時代を超えたような看板も。
沿線の踏切にも同じような看板があります。

120916_115126.jpg

駅名板も木。

120916_115509_20120916143930.jpg

改札口も木。「出口」はホーロー看板。そして出札口には硬券の入った乗車券箱も。
この駅は古いものすべてが現役です。

120916_115522.jpg

小湊鉄道の上総牛久駅以外の有人駅もだいたい同じ感じ。
新しく出来た(と言っても30年くらい前)、光風台駅以外は開業当時のままのようです。


帰りは国道409号線(房総横断道路)を通ります。通り道の長南町で少し寄り道。
長南町には古い建物が多く残っている街並みがあります。
しかも営業している店も多くあります。


120916_123511.jpg

寄り道をしたのは、長南郵便局の前にあるバス停を撮りに。
去年、都自動車からHMC東京にバス会社が変わったのに、「都バス」のままのバス停が。
小湊バスと同じところを通るので、てっきりバス停は水色の共通のものだと思っていましたが、
独自のバス停を先日、牛久駅から茂原駅までのバスから初めて見かけました。


120916_123325.jpg

長南町にも長南郵便局のある通りなどに古い建物が残っていますので、今日は時間がなく
一軒一軒撮れなかったので再訪したいと思います。



長南町は茂原市と大多喜町、市原市の間にあるので、小湊鉄道やいすみ鉄道の撮影のついでに
寄り道をしてはいかがでしょうか。

成田

仕事が終わってゆっくり帰ろうと成田まわりで。成田に来るといつも気になるのが「JRバス」。
今日もいました。バスの形式はわかりませんが、とりあえず行き先がLEDではなかったので一枚。
千葉県では成田、八日市場あたりまで来ないとJRバスは見れないので、珍しさがあります。

IMG_4223.jpg

昔から成田に行くと気になっていたのか、「国鉄バス」の乗車券も出てきました。
今の成田駅の外、軽食スタンドあたりに窓口がありました。
「国鉄バス」って響きがいい。

img083.jpg

ちょうど接続がよく、千葉方面の快速電車が来るので帰ることに。
快速電車といっても、千葉まではホームが短い東千葉以外は各駅に停車。
快速電車に乗ろうとホーム先頭へ移動していたら、国鉄時代に使用していた乗車位置案内が
かろうじて残っていました。右が現行のものです。
千葉独特ではないのでしょうか?。
ちなみに昔は普通電車と快速電車は青三角、特急電車は赤丸といったぐあいでした。


IMG_4225.jpg


成田駅もよく探せば古いものがありそうですし、帰りに乗った我孫子~成田間の通称
「我孫子線」の駅にも古いものが残っているので、別の機会に紹介したいと思います。

ポスター

新松戸駅で気になるポスターを見かけました。
お世辞にも綺麗とはいえない、ゴミゴミした新松戸駅の中で見かけたので、妙に癒されました。
我孫子駅にもあったので撮影。ほしいなぁ。

IMG_4222.jpg

パンフレットです。新松戸駅にはなく、我孫子駅にはありました。


IMG_4227.jpg


パンフレットには引退する車両の案内も。新型車両より目立ちます。


IMG_4228.jpg


沿線の名物の紹介も。B級グルメ的なものが。
祇園駅近くのパン屋さんの紹介。
揚げパンおいしそう。こんど木更津に行ったら立ち寄ろう。


IMG_4229.jpg


JR千葉支社もキハ30をはじめとする在来車を「貴重な商品」として認識しているようです。
ポスターでアピールもいいのですが、引退間際にマナーの悪い「にわか」の追っかけが増えない事を
祈ります。

小湊鉄道キハ5800と運転体験

JTB主催の小湊鉄道のキハ200運転体験とキハ5800撮影会に参加してきました。
キハ200の運転体験自体は2回目。ただ、今回はキハ5800の撮影会付。
滅多に見れないキハ5800。五井に行くたびに車庫からチラっと見え、ずっと見てみたい
と思っていました。
4月に申し込みをしてから、今日まで長かったな。すぐに満員になるから急いで予約しました。

9月8日。内房線で五井駅へ。五井駅の改札を出て小湊鉄道本社へ。
小湊鉄道本社大会議場が集合場所。

IMG_4195.jpg

小湊鉄道本社です。奥の高層ビル、ではなく手前の2階建ての建物です。
どうみても町役場か公民館といったところ。
IMG_4110.jpg

本社の中も懐かしい雰囲気です。

IMG_4112.jpg


本社大会議場です。
IMG_4116.jpg

そして9時から運転会のスタートです。
9:10から約30分間、教本やパネルを見ながら運転の講習を受けます。
IMG_4114.jpg
IMG_4115.jpg

講習を受けた後、記念撮影を行い、構内を通って体験車両キハ206へ。
構内では、塗装作業を行っている車両も。

IMG_4194.jpg
IMG_4117.jpg

運転体験は両方の運転台に別れて片道ずつ運転します。
運転台に入ります。最近の車両とは違い、「アナログ」の世界です。
IMG_4119.jpg

いざ、順番になって運転しましたが、時速15Kmでもかなりのスピード感が。
2回運転しましたが、行き過ぎたり、手前に止まったりとうまく出来ません。
やはり運転士には向いていないようです。

運転している様子を撮っていただきました。

IMG_4125.jpg

各自2回運転して、次はキハ5800撮影会です。


待ちに待った「キハ5800撮影会」。
このためだけに今回は申込みをしたと言ってもいいほど。


車庫に仕舞われているキハ5800を手前の休車中の車両と共に、現役車両が引っ張り出します。

IMG_4127_20120908225436.jpg


切り離したら、撮影会のスタートです!!。

これを撮りたかったんです。

IMG_4152_20120908224944.jpg


反対側からも。現役を退いてからかなりの年月が経っているので、かなり色があせ、ボロボロです。
でも解体されずに保存されているだけでもありがたいです。
何枚も何枚も撮りました。貴重な体験ですから。


IMG_4176.jpg


そしてまた車庫にしまわれ、しばしの眠りにつきます。
しまう様子をYouTubeにアップしました
よかったら見てください。
「キハ5800」で検索すると出てきます。http://youtu.be/2Cu4xHSEhlw

IMG_4186.jpg


運転が終わると大会議室に集合して終了。会議室ではグッズの販売も。
お土産にラスク(350円)を購入。売り切れているときもあったので。
各種グッズは小湊鉄道の有人駅でも発売しています。

IMG_4190.jpg
IMG_4191.jpg
IMG_4220.jpg

12時ごろに解散となったので帰宅しますが、ただ内房線と外房線を乗り継いで帰るのも
つまらない。
キハを運転していたら乗客として乗りたくなったので、上総牛久まで乗車します。

五井駅の小湊鉄道への連絡橋では、お弁当なども発売しています。
TVでも紹介されましたが、種類も豊富で格安です。

IMG_4107.jpg

12:32発の養老渓谷行に乗車。
IMG_4198.jpg


1両編成でしたが、車内は席が埋まるほどの乗車率。
車掌が車内をまわり、補充券を発売しています。昔のローカル線の風景があります。
発車すると、カタンカタンと短い継ぎ目のジョイント音とゆっくりとしたスピードで、心地よい
乗り心地です。

五井から30分もしないうちに上総牛久に到着。
上総牛久駅から上総中野駅までは「スタフ閉そく」を施行。

IMG_4203.jpg

上総牛久駅で30分ほど待つと茂原駅行のバスがあります。
日に数本なので30分ほどの待ち時間は短いほう。

IMG_4214.jpg

上総牛久駅をバスは出発しますが、乗客は自分一人だけ。
バスは里山の田舎道を走り抜けます。
約50分ほどで茂原駅に到着。640円なり。途中から乗客は7名ほど。
外房線が運転を見合わせたときの迂回ルートとして考えたこともありましたが、時間的にも
金額的にも現実的ではありませんでした。

IMG_4218.jpg


今回はJTB主催で5800円で運転体験と撮影会。小湊鉄道主催だと、運転体験、車掌体験、
お弁当付で5000円。割高感はありますがキハ5800が撮影できるのは魅力です。

JTB主催の運転体験は来月以降、来年3月まで1月を除いて開催するようです。
(今後の予定は、週明け月曜日に発表するそうです。)

小湊鉄道主催のものも何回か開催するようなので、興味のある方は両社のホームページをこまめに
チェックしてみてはいかがでしょうか。

長柄町とチバテレビ

長柄町の「道の駅ながら」で新米まつりがあったので行ってきました。

あいにくの雨ですが、いろいろな無料配布があるので大賑わい。

120902_120321.jpg

そして人だかりも。

120902_120359.jpg

実は今日、チバテレビの「街かどクイズ」という番組の収録がありました。

120902_113927.jpg

そして、なんとクイズに参加できました。
声をかけられました。

クイズは長柄町に関する簡単なもの。当たりましたのでクオカードをもらいました。

120902_165421.jpg

そして記念品と放送予定を書いた紙も。

放送されるかもしれないし、カットされるかも。


120902_165408.jpg

肝心の新米は雨の中並んでおにぎりをもらいました。


新米も食べたし、買い物もしたので、「道の駅ながら」を後にします。

茂原市内の「再来軒」で昼食を食べて、いすみ市内の「ぽっぽの丘」に。
ここでもTVの撮影が行われていました。


昨日、後輩のNくんからのメールで丸ノ内線の400型が「ぽっぽの丘」に来たのを知りました。
先日、模型の丸ノ内線300型を手に入れたときに、昔写真を撮らなかったのを悔やみましたが、
こうして保存された車両でも撮影できたよかった。
やはり銚子電鉄のと違い、サインカーブがあるほうがいい。
丸ノ内線保存車、454号車

IMG_3997.jpg

かなり痛んでいるので、修繕してほしいものです。


そしてクルマでまた長柄町へ。「ロングウッドステーション」に向かいます。
この場所、以前は「アウトレットコンサート長柄」というアウトレットモールでしたが、
数年で閉鎖されました。

今日、ここにきたのはチバテレビのご当地ヒーロー「キャプテンC」が来るからです。
(青い衣装のがキャプテンCです)
「キャプテンC」については、動画サイトにもいくつか出ていますので詳しくはそちらを。
15:00からステージが始まります。雨天なので室内で開催。
トークと踊りで約30分ほどのステージです。
家族連れでいっぱい。子供達に実物を見せることが出来てよかった。


IMG_3999.jpg

今日は、チバテレビに縁のある一日でした。
チバテレビは千葉県内のほか関東の一部地域で視聴できますし、
一部のケーブルテレビでも視聴できます。

9月14日の放送を見ましたが、やはりカットされ最後に数秒間だけ映りました。

記念一日乗車券

本日、9:00から大多喜駅にて「キハ28形導入記念一日乗車券」が発売されました。
どうしても仕事が休めないので、妻が朝、大多喜まで行って買ってきてくれました。
9:20の時点で4人ほど並んでいたそうです。
1枚1000円でいすみ鉄道全線が一日乗り放題。日付は後日に記入なので
好きなときに使用できます。

120901_213726.jpg

専用の台紙に、キハ28が印刷された硬券が入っています。

120901_213731.jpg

裏面には10月にいすみ市内で行われる、能とオペラ鑑賞会の説明が。
台紙は鑑賞会の整理券も兼ねています。


切符を購入した後に駅の売店でグッズを購入したら、オマケにうまい棒をもらったそうです。
上は以前もらったキハ52バージョン、下は今回もらったもの。
特別な袋の中に通常のうまい棒が袋ごと入っています。

120901_214130.jpg



いすみ鉄道では今回の一日乗車券の他にもさまざまな乗車券類やグッズを発売しています。
グッズの売り上げが好調なのも、いすみ鉄道の存続につながりました。
社長自身も、「乗らなくていいからグッズ購入を」と言うくらいです。
ネットでの販売もありますので、ホームページをぜひ覗いてみてください。

プロフィール

キネ

Author:キネ
房総から昭和を求めてへようこそ!






国鉄標準型時計


リンクを貼っていただく際にはご一報願います。

関係のない、悪意あるコメントは削除します。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

なんとなく鉄道びより。

房総横断鉄道の夢に乗る

もそっと撮り鐵
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR