北東北旅行(2)

津軽大沢駅を後にクルマで小坂経由で十和田湖畔の宿へ。
小坂鉄道は今から20年以上前,高校生の頃と、会社に入ってから訪問しています。
旅客営業をやめてしまい、その後貨物営業もやめて廃線となってしまいました。
もう20年近くも行ってないし、クルマではなく列車で訪問したので場所はまったく不明。ナビなどに載ってるわけもなし…。
とりあえず高速道路を下りて小坂の町へ。宿のある十和田湖畔へ続く道を走っていると…

いきなり駅が!!。
使用中止の踏切の表示がなければ現役に近い姿が!!。
駅前にクルマを止めることに。
中には入れませんが、ほとんど現役当時のまま。

111008_153405.jpg


IMG_2226.jpg



しかも腕木信号機やタブレットの授受器までも。
IMG_2217.jpg
IMG_2216.jpg

庫の中にはディーゼル機関車も保存されています。


ふと、小坂鉄道の気動車が保存されているのではと思い、近くの資料館にクルマを止めると…

ありました!!。
IMG_2222.jpg

屋外に展示されているのがチラっと見えたので数百円の入場料を払って中へ。
かなりボロボロになっていますが小坂鉄道のキハが展示されています。
中にも入れます。
予想外の収穫も。
IMG_2221.jpg

軽便鉄道時代の車両も展示されています。
客車はなかなか好ましいスタイル。
模型化されないかな。
来た甲斐はあります。

小坂駅と資料館にかなり満足して宿へ向かいました。

そして次の日はまた楽しみが…。
スポンサーサイト

北東北旅行(1)

去年の話ですが北東北に旅行に行きました。
青森県黒石市で「やきそばサミット」が開催されたので参加しました。
サミットといっても会議の類ではなく、日本各地のご当地焼きそばの出店があり、食べ比べができる
イベントでした。

ちなみに食べた焼きそばは「浪江やきそば」「太田焼きそば」「石巻やきそば」で、食べた中で一番は「浪江焼きそば」
でした。一日も早く復興して現地で食べたいものです。

現地へは前日の「あけぼの」で新青森まで行き、レンタカーを借りました。
せっかく青森まで来たのだから、普段から気になる所に寄りたいということで…。

まずは、弘南鉄道の津軽大沢駅へ。
以前、職場の後輩から、「津軽大沢駅に車庫があり、元東急6000系が留置している」
との情報を聞き、前から気にしていました。

津軽大沢駅に着くと。

いきなり旧型電機とラッセル車の編成が留置。
入場券を購入しホームへ。
IMG_2191.jpg
IMG_2192.jpg
シーズンまでの休息といったところ。動いているところもみたいものです。

お目当ての元東急6000系は、隣接する車庫に。
一部、敷地に入らなければ撮れないので駅員さんに許可を得て撮影。
IMG_2214.jpg
IMG_2212.jpg
画像からもわかるとうり、車両には「さよなら」のヘッドマークが!!。
駅員さんに話を聞いたところ、数日後のイベントで実質、運転終了とのこと。
情報を得ていなかったのでビックリしましたが、解体せずに留置するとのことでした。
駅員さんは親切に教えてくださいましたが、一か月もしないうちに津軽大沢駅は無人化されたそうです。

さて今夜の宿は、十和田湖畔。
まっすぐ向かってもいいが、途中、小坂というところを通ります。
そう、小坂鉄道の小坂。
つづきの(2)で紹介したいと思います。

タブレット講座

JR東日本千葉支社主催の「タブレット講座」に参加してきました。
木更津駅11:45集合のPMコースに申込みしましたので、集合時間までに木更津駅へ。
このツアーでは木更津駅から久留里駅の往復の乗車券がセットされていますが、
久留里駅まで来て、また木更津駅まで戻って自宅まで帰るのを考えると、クルマで
1時間かからない久留里駅にクルマを止めたほうが帰りが楽。
というわけで。久留里駅9:57の木更津行きに乗車。
乗車した車両はキハ382。使用中止のトイレの脇にはボックス席が。
久留里線自体で数席しかないボックス席。運よく空いていたので着席。
久留里線でボックスシートは初めて。
IMG_2963.jpg

木更津駅到着後、受付をして参加者全員で木更津運輸区内の撮影会場へ。撮影会の車両は願いが通じたのか、
キハ3098!。
IMG_2964.jpg


木更津運輸区の構内には転車台もあり、普段近くでは撮影できないので一枚
IMG_2986.jpg

撮影会後にはまた全員でタブレット講習の会場へ
IMG_2987.jpg

会場にはタブレット閉そく機があり、参加者が木更津駅役、横田駅役と別れて実際に操作して仕組みを理解します。
IMG_2988.jpg

講習会の会場ではお弁当が配布され、各自空き時間で昼食をとります。掛け紙が特別なお弁当
IMG_2998.jpg

その後、久留里線に乗車し久留里駅へ。
記念品の交換と希望者は記念入場券の購入。
2月26日現在、まだ窓口発売でも記念入場券はまだ在庫があるので一人1セットではなく数セットの購入できました。

タブレット講座を受講しての感想ですが、乗客の目からは運転士と駅員とのタブレットの交換しか見えませんが、今回実際に操作すると駅間の打ち合わせなど、かなり手間がかかっているのを感じました。
そして、よく今まで残っていたなと感心するとともに、無くなってしまうのが残念です。

岩手開発鉄道

関東鉄道のキハの記事を書いてるうちに思い出して、家中探して出てきた岩手開発鉄道のキハ

もちろんエッチングキットです。
120217_100637.jpg

こういうご時世だから、これみたいに1形式1両みたいな超マニアックな車両が完成品で出るのも時間の問題かも。
でも、出すんだったら岩手開発鉄道とその沿線も被災したんで、トミックスの三陸鉄道のキハ36みたいに義援金付きみたいにしてほしい。
義援金付きなら何両か買うし、完成品で出されても文句は言うまい。

エッチングキット

Nゲージに関してはいい時代になったんだろう。
以前は絶対に発売されることの無いような車両までも製品化。
しかも、鉄道コレクションならバラエティにとんだ車両達が安価で手に入る。
関東鉄道キハ751。
120213_225020.jpg
出来もシリーズごとに良くなってきている。
いいことづくめ。

ただし…
以前にエッチングキットを購入した身には微妙というか歯がゆいというか。
まさか、こんなマニアックな車両まで出るとは。
エッチングキットで発売されたこと自体もすごいと思っていたのに。
ここまで出されると作る気がしない。
120213_225345.jpg
このキットは完成する日がこないまま忘れられるんだろうな。

エッチングキットといえば、今はなき「シバサキ模型」を思い出す。
クモハ40や小型ガソリンカーなど、渋いところをついたキット達。
高校生の頃、それらの車両が欲しくなり、また「シバサキ模型」というメーカーに行きたくなり、
京王線に乗って買いに行った。
住所を確かめながら柴崎駅から歩いて行ったところに「シバサキ模型」はあった。
ただ、メーカーというよりは自宅の1室で操業しているといったところであった。
そのとき購入して、いまだに作ることなく保管しているクモハ40。
120214_225845_20120216185208.jpg
120214_225835_20120216185239.jpg

「シバサキ模型」もなくなってしまったし、ネットもない時代に住所を頼りに自分の足で模型店巡りをしていた頃の
思い出の品としてとっておこう。
ネットが普及して便利になったけど、自分の足で探しまわってた頃のほうが楽しかった…。

SL内房線100周年記念号

SL内房線100周年記念号に乗ってきました。
一般発売では指定券はほぼ入手できないので宿泊パックでの申込み。
宿泊地は鴨川。木更津から安房鴨川まで普通列車利用…。
とろあえず乗車するために千葉みなと駅へ。

どこもかしこも人だらけ。人ごみが苦手なのでうんざり。
とくに機関車の周りは近づけないほどに。
試運転を撮っていたし、近づく気にもならない。

駅の発車掲示板
IMG_2926.jpg

乗車した車両
IMG_2922.jpg

サボ
IMG_2924.jpg
車内天井
IMG_2930.jpg

車体にいろいろ手を加えられていますが、やはり旧客は渋い。

しかし、満席のイベント列車ゆえのんびりと乗車はできません。イライラするばかり。

いつか、昔乗った山陰線のような空いた旧型客車に乗りたい。
汽笛を鳴らしてゆっくりと発車。沿線の人出がすごい。そして、みんなが手を振る。
IMG_2931.jpg


五井付近に国吉駅助役さんが出撃されているみたいで探しましたが見つからず。

IMG_2932.jpg


途中の姉ヶ崎駅では1時間以上停車。
さまざまなイベントや出迎えが。
謎のゆるキャラ達も。
機関車の周りはあいかわらず人がすごいので千葉県内の各車掌職場ごとの
スタンパー(検札スタンプ)ラリーをしていたので集めることに。

IMG_2941.jpg
IMG_2943.jpg
車内でいただいた記念品。車両ごとに担当車掌区があり、自分が乗車した5号車は習志野運輸区が担当。
社員手作りの乗車記念品も。出来云々よりもこういうサービス精神がいいですね。
ありがたいし、本当に乗車されたスタッフの方はがんばっていた。
IMG_2961.jpg

IMG_2962.jpg


姉ヶ崎での長時間停車の後、車内でじゃんけん大会が。
くじ運など一切なく、今までも同じようなイベントに参加しても1回目で敗退が常…。

しかし今回は3回目のじゃんけんで勝ち残り商品をゲット!!。
今日の日付が入った記念品がもらえるとは。
今日は長男の誕生日なのでいい記念に!!。
IMG_2959.jpg
IMG_2960.jpg

そうこうしているうちに終着、木更津に到着。
入換作業など見たい気がしましたが、乗換えの列車の時間もあってすぐに移動。
そんななか、下りホームから撮った1枚。
やはり、蒸気と旧客の組み合わせは渋いですな。
IMG_2945.jpg
ここから安房鴨川まで約2時間の移動。
乗った191Mは209系の4両編成。最後のほうまで113系で運用されていた列車。
4両ですが、木更津、君津で大勢降りて車内はガラガラ。
そして君津以南の小駅は似たような木造駅舎が点在。ローカルムードが漂う。
IMG_2949.jpg
ちょうど夕焼けの時間。海沿いを走る内房線ならではの光景も。
内房と外房では雰囲気も異なります。
IMG_2950.jpg
那古船形駅も保田や他の駅と似た感じ。
IMG_2951.jpg
駅舎には、国鉄書体の駅名板が。内房線にはところどころ古い駅舎や待合室がありますが、なかなか国鉄時代のものには出会えません。しかし、那古船形にはありました。
IMG_2953.jpg
那古船形ですれ違った209系には100周年ラッピングが。
IMG_2954.jpg
そして、館山駅に到着すると183系の臨時快速「花摘み房総」号との交換も。
撮れなかったのですが、竹岡駅でも183系の「新宿さざなみ」号との交換がありました。
一昔まえの特急「さざなみ」を思い起こさせる光景も。
IMG_2957.jpg
ようやく18時前に安房鴨川駅に到着しましたが、乗車する前は木更津~安房鴨川間の2時間は
苦痛と思っていましたが、空いた列車で、夕焼けと木造駅舎などを見ながらの移動に癒されました。
あと1年早ければ113系だったのですが、普通列車の移動の楽しさを再認識しました。

翌日は安房鴨川駅9:39の「わかしお10号」で帰宅。
途中で、以前から気になっていた太東の旧線の鉄橋を車内から撮影。
今度、時間を作って現地を訪問しなければ…。
120212_102850_20120212231925.jpg



">長くなりましたが、最後まで見ていただきありがとうございました。

小湊鉄道とSL試運転

7日もSLの試運転が。しかも珍しく,7日は平日だが昼間に終わる仕事。時間的には11:55に
仕事を終え、12:04の電車に乗れば五井駅に通過10分前にという厳しい行程。
でも今日しか行けない。
天候が悪く、内房線と京葉線に運休と遅れが出ていたが行くことに。

津田沼から総武快速線直通の君津行きで五井駅へ。京葉線経由なら間に合わなかったかも。

時間的には姉ヶ崎駅よりも先の区間へ行けば時間的には楽勝。
だが五井駅で小湊鉄道のキハとSLの並びが撮りたい。前回のC57のときも行った。
国吉駅の助役さんも昨日行かれたみたいだが、やはり並びが撮りたい。

五井駅に着いて当初は駅外の踏切から狙おうと思ったが、気が変わり小湊鉄道のホーム
から狙うことに。

五井駅の小湊鉄道のホームに着くと数名の方がすでに。だが、雨の平日ということで
人数も少ないし、平均年齢も高い。
親切な方に入れてもらい良いアングルのところに。

120207_132912.jpg

結局、試運転列車は12分ほど遅れて通過。遅れていたので、通過するまえに
小湊鉄道が発車しなければいいなと少し焦ったけど無事通過。
思ったより早いスピードでたくさんの煙を残して。

何とか並びを撮影。撮影中、後も平和な雰囲気であった。

IMG_2906.jpg

撮影を終えてから、五井駅にある古いものをいくつか撮影。

古典的な貨車
IMG_2910.jpg

国鉄時代から使用されている看板

IMG_2908.jpg

(社)ってのがいかにも国鉄っぽい

IMG_2909.jpg

その後、姉ヶ崎駅まで移動し、駅から歩いて撮影場所を探すも、いい場所もないし、雲行きが…。
結局、駅から歩いて数分のところで撮ることに。
納得はいかないけど、かなり煙を上げたのがわかれば。
駅まで向かう時に上りの普通列車が来て、駅に着いたらまた普通列車が来たので、先の区間に
行っていたら被ったかもしれないと自分を慰めて帰路に。
IMG_2919.jpg


さていよいよ金曜日から本運転。土曜日に家族で乗ってきます。

久留里線とSL試運転

10日から運転するSL内房線100周年号の試運転があるので見にいくことにしました。
その前に久留里線でキハ30が2両で運転されているみたいなので寄ってから行きました。
下郡〜小櫃間にて。
IMG_2850 (640x444) (400x278)


そのあとクルマで姉ヶ崎駅へ。
試運転列車も本番と同じ時刻なので1時間以上姉ヶ崎駅での停車があります。
時間があるせいか、土曜日の割にはマッタリとした雰囲気。
ただ、試運転列車が停車しているのは下り本線。1時間以上停車なのでてっきり待避をする
中線のほうかと。
上りホームからは撮影ができません、っていうかあえて警備や安全上の問題から上りホームに
人を集めさせないよう下り本線に停車させる措置かと。
IMG_2862 (427x640)

15:05に爆音ともいえる汽笛を鳴らして煙をめいっぱいだして発車して行きました。
(子供がビックリして怖がり、しがみついて離れませんでした。)
発車したのを見送り、クルマで木更津駅へ。
到着したと同時にC61は切り離されて君津方に引き上げていました。
再び木更津駅のホームの脇を通り、巌根方に引き上げ、ポイントを切り替え、木更津運輸区の脇に入区しました。
IMG_2867 (640x439)
IMG_2875 (640x435)

客車のほうもSLと同じような手順で入区しました。
DE10が入れ換えを担当しましたが、昔の普通列車のよう。

IMG_2886_20120205234020.jpg



木更津の電留線に客車は入区しますが、こうみると昭和40年代後半〜昭和50年代はじめ頃の地方の車両基地のようです。

IMG_2901 (640x425)

キハ30と旧型客車

2月10日から12日まで内房線100周年を記念して、千葉みなと~木更津間でC6120が旧型客車をけん引して走ります。
1月31日にC61と旧型客車が木更津に回送されたようなので今日、木更津に行ってきました。
木更津に14:30頃に到着しました。キハ30はいつもの位置に。
その隣にはキハ37と38の2両が停車。
旧型客車は運輸区の脇の電留線に。キハ30と旧型客車のツーショットを撮りたいが隣のキハ37とキハ38が邪魔。
久留里線の運用を見ると15:35発の列車は木更津出区。ともすれば、隣の2両はいなくなるかも。
待つことしばし。
15:07着の列車が隣の隣に入区すると、2両は出発していきました。
隣の線路が空いたので、駅側の駐輪場から狙ってみました。
光線状態は悪いのですが、狙いどうりキハ30と旧型客車のツーショットが撮れました。
自分が生まれた昭和48年の千葉では、非電化の総武本線、成田線で
同じような並びが日常的にあったかもしれません。
IMG_2796.jpg


おまけ
線路際で写真を撮っていたら木更津運輸区?の方が子供にくれました。
120201_184551_20120204225103.jpg
プロフィール

キネ

Author:キネ
房総から昭和を求めてへようこそ!






国鉄標準型時計


リンクを貼っていただく際にはご一報願います。

関係のない、悪意あるコメントは削除します。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

なんとなく鉄道びより。

房総横断鉄道の夢に乗る

もそっと撮り鐵
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR