夏の恒例行事

7月15日、昨年から参加した「がくちゃんビール列車」に乗車してきました。
「がくちゃんビール列車」は岳南電車のビール列車です。

東京駅10時30分発の踊り子109号で熱海駅まで向かいました。
熱海駅で切り離し作業を見て気が付きましが、
7両も5両もどちらも最後の一編成となった塗装でした。

IMG_20170715_115625.jpg

熱海駅から普通電車でいったん三島駅で下車しました。
三島駅では上下ホームに立ち食い蕎麦屋が健在です。
ここでは三島名物の「みしまコロッケ」を購入することができます。
しかも売店で揚げています。(5~6分の時間が必要です)

IMG_20170715_150521.jpg
IMG_20170715_151354.jpg

三島駅からは岳南電車が出る吉原駅に向かいました。
岳南電車の吉原駅、以前来た時と変わっていませんでしたが、
以前は購入できた吉原駅からJR線のみの硬券乗車券は発売を中止し、
現在は途中駅からの岳南電車の分を含めたJR線の硬券乗車券が購入可能です。

IMG_20170715_165831.jpg

17時17分に吉原駅を「がくちゃんビール列車」は発車しますが、
かなり前から吉原駅で停車して準備をしています。
2編成ならんでいた時には特に気にしませんでしたが、
東海道線の211系がきたときに、2つ合わせれば湘南色だと気がつきました。

IMG_20170715_164353.jpg

17時17分に吉原駅を発車して約1時間ほどで吉原駅に戻ってくるコースです。
ビールは3種類飲み放題ですが、珍しく黒ビールも飲み放題です。
1時間という時間でしたが、結構飲みました。

IMG_20170715_173913.jpg

折返しの岳南江尾駅で20分ほどのトイレタイムがありました。
駅のすぐ後ろを高速で通過する東海道新幹線の車内から
こんなイベント列車に気が付く人はまずいないかと思います。

IMG_20170715_174921.jpg

駅舎の中の伝言板には誰かが書いた寄せ書きがありました。
小さな鉄道ですが、地元では大きな存在のようです。

IMG_20170715_174601.jpg

まったりと楽しめる「がくちゃんビール列車」、
来年も参加したいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

初めての・・・・

前記事からの続き。

河内堅上駅に行った後は関西空港まで阪和線で移動し、その日は
関西空港と同じ敷地内にある「ファーストキャビン関西空港」に宿泊しました。
4200円ほどで宿泊でき、便利で快適なカプセルホテルです。

18920503_1859077414411954_2568866752987884279_n.jpg

そして翌日。
生まれて初めての海外旅行に出発することに。
行き先は台湾です。

18951505_1859077394411956_7661048584262484428_n.jpg

新婚旅行も国内で、今まで海外旅行に行くことなど
考えもしませんでした。なぜ、海外旅行に行こうかと思ったのか。


その理由がこれ!!
南廻線の「普快車」
ずっと乗りたいと思っていました。

他の数枚もあえて大きいサイズにしました。
クリックすると大きくなります。


IMG_0484.jpg

以前、テレビで見て以来、この「普快車」に乗りたいとずっと思っていました。
ある時、海外旅行に詳しい同僚に「台湾ってどう?」みたいな話をしてみたら
自分の知らないうちにとんとん拍子に話が進んでいました。

これに乗りたいがためだけに家族に説明して
一大決心をして会社の同僚と行ってきました。


前置きはともかく、台北(桃園)空港まで飛行機で向かい、
MRTと台湾新幹線、在来線を乗り継いで高雄に向かいました。

IMG_0467.jpgIMG_0468.jpg

次の日に普快車に乗車するために高雄に宿泊しました。

19105956_1860346890951673_5275978059363212788_n.jpg
18951277_1860346917618337_4175840249835103900_n.jpg

メンバーで飲みに行って、そのあと牛肉麺を食べたあとは部屋で一人飲み。
外国に行ってもやることは変わりません・・・

19029392_1860346934285002_3025047189034837015_n.jpg

そして次の日。

高雄駅を9:35に発車する「自強号」で坊寮駅まで向かいます。
この自強号、日本製のディーゼル特急です。
車内の雰囲気と景色といい、まるで四国の特急列車に乗車しているようです。

19059982_1860346987618330_3796171220379442001_n.jpg

高雄駅から1時間で坊寮駅に到着です。
隣のホームには台東駅までの普快車3671列車が停車していました。
自強号から見えた瞬間からテンションが上がりました。


IMG_0474_20170617233928093.jpg19059739_1859692557683773_8889292580379501228_n.jpg





客車は日本製とインド製があり、日本製は日本の旧型客車によく似たスタイルです。
今日はラッキーにも3両とも日本製の客車でした!!
開けっぱなしのデッキの後姿は昔見た日本の旧型客車そのものです。

IMG_0484.jpg

車内はスハ44のような転換クロス仕様になっていて、もちろん非冷房。
放送のスピーカーも日本で見たことがある形です。
ボックスシートではありませんが、30年以上前に乗った
真夏の山陰本線の普通列車のようです。

18951073_1859692491017113_3048501156566804202_n.jpgIMG_0489.jpg
19029351_1859692614350434_3319943719487080702_n.jpg



11:00の発車時刻になると、スーと動きました。
思った以上にスピードを出して進んでいきます。

開けっぱなしのデッキからは風景が後ろに流れていきます。
もう日本では体験できなくなりました。

IMG_0493.jpg

発車してしばらくすると海が見えてきます。
開放的な最後部のデッキからも青い海で見えました。
山陰本線の戸田小浜辺りのようなところも走りました。

18921924_1859692567683772_2016833907703683977_n.jpg

6月というのに真夏のような陽気。
暑さがこたえますが、非冷房の客車で飲むビールは格別です。
停まると熱気がありますが、動くと風が入ってきます。

18951307_1860125830973779_2307223184557719441_n.jpg




途中、列車交換や退避でいくつかの駅で数分停まりました。
ホームに駅員が出てくる駅もあり、発車ベルも昔ながらの「ジリジリ・・・」と
けたたましく鳴り、そして静かに発車する。
昔の国鉄客車列車の風景そのものです。

IMG_0498.jpgIMG_0500.jpg

停車時間を利用して客車を何枚か撮りました。


IMG_0520.jpg
IMG_0517.jpg
IMG_0523.jpg
IMG_0533_20170618001229eaa.jpg


楽しかった2時間30分の乗車時間はあっというまに終わってしまいました。
名残惜しい気持ちでいっぱいです。

乗車券は磁気券ですが、記念に貰ってきました。
台湾では自分で無効印のようなものを押すと乗車券を記念に貰えます。
(赤いのは車掌さんの検札で押したもの、青いのが無効印のようなもの)
日本でも行ってほしい制度です。

img053_2017061722444252e.jpg

台東駅では駅弁を販売していたので購入しました。
肉中心で食べやすく美味しいものでした。


19030446_1860347067618322_6949110961037348518_n.jpg
19059526_1860347097618319_6626439986777249_n.jpg



台東駅からは花蓮を経由して台北へ。
台東駅を発車してすぐに留置されている旧型車が。
日本では情報があるので事前に準備できますが、
車窓を眺めていたらいきなり現れました。
気動車かもしれませんが、こちらも好ましいスタイルです。

IMG_20170610_150830 (1)




台北駅に到着したのが19:30頃。
台北に泊まりました。

台北駅では駅前に蒸気機関車と気動車が展示されていました。
日本のローカル私鉄にいたような好ましいスタイルです。
次の日の朝、桃園空港に移動する前に撮影しました。

IMG_0540.jpg

台北(桃園)空港からまた関西国際空港へ飛行機で移動しました。

今回、普快車に乗るために初めての海外旅行として台湾に来ました。
食事も日本とさほど変わりはなく、ところどころ日本語の表記があるなど
初めての海外旅行としては訪れやすい国だったのかもしれません。

最大の目的であった「普快車」、念願かなって乗車できました。
かつての山陰本線の客車列車を思い出すことが出来て、
日本ではもう出来ない「日常の旧型客車」に乗車できました。
一大決心をして、行ってよかったと思います。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

JR西日本に国鉄を見た

6月8日に関西に行ってきました。

東京駅から早朝の新幹線で京都駅へ。
京都駅からは長岡京駅へ。

以前も撮りましたが、223系の転落防止幌なしの「新快速」を。
しばらく待ちましたが、転落防止幌が付いた車両ばかりのような気が。

IMG_0432.jpg

長岡京駅からは東淀川駅へ。
新大阪駅の隣とは思えないほど時間が止まったような駅です。
駅舎は2つありますが、どちらもこじんまりした駅舎。
そして駅の看板もどちらも国鉄様式のもの。
IMG_0448.jpg
IMG_0450.jpg


偶然にも、今製作途中の模型の駅のイメージと被ります。

IMG_0453.jpg

駅の脇にはJRでは珍しくなった踏切係のいる踏切が。
駅舎とともに国鉄の駅の雰囲気をよく残しています。

18952650_1858703604449335_219908351633875919_n_2017061319332450a.jpg

東淀川駅からは大阪駅、天王寺駅を経由して河内堅上駅へ。
天王寺駅からは運よく103系が来ました。
久しぶりに大和路線で103系に乗りました。
天王寺駅から30分ほどで「河内堅上駅」へ。

18920637_1858981494421546_6795724350007450049_n.jpg

天王寺駅から30分ほどの距離とは思えないほど
ローカル色の濃い駅です。


19029630_1858703631115999_3193389852085275419_n.jpg


IMG_0457.jpg

この駅まで来ようと思った理由が、琺瑯の駅名板があること。

IMG_0455.jpg

琺瑯の看板の奥の発車標の「JR難波」の文字が
ローカル線の駅ではないことを物語っています。

IMG_0456.jpg

乗ってきた103系が王寺駅で折り返してくるので、
駅近くで撮影しました。

IMG_0460.jpg

撮った103系が河内堅上駅に到着しました。
こうみるとかなり山深い駅のようです。

IMG_0464.jpg


この後、どうしようかと王寺駅まで向かいました。
王寺駅では桜井線回りの105系が。
しかも常磐緩行線で活躍した車両でした。
105系に乗車しようかと思いましたが、16時も過ぎてけっこう立ち客もいるので
諦めて天王寺駅に向かいました。

IMG_0465.jpg

今回、大阪市内と市内からそう外れていない
「国鉄の雰囲気が残る小駅」を訪れました。


そして次の日は「人生初の・・・」
また時間が出来たら記事にします。





テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

東北本線ひとり旅

4月15日、16日に仙台~郡山間で「レトロ花めぐり号」が運転されました。
今日、4月16日に郡山~仙台間の下り列車に乗車してきました。

郡山駅を13時58分に発車しますが、入線は発車10分前を切ったぐらいです。
それまではED75と旧型客車が1番線と2番線の間の中線に停車しています。

20170416_133050.jpg

13時39分の福島行が発車した後に4番線に入線します。
以前から撮りたかった「こおりやま」の看板と絡めて撮ります。

国鉄東北本線の普通列車のイメージです。

IMG_0396.jpg

修正してあえてセピアにしてみました。

IMG_0396_2017041622304668b.jpg

一か月前に指定席を予約しましたが、家族4名分は確保できませんでした。
一人分だけ窓側が確保できたので、一人で乗車してきました。
13時58分定刻に「レトロ花めぐり号」は発車しました。

発車すると、今まで乗車したイベント列車とは比べものにならない
スピードで東北本線を飛ばしていきます。


各駅には停まりませんが、かつての東北本線普通列車のようです。

旧型客車が現役で走っていたころの設備が残っている
東北本線の各駅を通って行きます。
今や無用となった低い長いホームのある駅に停車したりして、
当時の雰囲気は十分伝わります。

20170416_141348_20170416223951a20.jpg

沿線の車窓ですが、遠くに雪が残る山と桜の組み合わせがいかにも東北です。

20170416_141743.jpg
20170416_141636.jpg

乗車する時間も長いので、東北のお酒を買って飲んでみました。
車内では乗車記念証も配られました。

20170416_140843.jpg

途中、風規制で徐行したりしましたが、無事に終点の仙台駅に到着しました。
途中の岩沼駅では引退が近い719系の仙台行を見ました。
「レトロ花めぐり号」のすぐ後に来たので、仙台駅で撮ることが出来ました。
いつでも撮れると思っていた719系も撮影が困難になりました。

IMG_0406.jpg

去年、金谷川駅付近で撮影し、乗車したいと思っていましたが、
今年、乗車することが出来ました。

かつての東北本線の普通列車を体験できる列車、
また来年も動いてほしいものです。


テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

音鉄の旅

三岐鉄道北勢線で三重交通時代の色に塗り直された車両があるので、撮りに行きました。
東京駅から夜行バス「ドリーム名古屋5号」で名古屋まで向かいました。
名古屋からは関西本線で桑名まで、桑名から歩いて西桑名へ移動しました。
西桑名駅で数本見送りましたが、一向に現れません。
駅員氏に聞いたところ、3月いっぱいぐらいまで検査とのこと。
動かないのは残念ですが、とりあえず東員駅まで切符を買っているので、
東員駅に向かうことにし、三岐鉄道色に塗られた車両に乗車しました。
3両編成の中間車の丸みを帯びたサハ135に乗車しましたが、
この車両は北勢線で最古の車両のようです。動力車寄りに座ることにしました。

20170227_090831.jpg

IMG_0213.jpg

西桑名の次の駅の馬道駅は古い駅舎が残っています。また最近では珍しくなった
片開きのドアがゴロゴロと閉まって、ゆっくりと
吊り掛けモーターを唸らせながら発車する様子は
まさに「昭和のローカル私鉄の風景」です。

20170227_084726 (1)



市街地を抜けて田畑が広がってきてしばらくすると東員駅に到着です。
実は東員駅の先に廃止された北大社駅がありました。
25年以上前に訪れたことがあります。車庫として機能しているようなので、
三重交通の車両がいないかと見に行ってみました。

歩くこと数分で北大社駅の跡に到着です。駅舎はありませんが、
交換設備と変電所が残っていて容易に以前の姿がイメージ出来ます。
昔から変わらない場所にある留置線にお目当ての車両はいました。
25年以上前にも旧型車を同じ場所で撮影しています。

20170227_091548.jpg
img040_20170301212302e48.jpg
IMG_0228.jpg
IMG_0227.jpg

三重交通の塗装の車両は次回への課題です。
東員駅まで戻って硬券の入場券を購入してスタンプを押して西桑名駅へ戻ってきました。

img041_20170301212453a2d.jpg

三重交通の塗装の車両には乗車出来ませんでしたが、
懐かしい昭和のローカル私鉄の雰囲気を堪能出来ました。
関西本線の桑名駅まで移動し、快速電車で亀山駅へ向かいました。
の南四日市駅では構内で待機している入換機を見ることが出来ました。
以前は車窓からたまに見ることがありましたが、最近では見れる機会も減りました。


IMG_0229.jpg

亀山駅からは一両編成の気動車に乗り換えて柘植駅を目指します。
加太越えと呼ばれる峠越えも軽快に上っていきます。
途中の中在家信号場も使われていませんでした。

20170227_113439.jpg


柘植からの草津線は関西本線からの乗り換えもさほど多くなく、ガラガラで
快調にモーター音とジョイント音を響かせて草津に向かいました。
いつまでこの雰囲気を味わうことが出来るのでしょうか。

20170227_115204.jpg
20170227_114344.jpg
20170227_114519 (1)

草津からは栗東駅まで移動して223系の新快速の撮影をしました。
先頭に転落防止のホロが付いていない車両が来るまでしばらく待ってみました。

IMG_0241.jpg

撮影した後は草津駅まで戻って新快速で大阪駅へ。
新快速のような爆走ぶりは関東の電車ではなかなか味わえないので、
機会を見つけては移動は新快速にしています。
大阪駅に着いてからは大阪環状線の新型車両の323系を待ちます。
ホームの発車案内では3ドア車は△印で表示されるので、いつ来るかがすぐにわかります。
いざ乗ってみると今までの大阪環状線とは別の路線に乗っている感覚になりました。

IMG_20170227_183139_20170301215625e80.jpg

その後、新大阪駅で必ず寄る串揚げの立ち呑みをして新幹線で東京に向かいました。

IMG_20170227_185212.jpg

今回、三岐鉄道北勢線で昭和のローカル私鉄の雰囲気を
堪能出来ましたし、草津線の国鉄の電車列車、
新快速の爆走ぶりも体験できたので
「音鉄」的には満足できる旅行でした。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

キネ

Author:キネ
房総から昭和を求めてへようこそ!






国鉄標準型時計


リンクを貼っていただく際にはご一報願います。

関係のない、悪意あるコメントは削除します。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

なんとなく鉄道びより。

房総横断鉄道の夢に乗る

もそっと撮り鐵
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR