音鉄の旅

三岐鉄道北勢線で三重交通時代の色に塗り直された車両があるので、撮りに行きました。
東京駅から夜行バス「ドリーム名古屋5号」で名古屋まで向かいました。
名古屋からは関西本線で桑名まで、桑名から歩いて西桑名へ移動しました。
西桑名駅で数本見送りましたが、一向に現れません。
駅員氏に聞いたところ、3月いっぱいぐらいまで検査とのこと。
動かないのは残念ですが、とりあえず東員駅まで切符を買っているので、
東員駅に向かうことにし、三岐鉄道色に塗られた車両に乗車しました。
3両編成の中間車の丸みを帯びたサハ135に乗車しましたが、
この車両は北勢線で最古の車両のようです。動力車寄りに座ることにしました。

20170227_090831.jpg

IMG_0213.jpg

西桑名の次の駅の馬道駅は古い駅舎が残っています。また最近では珍しくなった
片開きのドアがゴロゴロと閉まって、ゆっくりと
吊り掛けモーターを唸らせながら発車する様子は
まさに「昭和のローカル私鉄の風景」です。

20170227_084726 (1)



市街地を抜けて田畑が広がってきてしばらくすると東員駅に到着です。
実は東員駅の先に廃止された北大社駅がありました。
25年以上前に訪れたことがあります。車庫として機能しているようなので、
三重交通の車両がいないかと見に行ってみました。

歩くこと数分で北大社駅の跡に到着です。駅舎はありませんが、
交換設備と変電所が残っていて容易に以前の姿がイメージ出来ます。
昔から変わらない場所にある留置線にお目当ての車両はいました。
25年以上前にも旧型車を同じ場所で撮影しています。

20170227_091548.jpg
img040_20170301212302e48.jpg
IMG_0228.jpg
IMG_0227.jpg

三重交通の塗装の車両は次回への課題です。
東員駅まで戻って硬券の入場券を購入してスタンプを押して西桑名駅へ戻ってきました。

img041_20170301212453a2d.jpg

三重交通の塗装の車両には乗車出来ませんでしたが、
懐かしい昭和のローカル私鉄の雰囲気を堪能出来ました。
関西本線の桑名駅まで移動し、快速電車で亀山駅へ向かいました。
の南四日市駅では構内で待機している入換機を見ることが出来ました。
以前は車窓からたまに見ることがありましたが、最近では見れる機会も減りました。


IMG_0229.jpg

亀山駅からは一両編成の気動車に乗り換えて柘植駅を目指します。
加太越えと呼ばれる峠越えも軽快に上っていきます。
途中の中在家信号場も使われていませんでした。

20170227_113439.jpg


柘植からの草津線は関西本線からの乗り換えもさほど多くなく、ガラガラで
快調にモーター音とジョイント音を響かせて草津に向かいました。
いつまでこの雰囲気を味わうことが出来るのでしょうか。

20170227_115204.jpg
20170227_114344.jpg
20170227_114519 (1)

草津からは栗東駅まで移動して223系の新快速の撮影をしました。
先頭に転落防止のホロが付いていない車両が来るまでしばらく待ってみました。

IMG_0241.jpg

撮影した後は草津駅まで戻って新快速で大阪駅へ。
新快速のような爆走ぶりは関東の電車ではなかなか味わえないので、
機会を見つけては移動は新快速にしています。
大阪駅に着いてからは大阪環状線の新型車両の323系を待ちます。
ホームの発車案内では3ドア車は△印で表示されるので、いつ来るかがすぐにわかります。
いざ乗ってみると今までの大阪環状線とは別の路線に乗っている感覚になりました。

IMG_20170227_183139_20170301215625e80.jpg

その後、新大阪駅で必ず寄る串揚げの立ち呑みをして新幹線で東京に向かいました。

IMG_20170227_185212.jpg

今回、三岐鉄道北勢線で昭和のローカル私鉄の雰囲気を
堪能出来ましたし、草津線の国鉄の電車列車、
新快速の爆走ぶりも体験できたので
「音鉄」的には満足できる旅行でした。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

本物の保存

大井川鉄道で「おでん列車」が走るというので乗車してきました。
その前日から息子のリクエストである「岳南電車にまた乗りたい」
「JR東海の電車(311系)が見たい」というので寄り道をしながら行ってきました。


東海道線の熱海駅まで特急踊り子号に乗車し、普通電車に乗り継いで吉原駅へ。
岳南電車の吉原駅から本吉原駅へ向かいます。
岳南電車、今日はオレンジの車両が来ました。


20170121_122357.jpg

本吉原駅から歩いてすぐの「よしや」さんで昼食をとり、その後吉原本町駅
近くの「日東ベーカリー」へ。前回来たときは定休日でした。
この辺りは工場で働く人が多いので日曜日が休みの店が多いと
以前、比奈駅内の模型屋の店主が教えてくれたのでリベンジです。

吉原本町駅から歩いて4,5分のところにある古いお店です。
コッペパンの中に入れるものを選べるので、自分たちはピーナッツクリームを
挟んでもらいました。
ずっしりと重いコッペパンは、今まで食べたことのないような、しっかりとした
食べごたえのあるもので、妻が「また買って食べたい」というほどでした。

20170121_132834.jpg
20170121_171124.jpg

帰りは吉原本町駅から乗車しましたが、吉原本町駅は数少なに有人駅。
実際に使う吉原までの乗車券のほかに、JR連絡の乗車券も購入しました。

20170121_195714.jpg

岳南電車、いたるところから富士山が見えます。

20170121_134114.jpg
20170121_134438_20170124172011536.jpg
20170121_134726.jpg


吉原駅からは普通電車を乗り継いで浜松駅へ。
「休日乗り放題きっぷ」を利用して普通電車での移動ですが、
自分たちは興津駅で始発の電車に乗り換える際に駅で済ませましたが
211系のみの編成の場合は列車にトイレがないので要注意です。
静岡地区では乗車前に済ませておいたほうが無難です。

つい、いつもの感覚で乗ってからでもというのが静岡では通用しませんでした。

浜松駅には311系の折り返しの時間に合わせて到着し、
息子も無事に撮影できました。(16:39発普通岐阜行)

20170121_163519.jpg

浜松駅ビル内で早めの夕食で「浜松餃子」をいただきました。
皿に丸く並んだ美味しい餃子でした。

20170121_175252.jpg
20170121_172231.jpg

浜松餃子を食べた後は普通電車で宿泊地である清水に向かいました。

翌日

普通電車で金谷駅へ。
大井川鉄道の普通列車は本数が少ないのでタクシーで新金谷駅へ。
乗車の手続きがあるので駅前の「ロコプラザ」へ。
ロコプラザ、乗車前の時間つぶしにはちょうどいい場所です。

20170122_105701.jpg
20170122_104722.jpg

乗車前に構内に停車している旧型客車を撮影。

20170122_113727.jpg

電気機関車と並んだ姿も。
国鉄のどこかの機関区のようです。


20170122_113649.jpg


いよいよ「おでん列車」に乗車しますが、専用列車ではなく、
「SL急行かわね路1号」に増結されたお座敷車両です。
車内はこたつ風の座席になっています。他の乗客からかなり注目されました。
肝心のおでんは、6品が器に入れられ、発車と同時に配られました。
温かく、つゆも濃くてとてもおいしいおでんでした。
ちなみに他にはお弁当とビール1本が付いてきます。(子供はジュース)

20170122_103833.jpg
20170122_113923.jpg
20170122_112849_20170124162601ce9.jpg
20170122_115225.jpg


指定された「こたつ」に乗車しましたが、せっかくなので座席車にも乗ってみました。
2号車など後ろの車両ではだれも乗っていない車両もありました。
国鉄のどこかの普通列車の雰囲気です。

こういう車両、列車で旅がしたいものです。

20170122_124856.jpg
20170122_120508.jpg
20170122_124427.jpg

「急行かわね路1号」、1時間ほどで終点の千頭駅に到着です。
折り返しは時間の都合で普通電車で金谷に向かいますが、1時間少々
あったので、徒歩10分ほどで行ける日帰り温泉に行ってみました。
大井川を渡って更につり橋を渡ったところにある「旬」は500円という
手ごろな値段で入浴できます。タオルも販売してくれます。

20170122_142115.jpg
20170122_141654.jpg

駅まで戻って14:35発の普通電車で金谷駅に向かいます。
元近鉄の特急電車、乗り得な車両です。

20170122_143345.jpg

金谷駅からは東海道線で静岡駅へ、そして新幹線で東京へ。
実は新金谷駅で東京都区内までの乗車券を購入しました。
「おでん列車」の特典で2日間のフリー切符が付いてくるので、
新金谷駅~金谷駅間は重複しますが、あえて硬券の乗車券が欲しくて購入しました。

チケットレスでも乗れる東海道新幹線にあえて硬券で乗車です!!

20170122_173443.jpg


今回、久しぶりに大井川鉄道に乗車しました。
旧型客車が運行されているので、蒸気機関車が現役のころの雰囲気が味わえます。
木造の駅舎がある駅もあるので、客車と絡めて撮影したくなりました。
やはり本物です。レトロ調などとは比べものにはなりません。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

めぐりあわせ

熱海まで所用があって出かけました。
そのついでと言ってはなんですが、箱根登山鉄道に乗車してきました。
来月で引退する110号車が来るのを願って大平台駅まで乗車しました。
大平台駅でしばらく待つかと思いましたが、交換した箱根湯本行の
つぎの箱根湯本行が110号車でした。
行き違いで早く到着したので、撮影し、110号車に箱根湯本駅まで乗車できました。

IMG_0176.jpg
IMG_0182.jpg


箱根湯本では強羅方に留置してある108号車との並びを狙う予定でした。
すると・・・
塔ノ沢駅から同じ職場の後輩が乗車してきました。
なんでこんな所からといった感じでしたが、とにかくビックリしました。
更に彼の口から「今日は1往復のみの運転で、この後は入生田に入区するようです」
との情報が。
残念ながら、並びは撮影できませんが、箱根湯本駅の降車ホームで降りるという
体験もできましたし、「回」という行先板も初めて見ました。

IMG_0187.jpg
IMG_0191.jpg

ちなみに大平台駅14:05発の箱根湯本行が110号車でした。
箱根湯本駅に14:19に到着し、14:27発箱根湯本行の後に回送として発車。
110号車を狙う際にはこの運用に入ってしまう可能性もあるので、午前中から
現地に行ったほうがいいかとおもいます。
ネットが普及したおかげで車両の運用がある程度わかる部分もありますが、
まだまだ運次第の巡り会わせがあると思います。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

乗ったことのない路線へ(2)

前の記事からの続きです。

草津駅近くのホテルに泊まった次の日、早朝の草津線からスタートします。
7時ちょっと前の貴生川行ですが、座席が埋まって立ち客が出るほどの乗車率です。
緑色になっていますが懐かしい113系。
とくにこの編成は大幅にリニューアルされていないので、
懐かしい雰囲気でいっぱいです。

IMG_0029.jpg

便所窓が懐かしい形だったので撮影しました。
ちなみにfacebookに載せたらけっこう反響がありました。

IMG_0030_201611201128242d9.jpg

113系が継ぎ目の短いレールをそれなりのスピードで飛ばします。
懐かしい乗り心地を堪能して30分ほどで貴生川駅に到着です。


IMG_0032.jpg

貴生川駅からは近江鉄道に乗車します。
狙いは赤電ですが、どこを走っているか不明なので最低区間の切符を購入して乗車します。
水口あたりまでは学生でいっぱいですが、水口を過ぎるとガラガラになってしまいます。

img015_2016112011295239b.jpg

途中の日野駅では列車交換のため10分ほど停車。
古い駅舎なので赤電が来てくれれば絵になりますが、来ませんでした。

IMG_0033_201611201131580f4.jpg
IMG_0035.jpg

結局、終点の八日市駅まで乗車しました。
八日市駅から乗り換えた米原行に赤電が充当されていました。
早起きして貴生川駅から乗って正解でした。
乗車は出来ましたが、撮影場所がなかなか見つかりません。
走行写真は諦めて以前から気になっていた鳥居本駅で降りることに。

IMG_0036.jpg

無人化されていますが洒落た古い駅舎がある駅です。
米原駅からの多賀大社行を狙いました。

IMG_0039.jpg
IMG_0045.jpg

構内踏切は電車が到着すると閉まりっぱなしなので、
撮影してからの乗車は出来ませんでした。
駅のすぐ後ろを新幹線が走っていますが、タイミングが合わず来ませんでした。

IMG_0051.jpg

その後の米原行で米原駅まで移動し、彦根駅まで戻り、再度赤電を狙います。
赤電は彦根駅止まりで入区しますが一旦米原方に引き上げて
側線に入ったのちに車庫に入りました。
赤電がいつ動くかわからないまま来ましたが、
まず効率は良かったとおもいます。


IMG_0057.jpg

彦根駅からはまた米原駅まで移動し、乗り換えて大垣駅を目指します。
大垣駅からは初めて養老鉄道に乗車します。

近鉄のリバイバルカラーの車両が運行されていて、2編成とも2両編成なので、
日中帯の大垣~揖斐間で運用されていることが多いようです。

大垣駅から乗った揖斐行は地元の銀行のラッピングがされた派手な列車でしたが、
途中の東赤坂駅でリバイバルカラーとすれ違いました。
乗車しながら撮影場所を探していましたが、近江鉄道同様に架線柱が両持ちなので、
なかなかいい場所がありません。
東赤坂駅の揖斐方が順光で撮れるので、リバイバルカラーが
再度大垣行になるのを待ちます。
幸い、東赤坂駅の目の前に喫茶店があったので時間をつぶすことが出来ました。

IMG_0062.jpg
IMG_0066.jpg
IMG_0067_2016112011442588d.jpg

大垣行となったリバイバルカラーを撮った後、大垣駅に向かいました。

IMG_0070.jpg

もう一編成のリバイバルカラーが気になったので西大垣駅まで移動しました。
リバイバルカラーは西大垣駅の脇に入区していました。
駅の周りは工場の敷地のようなので、大垣駅に戻る車内から撮影してみました。

IMG_0076.jpg

リバイバルカラーは撮れませんでしたが、西大垣駅自体が古い駅舎だったので、
来て良かったと思います。

IMG_0071.jpg
IMG_0073_20161120115925ad7.jpg

西大垣駅の窓口で硬券の入場券を購入することが出来ました。
近鉄の入場券にそっくりな様式です。

img016_2016112011584004b.jpg

大垣駅でも硬券の入場券を購入し、お土産に「みそせんべい」も購入しました。
この「みそせんべい」、ほんのりと味噌の香りがするおいしい煎餅でした。

20161116_211209.jpg


大垣駅からは新快速で名古屋まで移動し、新幹線で東京に向かいました。

今回、北条鉄道、草津線、近江鉄道(貴生川~彦根間)、養老鉄道と
初めて乗車ししてきました。
どの路線ものどかで魅力的な路線でした。
また再訪したくなりました。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

関西家族旅行(4) また来る日まで

3日め、最終日。
長岡京駅から快速電車で大阪駅へ。
大阪駅からは関空快速で鳳駅へ。
大阪駅ではラッピングされた大阪環状線の車両を見ることができました。
窓ガラスまでラッピングされています。

20161010_101819.jpg

大阪駅からは関空快速で鳳駅へ。
鳳駅からは「羽衣線」で東羽衣へ。これも息子のリクエスト。
自分も20年以上ぶりに乗車するので楽しみです。

20161010_105852.jpg

乗ってしまえば数分で東羽衣駅に到着します。
東羽衣駅ではホームの延伸工事が行われているので、
近いうちに車両の入れ替えがあるかもしれません。

IMG_9927.jpg
20161010_112536.jpg

東羽衣駅からは目の前の南海電車の羽衣駅へ乗り換えます。
南海電車に乗車し、「みさき公園」を目指します。
みさき公園はみさき公園駅の駅前に広がる南海電鉄が経営する遊園地です。
いろいろな乗り物や動物園もあって楽しめる遊園地です。

20161010_124045.jpg
20161010_130053.jpg

来るまでまったく気が付きませんでしたが、電鉄経営の遊園地らしく
「わくわく電車ランド」という施設がありました。
実際の車両を使用した「車掌体験」が出来ます。
特急型、通勤型と数種類ありますが、待ち時間0でした。

20161010_142346.jpg

名残惜しいのですが、帰りの飛行機の時間を考えて引き上げることに。
園内の売店では特急サザンが割引となる引換券が期間限定で発売されていました。
みさき公園から泉佐野まで乗ってしまえば15分ほどですが200円という
値段につられて購入しました。
乗車したサザンはサザンプレミアムと呼ばれる新型車両でしたが、
トイレ、自販機はもちろん各座席にコンセントがある豪華車両でした。
快適そのもので、引換券を購入して正解でした。
まだまだ乗っていたい気分でした。

20161010_151204.jpg
20161010_150314.jpg
20161010_154911.jpg

泉佐野から関西空港に向かいました。
ただ、りんくうタウンでJRに乗り換えました。
これも息子のリクエスト。(関空快速の終着駅のチャイムが聞きたかったようです)
りんくうタウン駅のホームには珍しくなったフラップ式発車標があります。
(妻は回転する様子を見て「ベストテン」と言っていました。)

20161010_160333.jpg

関西空港からはスターフライヤー26便で東京に向かいました。
陽が傾きかけた関西空港の風情は何とも言えず、
名残惜しい気分が高まります。


20161010_170427.jpg
20161010_174857 (1)

今回、2泊3日で関西に家族出来ました。
3日間でしたがあっという間でした。
また来たいと思います。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

キネ

Author:キネ
房総から昭和を求めてへようこそ!






国鉄標準型時計


リンクを貼っていただく際にはご一報願います。

関係のない、悪意あるコメントは削除します。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

なんとなく鉄道びより。

房総横断鉄道の夢に乗る

もそっと撮り鐵
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR