京浜東北線「国鉄」探し

京浜東北線を利用する機会が多く、乗車したり降りたりして
気がついた国鉄の名残りを写真に撮ってみました。


数は少ないのですが、大船から大宮方面に。

まずは根岸線ですが、石川町駅北行の駅長事務室の看板。
たまたま飲み会の帰りに乗車した時に気がつきました。
(平成29年6月撮影)

IMG_20170602_201049_20180218192013bc4.jpg

次は東神奈川駅。
通るたびに気になっていました。
南行ホーム(1番線)の大宮方、車掌さんの位置付近にあります。
南行電車に乗車していると、車内からは柱の裏側にあるので見えません。
水色の枠の看板もここだけかと思います。

IMG_20170808_160357.jpg


次は蒲田駅。
北行ホームの3番線側の柱に方面を案内するホーローの看板。
なぜか一枚だけありました。
(平成29年3月撮影)

16999153_1797819570537739_5625835489599062610_n.jpg

駅の設備ではありませんが、大井町駅の西口を出たところにある
駅周辺の地図には「国電」の文字が。
上におそらく「JR」の文字を張ったような跡が。
(平成29年10月撮影)

22219622_1924419407877754_6251842515752195421_o.jpg

新橋駅も駅構内ではありませんが、烏森口周辺の地下街への入り口に
「国鉄」の文字が。「営団」も過去のものに。

18222130_1837166623269700_1313770407689432884_n.jpg

最後は少し離れた王子駅。
ホームの北行の柱に「大宮方面」のホーローの看板が。
北行だけですが、3か所あります。
(平成30年2月撮影)

IMG_20180217_101859.jpg

数か所ですが、京浜東北線沿線の「国鉄」の名残を撮影しました。
京浜東北線ではありませんが、しばらく残っていた代々木駅の
中央総武緩行線の駅名板は最近撤去されてしまいました。

見つけたときに撮っておいたほうがいいようです。
また見つけたら撮影して記事にしたいと思います。






スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

大人が子供に戻る場所(2)

2016年12月に記事にした茂原市の「森川屋商店」に行きましたが、
残念ながら、今日(1月28日)は臨時休業で休みでした。

http://kinechhi.blog.fc2.com/blog-entry-401.html

他に「茂原市の駄菓子屋」で検索したところ、市内に「吉田屋」さん
という別の店があったので行ってみました。

茂原市立荻原小学校の目の前に「吉田屋」はありました。
かつては全国の小学校の近くにこのような駄菓子屋や雑貨店があったかと思います。

IMG_20180128_143205.jpg

荻原小学校にはかつての体育館と思われる建物が残っていました。
現在は倉庫として使用されていますが、木造校舎の雰囲気です。
「吉田屋」と絡めて撮影しました。
自分の通っていた小学校も木造校舎があり、
自宅近くにも駄菓子屋もあったので、自分が小学生だった頃を思い出しました。

IMG_20180128_143907.jpg

店内の様子です。(許可を得て撮影しました。)
20円、30円といった10円単位の価格のお菓子が所狭しと並んでいます。
お店の方によると値段の値上げが予定されている商品もあるそうです。
また、商品も最近の子供の嗜好にあわせて商品も変えているようです。

IMG_20180128_143630.jpg
IMG_20180128_143625.jpg

今回、森川屋商店が休みなので「吉田屋」さんに行ってみました。
こちらはこちらでいい雰囲気なので、この店も長く続けてほしいお店です。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

銚子電鉄旧塗装

もう時間がたちましたが、銚子電鉄本銚子駅へ行ってきました。
テレビ番組の企画でリニューアルされたのを知った子供が行きたがって
いたので出かけてみました。
テレビ番組で放映されてから時間がたっていないせいか、
多くの人が来ていましたが銚子電鉄を利用してきた人は僅かでした。

この駅がリニューアルしたことに批判的な意見もありましたが、
奇抜なものではなく、落ち着いた感じの好ましい印象でした。
実際に利用する人が安心して利用できるのが何よりです。

IMG_0688.jpg

銚子駅まで戻りましたが、乗車する上り列車をホーム端にて撮影しました。
(トリミングしました)
森の中から古い電車が現れました。
この日は旧塗装のリバイバル塗装の車両が運用されていました。
ジブリの映画に出てきそうな雰囲気です。

IMG_0714_20171006202153602.jpg

次の観音駅は以前は駅の中でタイ焼きを売っていましたが、
現在は閉店し、犬吠駅で販売しているようです。
30年以上前に降りた時に撮影した写真がありました。

リニューアルされる前の駅舎と「国鉄線連絡駅」の文字、
そして駅前の自動販売機がとても懐かしい。

img077_20171006202551ec8.jpg

銚子行の電車が到着したようです。
先ほど乗車した電車は、塗り分けが違いますがこの塗装のリバイバルです。

img076.jpg

銚子駅まで行った後、2000形どおしの並びが撮りたくて
徒歩で仲ノ町駅まで移動しました。
リバイバル塗装のヘッドマークがない姿は初めてです。

IMG_0728.jpg

この時代に湘南顔の電車の並びです。
どの電車が動いているかは行ってみないとわからないので、運次第です。

IMG_0729.jpg

塗り分けや昔の車両とは違いますが、
この塗装の電車を見ると懐かしい気分になります。


博物館として使用していたデハ801が修復されるようです。
できれば旧塗装に戻してほしいところです。


テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

北陸に国鉄と昭和を見た

久しぶりに一泊二日ですが北陸に出掛けました。
東京駅10:24発のかがやき509号で金沢駅まで。
初めて北陸新幹線に乗車しましたが、昔の移動からすると嘘のようです。

金沢駅から北陸本線で粟津駅へ。
懐かしい感じがする幹線の中駅といった感じ。
こういう駅の記憶が、製作している模型の駅のイメージの元になっているかもしれません。

20170402_161451.jpg




粟津駅から歩いてすぐの粟津公園の「いしかわ子ども交流センター」が目的地です。
この公園の中に廃線となった尾小屋鉄道の車両が動態保存されています。
「なかよし鉄道」という名称で「じどうかいかんまえ」と「なかよしの森」の間の
数百メートルですが、尾小屋鉄道のキハ1に乗車できます。
土休日は2回運転があるので、午後の15:30の回に乗車しました。

20170402_144450.jpg

発車の5分前になると車庫からキハ1が出てきます。
ホームに車両が入ると改札口を職員の方が開けて乗車開始です。
距離は短いのですが、軽便鉄道の気動車に乗車することが出来ます。

17553690_1817766038543092_4715626932077293975_n.jpg
17553924_1817766258543070_8797161082555877905_n.jpg


市の職員と思われる女性の方が運転し、やはり職員の方がアナウンスします。
児童公園の施設なので、アナウンスも「森に隠れている動物を探そう」といった内容です。
想像以上のエンジンの騒音と震動を感じながらの数百メーターの移動でした。

到着し、乗客が降車した後にお願いして写真を撮らせてもらいました。
ところどころ手を加えられていますが、現役当時の雰囲気が伝わってきます。

17635430_1817765865209776_6340770057298364066_o.jpg
17629708_1817766148543081_9212873122795093967_n_20170404211808a2c.jpg
20170402_154225.jpg


写真を撮っていたりしていたのが自分だけだったので目立っていたのか、
市の職員の方が話しかけてきてくれました。
これから先ですが、5月のこどもの日と8月の最終日曜日に
機関車と客車を出しての運転を予定しているそうです。
是非とも行きたいところです。
鉄道会社ではなく、自治体が運営していて、車両や線路の維持も
大変かと思いますが、末永く動態保存を維持してほしいところです。


このあと、粟津温泉に行く予定でしたが、子供の着替えが入ったバックを金沢駅から
小松駅まで乗車した「しらさぎ」の車内に忘れるという大失態をしてしまいました。
子供の着替えと妻も楽しみにしていた焼き鳥の名門「秋吉」に寄るべく、
野々市駅まで移動しました。
野々市駅で下車し、大型量販店で子供の着替えを購入し、「秋吉」へ。
「秋吉」、どこも人気店なのか、ここもしばらく待ちましたが、
念願の「秋吉」の焼き鳥を食べることが出来ました。

17757294_1817766341876395_2186989696226832729_n.jpg
17757446_1817766498543046_6892156962207119107_n.jpg

野々市駅に戻り、その日は兼六園近くのホテルに宿泊しました。

翌日

金沢駅から富山駅まで普通列車で移動。
西高岡駅近くの「国民の国鉄」の看板も薄くなりましたが、健在。

17760980_1818195405166822_792982570973512909_o.jpg


列車は富山行ですが、あえて高岡駅で下車。
高岡駅始発の413系の普通列車に乗り換え。
ちょうど城端線も到着し、国鉄型の車両が揃いました。
「あいの風とやま鉄道」の駅ですが、こう見るとJR時代と全く変わりません。
むしろJRより国鉄の雰囲気を味わえる駅です。

わずかな時間ですが、高岡駅から富山駅まで国鉄型の車両の短い旅。
IMG_0329.jpg

20170403_092805.jpg

17795949_1818229435163419_2770610717819170531_n.jpg


富山駅につ着いてからは「富山ブラック」を食べに駅近くの店に。
この店の特色でしょうか、色は黒いのですが思ったより辛くありません。
「富山ブラック」を食べた後は富山地方鉄道で新黒部駅へ。

17796275_1818195551833474_3155634757752119455_n.jpg


子供からのリクエストで「ダブルデッカーエキスプレス」に乗車。
2号車の二階建て車両は指定席で、特急料金の他に220円の指定席
料金が必要です。事前に電話で予約しました。

17522539_1818196348500061_831891627012944947_n.jpg


電鉄富山駅で乗車券、特急券、指定券を発見している間に普通列車が到着。
もそあつさまのブログ、「もそっと撮り鐵」で見た車両が。
運よく、最古参の車両を見ることが出来ました。


540048_1818196605166702_428197617543562095_n.jpg
IMG_0334.jpg


「ダブルデッカーエキスプレス」の発車時間が近づいたころに改札が開始。
ホームに入ることが出来ました。
指定席の2号車に乗車しましたが、座席の向きが固定されているので、
上市駅までむしろ向きのまま進みます。
ちなみに,、平日とあってか指定席の乗車は我が家の4名のみでした。
貸切にできたと思えば非常に安いものです。

17759949_1818196111833418_3149044726317199824_n.jpg
17760001_1818196191833410_6369698944771386593_n.jpg


新黒部駅で下車した後は、隣接している「黒部宇奈月温泉駅」へ移動して
北陸新幹線に乗車しました。

今回、北陸への一泊二日の旅でしたが、
国鉄と昭和の雰囲気を味わうことが出来ました。









テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

気がつくと消えているもの

最近、運動不足解消を目的に休日にウォーキングを始めました。
ウォーキングしながら、以前から気になっている古い建物を撮影しました。
すべて茂原市内です。

今回は茂原駅南口から、国道128号線を進みます。

まずは、茂原駅前の食堂を併設した旅館。
以前、「寅さんが泊まるような駅前旅館が無くなってきている」とある映画監督が
話していたのを思い出しました。
茂原駅周辺も新しい建物ばかりですが、昔ながらの駅前旅館として頑張っています。

20161129_121151.jpg

千代田町の交差点から木更津方向に国道128号線沿いに進みます。
茂原小学校近くの写真館。
数年前の「月9」ドラマのロケ地として使用されました。

20161129_121921.jpg

その後ろの信用金庫。
20161129_125926.jpg

128号線沿いを進みます。
一つ一つの説明はしませんが、茂原小学校から茂原交差点辺りまで
通り沿いに古い建物が点在しています。
クルマで出かけて、帰りにこの辺りを走ると「ほっ」とする好きな場所です。
残念なことにメガネ店の意後ろの建物は解体が始まっていました。


20161129_122902.jpg
20161129_122755.jpg
20161129_122921.jpg
20161129_123009.jpg

千葉銀行茂原支店の交差点を一歩入ると、すでに閉店していますが、
看板建築の商店が並んでいます。

20161129_125017.jpg

ここだけではありませんが、歩いていると蔵をいくつか見つけました。

20161129_125122.jpg

千葉銀行茂原支店から少し進んで裏通りに入ると、駄菓子屋さんが。
今では駄菓子屋さん自体が珍しくなったのかと思います。
戸が閉まって張り紙がしてあるので、閉店してしまったのかと思っていたら、
3時から開店するという張り紙でした。
このお店、1915年創業だそうです。
すでに営業開始から100年を超えています。

また営業時間に再訪したいと思います。

20161129_123213.jpg
20161129_123144.jpg

また看板建築の前を通って、茂原郵便局方向に向かいます。
近代的な市役所がなければ、
昭和40年代の地方都市のような雰囲気だと思います。
赤いのぼりが立っていますが、茂原で400年前から4,9のつく日に行われる
「六斉市」という農産物などの露店が出る市がこの辺りで開催されています。

20161129_124819.jpg
20161129_124713.jpg
20161129_124628.jpg
20161129_124850.jpg
20161129_124436.jpg

茂原駅周辺は新しい建物が多いのですが、少し離れたところには
まだまだ古い建物が点在しています。
今回、鉄道模型のジオラマ作成の際の参考としても建物を撮影してみました。
いつも見る風景も、気がつくと変わってしまっているかもしれません。
撮れるときにとるというのは列車と同じだと思います。


テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

キネ

Author:キネ
房総から昭和を求めてへようこそ!






国鉄標準型時計


リンクを貼っていただく際にはご一報願います。

関係のない、悪意あるコメントは削除します。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR