久留里線その後と焼きそば

急に子供が「久留里線の駅に行きたい」と言い出して、他にも行きたいところが
あったので、日曜日にクルマで出かけました。

久留里駅に行きたがっているようなので、久留里駅へ。
もう何度も来ましたが、久留里線から旧型車が引退してからは来る機会も減りました。

駅舎は変わりませんが、ホームは少しだけ近代化されていました。
ホームには柵が設置され、ワンマン用のミラーもあります。

DSC00042.jpg

そして驚いたのが、信号機に「ATS-P」の文字が。
ついこの前まではタブレット閉そく方式だったのに…。

DSC00044.jpg

列車が到着するまで30分近くあったのと、次の目的地に向かうため久留里駅を後にします。
久留里駅から木更津方に2つめの駅「小櫃駅」へ移動します。
以前も記事にしました。

駅に着いて少しすると久留里線の車両キハE130の上総亀山行の列車が到着しました。
1両編成になり、ワンマン運転をしています。
自動放送で「ボタンを押して乗車してください」と流れていますが、乗車0、降車は1人でした。
のどかな雰囲気です。


DSC00048.jpg

駅舎は以前のままです。
ホーローの看板と新型車両がミスマッチです。


DSC00049.jpg

列車は1人の降車客だけを降ろすと発車していきました。
新型車両になったとはいえ、小駅を発車する1両編成の列車の
後ろ姿はいいものです。



DSC00050.jpg

列車が発車してから駅名板を撮りました。
最近、新しいものになったようです。

DSC00051.jpg

以前は国鉄タイプのものでした。

2012011800024301d_20130610002805.jpg

そして次の目的地、袖ヶ浦市の焼きそば屋「山半」さんへ。

このお店は、たまたまyahooの地域情報で「袖ヶ浦で昭和の焼きそば」のような見出しがあり、
知りました。

妻に見せたら「ぜひ行きたい」ということになり、久留里線と合わせて来ました。

こちらのブログを拝見させていただき、行くことができました。
ありがとうございました。

「ケンちゃんのご当地グルメレポート」
http://blogs.yahoo.co.jp/sino_103/31811949.html



ここが袖ヶ浦市の「山半」さんです。
小櫃から、田園地帯の中の田舎道を走ることしばし、「袖ヶ浦公園」を目指していくと
たどり着けました。
駐車場は2台分ほどしかありませんが、たまたま入れました。

田舎の親戚の家で食べているような感覚です。



DSC00055.jpg

出てきた焼きそばです。
大盛り、半熟卵のせです。海苔は青のりではなく、黒い海苔です。

さっそく食べましたが、味が濃くておいしい!!。
茂原から来たかいがあります。
yahooの地域情報で紹介されたせいか、毎日1組は茂原から来ますよとの事。
茂原からでも来る価値はあります。

「ケンちゃんのご当地グルメレポート」さま、紹介してくれてありがとう!!
妻も子供も大満足!。また来よう。

DSC00053.jpg

「宣伝はしていないけど、お客さんが来るようになったんですよ」との事。

よかったらと名刺をいただいたので、改めて自分も紹介します。

焼きそば「山半」
袖ヶ浦市下新田1003-1

日東交通 
袖ヶ浦駅~のぞみ野、平川行政センター行「下新田」バス停そば。
0438-72-8282
11:00~19:00



焼きそば300円、大盛り500円、トッピングや肉増しなど50円プラスです。

ただ、きまぐれでやってるような店だからということなので急にお休みになる日も
あるようです。
あと、売切れ次第終了になるようです。
土曜日は大混雑して売切れになったそうです。

お店にも書いてありましたが、一万円札はご遠慮してくださいとのこと。

とにかく、素朴でおいしいお店でした
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

久留里線、その後

近々、木更津に残っているキハ3062も「いすみ鉄道」に譲渡されるので、
その前に見ておこうと木更津に向かいました。

その前に久留里駅前の「喜楽飯店」で昼食を。

人影のない久留里駅。12月1日の国鉄型気動車の最終運転日には賑わったようです。

2013011312240000.jpg

12月23日には記念入場券の発売もありました。
当日は仕事でしたので、妻が買ってきてくれました。
記念入場券と記念弁当の掛け紙、そして配られていたという写真。
2013011318510000.jpg
2013011318520000_20130113204534.jpg



駅脇の水汲み場で水を汲んでから昼食に。
久留里に行ったら湧水を汲むのと、「喜楽飯店」は外せません

以前も記事にしましたが、久留里駅前の「喜楽飯店」です。
何度も紹介したくなる味わい深い店です。「昭和」そのもの。


2013011312100000.jpg
2013011312160000.jpg
2013011312110000.jpg

注文したのは、ラーメンと肉野菜炒め。定番です。
2013011311560000.jpg

食事をしてからクルマで木更津駅へ移動。

木更津運輸区にキハ3062が留置中。
まもなく譲渡されるので、木更津で見れるのも最後。

木更津運輸区脇の道路からクラの中にいるキハ30を見ると、現役のよう。
IMG_4984.jpg

しかし、すぐ近くには現役のキハE130が。
初めて撮影しましたが、「意外と悪くない」といった印象。
貫通タイプでライトが上にある前面は「近代化したキハ30」といった感じ。
イベントで、国鉄色風のラッピングをすれば意外に似合うかも。

IMG_4983.jpg


ホームからもキハ30を撮影。引退したようには見えません。
列車によってはキハ30で運用されているような錯覚も。

IMG_4993.jpg



国鉄型が引退してからすっかり足が遠のいた「久留里線」
新型車両になりましたが、今度は乗車して訪れたいと思います。

最後に

おかげさまで当ブログも1周年を迎えることが出来ました。
大した内容でもないのに見ていただいたり、リンクを貼らせていただいたりと
皆さんのおかげで1周年を迎えることができました。
ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

久留里線、キハ30との思い出

本日、12月11日にキハ3062を残して、久留里線のキハ30は
木更津から郡山へ移動しました。

残念ながら見ることはできませんでした。

国鉄色に塗り替えられたキハ30の写真を何枚か載せてみます。
以前載せた写真もありますが…。

タブレットを肩にかけての切り離し作業。すべてがアナログです。

IMG_1616.jpg


朝の増結運用から切り離されて1両で入換。こう見ると単行で運用されてるよう。
というかそれを狙って早起きして木更津へ行きました。

IMG_1651.jpg

珍しく木更津運輸区の真ん中の留置線に入ったキハ3098。
いつもは一番道路寄りに停まっていてなかなか撮れなかったのですが、この日は真ん中に。
キハ3098。この車両だけ、前面の貫通扉がゴムで押さえです。

IMG_1680.jpg


木更津駅でのタブレット受け渡し。木更津駅では発車の直前ではなく、少し前に渡すので
タイミングを待っていました。

IMG_1643.jpg


木更津駅の「クラ」。DE10とともに。
古い建物によく似合います。新久留里色の車両がいないので国鉄時代の雰囲気。

IMG_1612.jpg

キハ30の車内。非冷房のロングシート。かなりすっきりした車内です。

IMG_1847.jpg

レトロ感ある注意書き。ドアの開閉部分は窓が少ししか開かないようになっています。

IMG_1858.jpg

非冷房なので、夏場は留置しているときはドアを開けて風を入れていました。

IMG_0134.jpg

キハ30のアンテナ。模型化するときの参考になればと撮影。
先日、職場の後輩のA君から写真がほしいと言われました。

IMG_1618_20121211224210.jpg

祇園駅。木更津駅の次の駅ですが、こうみると草深い中にある駅。
昔の相模線の無人駅のよう。

IMG_1640.jpg

東清川駅の国鉄様式の駅名板。もう無いようです。

IMG_1688.jpg

横田駅に下り列車が停車中。よく見ると運転席にはタブレットが。

IMG_1828.jpg

リバーサルフィルムをスキャナーしたので画質は悪いですが、
更に古めの俵田駅の木の駅名板。まだありますが、現在はワンマン用のミラーが目の前に。

PICT0001.jpg

終点の上総亀山駅。馬来田以遠はホームが短いので、3両編成の場合は最後部の車両は締切扱い。
到着後、上りの最後部車両を締切って小移動。駅社員が誘導していました。

IMG_2040.jpg

駅はずれから停車中の列車を。

IMG_2051.jpg

設備や沿線も「昭和、国鉄」の雰囲気を残していた久留里線。
それを引き立たせる役者、キハ30はもう二度と久留里線を走りません。

来年には木更津留置のキハ3062も移動するようですが。
その時が本当のお別れです。

旧久留里線色

写真を探していたら出てきたので

久留里線の国鉄型は以前はこのような色をしていました。

img096.jpg


東京湾横断道路をイメージしたもので、クリームと青の組み合わせは113系で見ていましたし、
デザインも悪くなく個人的には気にいっていましたが、平成8年から再度塗装変更されました。
新しいデザインになったときには記念乗車券も出ました。

2012120621070000.jpg


個人的にはあまり好きになれない塗装でした。

キハ38も八高線から転属してから僅かな期間だけですが旧久留里線色になりました。
近代的なキハ38には良く似合っていました。

img094.jpg

塗装変更期間には3色混合のような編成もありました。

img097.jpg


下手くそな写真ですが、少し昔の久留里線を見ていただければ…。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

さようならキハ30

本日の940Dをもって、久留里線からキハ30をはじめとする旧国鉄からの在来車が引退しました。
最後に沿線にて見送ろうと思いましたが、自分を含めて家族で風邪をひき断念しました。

乗車したのは10月の「気動車三昧の旅」が最後になりました。

キハ30の写真を載せたいと思います。

腕木式信号機と共に

img095.jpg


先に引退した113系とともに

IMG_1555.jpg


明日から運行しないのが信じられません。


廃車回送される前には最後のお別れをしたいと思います。

とりあえず、今日中に記事にしたかったので2枚だけ写真を載せました。
また出てきたら載せたいと思います。



テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

キネ

Author:キネ
房総から昭和を求めてへようこそ!






国鉄標準型時計


リンクを貼っていただく際にはご一報願います。

関係のない、悪意あるコメントは削除します。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

なんとなく鉄道びより。

房総横断鉄道の夢に乗る

もそっと撮り鐵
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR