リベンジ

4月8日から9日にかけて関西と三重県に出かけてきました。

早朝の飛行機で羽田空港から大阪伊丹空港へ。
モノレールと阪急電車を乗り継いで神戸の三宮へ。

目的は神戸高速鉄道50周年の記念乗車券もろもろ。
記念乗車券は神戸高速鉄道に関連する各会社バージョンが
発売されており、台紙の内容と付録の開通当時の乗車券を
模したものがそれぞれ違っています。

まずは阪急発売分から。そして阪神発売分のものを購入。

30440961_2026944064291954_9188558466472476672_n.jpg

記念乗車券を購入した後は、「そごう神戸店」へ。

JR西日本グッズを発売しているコーナーがあり、JR西日本のICカードの
マスコット「イコちゃん」のガチャガチャがあるので、回してみました。
回しているうちに「あたり」が出ました。
「あたり」は大きなサイズの缶バッジでした。

30415579_2026938810959146_3781059108820484096_n.jpg
30581509_2027054224280938_9141676527614689280_n.jpg

その後、新開地駅へ。
ここでも神戸高速鉄道版の記念乗車券を購入しました。
コンコースには開通当時の写真を展示していました。

30442779_2026944137625280_2299934882266087424_n_20180410093012788.jpg

新開地駅から阪神三宮駅へ、そしてJR三ノ宮駅へ。
三ノ宮駅からは新快速と各駅停車を乗り継いで、「東淀川駅」へ。
以前も訪れたことのある東淀川駅ですが、スタンプがあるのを
後から知りました。しかも駅の雰囲気をデザインしたもの。
東淀川駅では橋上駅舎工事を行ってるので、完成したらスタンプも
変わってしまうのでしょうか


30443401_2027054180947609_3563702964432404480_n.jpg

周れるところは周ろうと、新車導入計画が発表された「和歌山線」に乗車しに。
出来れば全線乗車したいのですが、全線乗車するのは時間がかかりすぎ、
宿泊先の三重県の桑名への移動もあるので、全線はあきらめました。

南海電車で難波駅から橋本駅まで移動し、未乗区間の
橋本~高田間を乗車することにしました。

橋本駅から王寺行きの普通列車に乗車しますが、時間があるので
駅前を散策しました。
駅前の観光協会をのぞいてみましたが、「マンホールカード」なるものが!!
初めて知りました。アンケートに答えていただきました。


30571270_2026938650959162_3189624743313539072_n.jpg

予想外のマンホールカードをいただいてから、和歌山線王寺行きに乗車。
105系に乗れる事ができるのも最後かもしれません。

30415139_2026938774292483_7579598347988631552_n.jpg
30441128_2026938747625819_1673732992721223680_n.jpg

和歌山線を高田駅まで乗車し、桜井線で桜井駅へ。
桜井駅から近鉄電車で大和八木駅へ。
大和八木駅からは近鉄特急で桑名駅へ向かいました。

翌日 4月9日

今回の最大の目的、三岐鉄道北勢線の200系を撮影しに。
朝5時48分発の阿下喜行の初電に乗車し、200系を追いかけます。
以前来たときは、定期検査中で運用されていませんでした。
また、運用も公開されていないので不安でしたが、
次の馬道駅ですれ違った上り列車がお目当ての200系でした。
馬道駅では降りられませんでしたので、その次の西別所駅で降りて、
阿下喜行となる200系に乗車します。

阿下喜行200系を楚原駅まで乗車し、撮影地の「めがね橋」へ。
乗ってきた西別所駅6時22分発の列車は、
楚原駅で列車交換で6分ほど停車しました。
ちょっとした撮影会タイムです。

楚原駅で降車するのでよかったのですが、
列車交換時に発車直前まですべてのドアをいったん閉めるので
注意が必要です。


④

楚原駅で初めて降りました。
朝の時間には駅員氏がいるようです。9時頃までかもしれませんが。
硬券の入場券がありましたので、購入しました。
硬券入場券を購入してから、撮影地に歩いて向かいますが、
初めて降りた楚原駅、駅舎は新しいのですが、古い家屋が並ぶ
駅前は懐かしい雰囲気です。

IMG_20180409_230411.jpg

IMG_20180409_100533 (1)

撮影地の「めがね橋」へは駅から歩いて10分ほど。
途中に三岐鉄道が設置した道案内の看板もありました。
以前は楚原駅よりも近くに上笠田駅があったようです。

先ほど乗った200系が折り返して来るのを待つことしばし。
200系が吊掛音を唸りながらやってきました。

①

再び楚原駅へ。

9時8分発の阿下喜行に阿下喜まで乗車しました。
森の中を進む場所もあり、軽便鉄道の雰囲気そのものです。
次の麻生田駅で自分以外の乗客が下車したので、貸切状態です。
車内の写真などを撮りました。

30443500_2027301120922915_2911279526451347456_n.jpg

30581796_2027301094256251_2547706073783992320_n.jpg


阿下喜駅まで来たのは、駅脇の軽便鉄道資料館のモニ226との並び
を撮影したいから。
軽便鉄道資料館は休館日だったので、脇の空き地から撮影しました。
久しぶりに220系を見ました。いつでも来れるところではないので、
220系と200系がならぶチャンスを見逃す訳にはいきません。

③

阿下喜駅に9時22分に到着した列車は折り返し9時41分発の西桑名行
となりますが、タクシーで先回りして、再度「めがね橋」へ。
今度は、めがね橋を入れずに、足に草周りがかからない楚原駅寄りで。

②

タクシーの出費(2100円)は痛かったのですが、いつでも来れる場所ではなく、
200系が楚原以遠に入るチャンスも少ないので、追いかけてみました。
楚原駅へまた戻ると窓口は閉めてありました。
10時21分発の西桑名行に乗車し、西桑名駅へ。

西桑名駅に到着した後は、桑名駅近くの「餃子新味覚」へ。
前日の夜に訪れたかったのですが、閉店していたので、リベンジです。
焼き餃子と飲み物しかメニューがありませんが、焼き餃子は絶品です。

30531433_2026938490959178_726640335416983552_n.jpg
30530932_2026938517625842_1276766998256156672_n.jpg
30414578_2026938547625839_2313937927349993472_n.jpg

新味覚で餃子を味わった後、関西本線で南四日市駅へ。
以前、亀山行の列車から見た入換機関車を見に。
南四日市駅に到着すると、以前見たときと同じ場所に留置していました。
以前は、駅脇の側線などでこういう機関車を見かけましたが、
最近はあまり見かけなくなりました。

30415161_2026938577625836_5021691593732653056_n.jpg

南四日市駅にはこんなものがありました。
国鉄伊勢線は南四日市駅が起点だったようですが、
伊勢鉄道に転換されたときに河原田駅に変更となったようです。

30442867_2026938607625833_5561441478145736704_n.jpg

南四日市駅からは伊勢鉄道からの列車で四日市駅へ。
降りる際に、楚原駅の入場券の写真に一緒に載せた乗車券を運転士さんから
趣味購入しました。

四日市駅からは桑名駅へ。
桑名駅からは初乗りとなる養老鉄道で大垣駅へ向かいました。
大垣駅ではラビットカーを見ることが出来ました。
また、これも撮影しに来なければ。。。

IMG_1184.jpg


今回、以前撮影できなかったもの、押せなかったスタンプなど
をリベンジしに出かけてみました。

北勢線200系も運よく午前中に阿下喜駅まで2回来る運用でした。
リベンジも思い立ったが吉日だと思います。


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

養老鉄道、乗車券

平成28年11月に養老鉄道に乗車しました。
その際の記事です。
http://kinechhi.blog.fc2.com/blog-entry-396.html

その後、しばらく乗車していませんでしたが、Facebookで見ていると
各種の乗車券を発売しているようで興味を持っていましたが、
最近、記念乗車券の通信販売を始めたので購入しました。

IMG_20180317_184429.jpg

まずは「養老線新たな出発記念乗車券」、2000円

養老線の公営民営化を記念した乗車券のセットです。
数駅からの乗車券がセットになっていますが、
台紙を除けば通常に発売されている硬券乗車券のようです。
ただ、硬券も数種類の様式のものが入っています。

IMG_20180317_184457.jpg
IMG_20180317_184513.jpg

そして、かつての国鉄の周遊券の様式を真似た
「養鉄樽鉄谷汲山ミニ周遊券」 1000円
3月で発売終了したようです。
実際に自由周遊区間もあり、養老鉄道と樽見鉄道、
コミュニティーバスが乗車できます。

IMG_20180317_195314.jpg

日付が記入式なので、今度出かけた時に使おうと思っていましたが、
裏面の記事に平成30年3月30日までとの記載が・・・。
使わずに終わりそうです。

IMG_20180317_184505.jpg

養老鉄道では、硬券乗車券の発売駅や委託での乗車券発売
の情報など公開してくれているので、助かります。

というか、記念乗車券の様式などを見て思いましたが、きっと
社員の方で鉄道好きな人が色々企画したに違いありません。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

京浜東北線「国鉄」探し

京浜東北線を利用する機会が多く、乗車したり降りたりして
気がついた国鉄の名残りを写真に撮ってみました。


数は少ないのですが、大船から大宮方面に。

まずは根岸線ですが、石川町駅北行の駅長事務室の看板。
たまたま飲み会の帰りに乗車した時に気がつきました。
(平成29年6月撮影)

IMG_20170602_201049_20180218192013bc4.jpg

次は東神奈川駅。
通るたびに気になっていました。
南行ホーム(1番線)の大宮方、車掌さんの位置付近にあります。
南行電車に乗車していると、車内からは柱の裏側にあるので見えません。
水色の枠の看板もここだけかと思います。

IMG_20170808_160357.jpg


次は蒲田駅。
北行ホームの3番線側の柱に方面を案内するホーローの看板。
なぜか一枚だけありました。
(平成29年3月撮影)

16999153_1797819570537739_5625835489599062610_n.jpg

駅の設備ではありませんが、大井町駅の西口を出たところにある
駅周辺の地図には「国電」の文字が。
上におそらく「JR」の文字を張ったような跡が。
(平成29年10月撮影)

22219622_1924419407877754_6251842515752195421_o.jpg

新橋駅も駅構内ではありませんが、烏森口周辺の地下街への入り口に
「国鉄」の文字が。「営団」も過去のものに。

18222130_1837166623269700_1313770407689432884_n.jpg

最後は少し離れた王子駅。
ホームの北行の柱に「大宮方面」のホーローの看板が。
北行だけですが、3か所あります。
(平成30年2月撮影)

IMG_20180217_101859.jpg

数か所ですが、京浜東北線沿線の「国鉄」の名残を撮影しました。
京浜東北線ではありませんが、しばらく残っていた代々木駅の
中央総武緩行線の駅名板は最近撤去されてしまいました。

見つけたときに撮っておいたほうがいいようです。
また見つけたら撮影して記事にしたいと思います。






テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

大人が子供に戻る場所(2)

2016年12月に記事にした茂原市の「森川屋商店」に行きましたが、
残念ながら、今日(1月28日)は臨時休業で休みでした。

http://kinechhi.blog.fc2.com/blog-entry-401.html

他に「茂原市の駄菓子屋」で検索したところ、市内に「吉田屋」さん
という別の店があったので行ってみました。

茂原市立荻原小学校の目の前に「吉田屋」はありました。
かつては全国の小学校の近くにこのような駄菓子屋や雑貨店があったかと思います。

IMG_20180128_143205.jpg

荻原小学校にはかつての体育館と思われる建物が残っていました。
現在は倉庫として使用されていますが、木造校舎の雰囲気です。
「吉田屋」と絡めて撮影しました。
自分の通っていた小学校も木造校舎があり、
自宅近くにも駄菓子屋もあったので、自分が小学生だった頃を思い出しました。

IMG_20180128_143907.jpg

店内の様子です。(許可を得て撮影しました。)
20円、30円といった10円単位の価格のお菓子が所狭しと並んでいます。
お店の方によると値段の値上げが予定されている商品もあるそうです。
また、商品も最近の子供の嗜好にあわせて商品も変えているようです。

IMG_20180128_143630.jpg
IMG_20180128_143625.jpg

今回、森川屋商店が休みなので「吉田屋」さんに行ってみました。
こちらはこちらでいい雰囲気なので、この店も長く続けてほしいお店です。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

雪のローカル線

昨日は予報通りの大雪でした。
普段雪の降らないこの地方も積もるほど降りました。

たまたま今日は代休だったので、以前から雪景色を撮りたかった
小湊鐡道の様子を見に行きました。
家の前のバス停から牛久駅(上総牛久)行の小湊鐡道の路線バスに乗車しました。

50分ほどで牛久駅に到着しましたが、養老渓谷駅からの
上り列車まで20分以上ありましたが、下り列車はしばらくなかったので
上総鶴舞駅までタクシーで移動しました。(料金1150円)

上総鶴舞駅に着いたのは11時04分発の発車の10分ぐらい前でした。
さすがに雪も解け始めていました。

IMG_1015.jpg

駅には同業者の方が一人すでにいた他、地元の利用者の方も3名いました。
定刻より10分遅れて上り列車が到着しました。

IMG_1027.jpg
IMG_1033.jpg
IMG_1036.jpg

このままこの列車に乗車しました。

次の上総川間駅周辺はまだ雪がかなり残っていました。
雪の中の無人駅です。

IMG_1041.jpg

五井に近づくにつれて雪が少なくなっていきますが、
まだ午前中は沿線にそれなりに雪が残っていました。

IMG_1044.jpg

海土有木駅では下り列車と交換しました。
雪が残る構内と、構内踏切を渡って駅舎に向かう乗客の姿は
雪国のローカル線のようです。


IMG_1051.jpg

2両編成で平日の昼間ということもあって車内はガラガラでした。
暖かい車内から雪景色を見ていましたが、普段の小湊鐡道とちがう
雰囲気で、わざわざ来てよかったと思いました。

終点の五井駅まで乗車し、内房線に乗り換えて帰宅しました。
五井駅の到着した上り列車では、折り返しの準備をしていました。
一枚一枚、サボを交換していきます。

IMG_1058.jpg


今回、雪の小湊鐡道を撮影して、乗車してきましたが、
雪の対応をされた方にとっては大変だったと思います。
お疲れさまでした。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

キネ

Author:キネ
房総から昭和を求めてへようこそ!






国鉄標準型時計


リンクを貼っていただく際にはご一報願います。

関係のない、悪意あるコメントは削除します。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

なんとなく鉄道びより。

房総横断鉄道の夢に乗る

もそっと撮り鐵
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR